脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別・門地等に対する差別的な書き込みを一切認めていません。そのような書き込みをした者は一発レッドカードでブロックし、IPアドレスを公開いたします。

    また、まともに意味が通る日本語が書けない方や、記事やブログの内容と無関係の内容を繰り返し書き込む方も、度が過ぎる場合は「荒し」と見なしてブロック対象となることがありますのでご注意ください。

    最近保守派論客としてテレビにもしばしば登場する石平太郎氏。しかし、私はこの人は「愛国カルト」と呼ぶにふさわしい人物だと考えています。


    この人の場合は、百田氏と違い、デマを飛ばすわけではありません。しかし、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言わんばかりに、自分が「左翼」とみなした相手については、本筋と外れたことでもとにかく批判するという態度が見受けられます(このへんは上念司氏も同じですね)。


    以前はフランスの政党「国民戦線」をメディアが「極右」と呼ぶことについて、「左翼的偏見からの差別用語そのものだ」などと言っていましたが、実際には読売や産経も国民戦線を「極右」と表現していましたし、海外メディアも、仏ル・モンドフィガロ、英BBC、ロイター、米CNN、NYタイムズ、ワシントンポスト台湾国営メディアなど、日本で知られるような主要メディアはどれも「極右」と呼んでいました。さらに、アメリカでもっとも保守強硬的だという評判のFOX NEWSも「極右」と呼んでいました。


    海外メディアも保守系メディアも、国民戦線のことは「極右」と呼んでいるのに、それを「左翼的偏見からの差別用語」と呼ぶ石平氏は、自分のむかつくことは取りあえず「左翼」のせいにするという、「愛国カルト」的思考の持ち主だということが伺えます。(詳しくはこちらの記事参照


    さて、そんな石平氏ですが、今度はこんな頓珍漢なことを言っていました。



    実にあきれました。こんなバカなことを堂々と言えるのかと。
    実に幼稚極まりない外交センスを披露してくれる石平氏ですね。

    【石平氏が相変わらず頓珍漢な発言。幼稚極まりない妄信外交が国を破滅させる】の続きを読む

    百田尚樹の作家としての実力は知りませんが、人間の人格としては最低だと私は考えています。


    これまでにも百田尚樹の発言は目に余るものがありましたが、ついにこんなことまで言い出しました。



    千葉大で起きた集団レイプ事件の犯人を、何の根拠もなく
    「私は在日外国人たちではないかという気がする」と発言!!



    ここまで来たか、百田尚樹!
    【百田直樹が明白なヘイトツイート! 「千葉大強姦犯は在日外国人な『気がする』」】の続きを読む

    「日本のこころを大切にする党」(元次世代の党)という非常に保守的な政党があります。田母神俊雄がかつて中心人物を務めていた党と言えば、大体どういう政党かお分かりいただけるでしょう。


    そのメンバーで、元NHKアナウンサー、現参議院議員の和田政宗議員が、こんなツイートをしていました。




    【和田政宗議員、「保守系ユーザーは事実を調べ上げるが、左翼系は事実無視」と、事実無視する】の続きを読む

    元北海道議員で自民党の小野寺まさるという人がいます。前々から非常に愛国カルト的な発言が多く、「こんなやつを税金で食わせてやってるのか?」と驚かされるレベルでしたが、本当にどうしようもない人間だと思わされるツイートをしていました。



    仮にも地方議会の議員を務めた人間が、他国について、「この程度の民度」「三流国家」などと中傷するって、何を考えてるんですかね。

    【自民党小野寺まさる、韓国を「三流国家」と中傷し、「礼節」に勝敗をつける】の続きを読む

    これまでも数回、自民党の愛国カルト化を紹介してきましたが、自民党の愛国カルト化はとどまるところを知りません。2ちゃんねるレベルのことを平気で言う人間が何人もいます。


    その一人が、元杉並区長で現参議院議員の山田宏です。山田議員、こんな発言をしていました。



    はっきり言ってアホとしか言えません。

    【自民党山田宏が堂々とデマ! 愛国カルト化する自民党】の続きを読む

    宇都宮の爆発事件が世間をにぎわせています。この事件を無理やり在日韓国朝鮮人と結びつける人が一部にいるようですが、それはまた機会があれば記事にしたいと思います。


    さて、この事件に関連して、こんな主張をする人がいます。



    そういえば、昨年靖国神社で韓国人が起こした爆弾騒ぎがありましたね。韓国に戻っていた犯人がわざわざ再入国して逮捕されるという、犯人の行動が不可解な事件でしたが、たしかにあの事件は新聞報道を見ても「爆発『音』事件」と報道されています。どうしてだったのでしょうか? 本当に、犯人が韓国人だから、差別的風評が広がらないよう印象を和らげよう配慮した「偏向報道」だったのでしょうか? 本当に、マスコミが韓国人に乗っ取られた結果なのでしょうか?
    【「靖国事件が『爆発音事件』で宇都宮が『爆発物』なのは偏向報道だ」というデマ】の続きを読む

    このブログには時々絵にかいたような愛国カルト(ネトウヨ)さんが来てくれます。本当に「絵にかいたような」という表現がぴったりな人が大勢いて驚かされます。今日もそんな人が来てくれましたので、「愛国カルト」の典型例としてご紹介したいと思います。


    このブログでは何度か外国人犯罪について触れてきましたが、「来日外国人の犯罪率は非常に低い」という記事を書いたことがあります。詳しくは記事を読んでもらいたいですが、訪日客数に対し、来日外国人犯罪というのは非常に少ないです。例えば韓国からは毎年200万人も日本を訪れますが、刑法犯として検挙されるのはわずか500人程度。単純に考えて来日韓国人の99.9%は犯罪にかかわることなく帰国します。


    それでも、信じたいことしか信じない人はいるもので、こんなコメントが来ました。

    2016y10m20d_184145156

    >>検挙率って日本の警察は外国人を検挙することが得意じゃないんだぞ
    >>検挙されなくても犯罪は犯罪だ
    >>
    数字で表れなくても外国人の犯罪は急増してるのは事実


    はっきり言って、どうしてここまで自分の頭の悪さをさらせるのか不思議でなりません。

    【「証拠はないけど外国人犯罪が急増しているのは事実!」←これぞネトウヨ脳】の続きを読む

    このブログには愛国カルト(ネトウヨ)さんもしばしば訪れ、コメントを残していってくれます。このブログの主張内容を否定しようと、「こんなデータがある」「こんな事実がある」などといろいろと言うわけですが、大抵の場合、ネットのデマに騙されている頭の悪さを披露し、このブログに新しいネタを提供してくれる結果に終わります。


    今回もそんな読者コメントで得られたネタをご紹介しましょう。こちらで、そのものズバリ「ネトウヨ擁護」を名乗る人がこんなコメントをしていました。


    2016y10m16d_100550945


    この人物によれば、過去に韓国人が機密情報を盗もうとしたために、NASAやアップルでは韓国人や韓国系アメリカ人は採用禁止となっているそうです。


    しかし、韓国人を採用しないだけならまだしも、韓国系アメリカ人も採用しない、なんて方針を打ち出せば、それは間違いなく人種差別です。黒人が犯罪を起こしたから黒人は今後採用しない、なんてのは人種差別の典型例なのは誰でもわかりますよね。日本のネトウヨにはそういう常識的な発想はないようですが、果たして「韓国人も韓国系アメリカ人も採用禁止」なんてことがありうるのでしょうか。

    【NASAやアップルでは韓国人採用禁止!? ネトウヨ妄想ノンストップ!】の続きを読む

    蓮舫氏の国籍問題に関連して、こんなことを主張している人がいました

    2016y09m17d_153453435

    >>辻元清美「二重国籍は許さん、日本国籍を剥奪せよ」

    >>国の代表となる人間が二重国籍を疑われる場合、政府が国籍を確認しないのは職務怠慢であり、国籍法16条に基づき日本国籍を剥奪するべきだと民進党の辻元清美議員。



    これによると、民進党の辻元清美氏が、かつてアルベルト・フジモリ大統領について、「二重国籍は許さん、日本国籍を剥奪せよ」と言ったことがあり、蓮舫氏に対しても同様の追求をするべきだ、とのこと。


    はたして、辻本氏は本当にそんなことを言ったのでしょうか?

    【ネトウヨの捏造が止まらない! 辻元清美が「二重国籍は許さん」と言った!?】の続きを読む

    八幡和郎氏のあまりにも幼稚な蓮舫批判をこれまで4回にわたり見てきました。(過去記事はこちら


    芸能活動時代から「蓮舫」と名乗ってそのまま現在でも名乗り続けていることを、日本への愛国心が足りない証左にしたり、子供の名前(翠蘭と琳)が中国風の名前だから「日本的なものを拒否して中華系にこだわっている」だの、「日本への愛国心を表現しろ」だの「国家への忠誠を示せ」だの(どうやってやれってんだ?)、「華人に国を乗っ取られるところだった」だの、もはやヘイトスピーチと言ってよい中傷を繰り広げています。


    日本人と外国人のハーフで、日本風の名前を持っていない人ぐらいいくらでもいます。サッカーのオナイウ阿道ポープ・ウィリアム、陸上のサニブラウン・アブデル・ハキームなどが有名ですね。彼らや彼らの親も、「日本的なものを拒否している」とでも言うんですかね。


    そもそも、騎士(ナイト)とか瑠楓(ルカ)とか斗夢(トム)とか真里亜(マリア)といった名前がいくらでもある時代に、八幡氏はいったい何を言っているんだか。


    大体、八幡氏が言うように、蓮舫氏が「日本的なものを拒否」しているのなら、そもそも日本国籍を取得したり、日本人と結婚したり、日本で政治家になったりしないんじゃないですかね。


    そして、八幡氏の頭の悪さは、今回紹介する記事で頂点に達したと言ってよいでしょう。

    2016y09m06d_101751299
    アゴラ8月29日
    【八幡和郎、自分の考えを「世界の常識」と呼ぶ】の続きを読む

    今回の記事は本来八幡和郎氏についての別の記事のはずだったのですが、蓮舫氏が台湾籍が抜けていなかったことが判明し、彼が調子に乗っているので、予定を変更してそのことについて書きたいと思います。

    【八幡和郎の差別意識丸出し発言「華人に国を乗っ取られるところだった」】の続きを読む

    八幡和郎氏について2回記事を書いてみて、彼がどういう人間か、確信を得ることができました。言葉は悪いですが、「バカ」以上に適切な表現が思いつきません。


    今回は八幡氏が繰り返し蓮舫氏に求めている「国家への忠誠心」について考えてみたいと思います。外国人や帰化人に「忠誠」を求める人たちにも考えてもらいたい問題ですね。

    【八幡和郎が求める「国家への忠誠」とはいったい何なのか】の続きを読む

    蓮舫氏の二重国籍疑惑が突然浮上しております。この問題について、八幡和郎という徳島文理大学大学院教授が、『アゴラ』というサイトで繰り返しこのことを記事にしています。


    ところが、そこで言っていることは偏狭なナショナリズム丸出し。21世紀になってもいまだにこういう人がいるのかとあきれさせられる内容でした。国籍や帰化などを考える一助になるのではないかと思い、紹介したいと思います。


    八幡氏の執筆した記事は多数ありますので、何度かに分けて紹介したいと思いますが、今回はまず「せめて戸籍通り村田蓮舫で首相をめざして欲しい」という、八幡氏が蓮舫氏の名前を問題にする、という傲慢さを示したところを紹介したいと思います。

    2016y09m06d_211215564
    アゴラ2016年8月15日

    【八幡和郎「蓮舫なんて中国名で首相を目指すなんて日本人をなめている」←意味が分からん】の続きを読む

    前回、netgeekがデモを「暴走」と呼ぶなど、民主主義も言論の自由も全く理解していないことを紹介しました。


    デモを「暴走」と呼んだnetgeekのSEALDs批判は、貧困者批判へと「暴走」していき、netgeekがそもそも政治の役割というものを根本から勘違いしていることを露呈します。


    【netgeek「国に貧困対策を求めることは国を『攻撃』することだ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ