脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「あ」「ななし」「名無し」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。

    ざっくり言うと
    • 八幡和郎が「嘘つきで詐欺で収監されている籠池の言うことを垂れ流すのは名誉棄損に当たる場合もある」と意味不明な主張をする。(誰の名誉が棄損されるの?)
    • 名誉棄損に当たるかどうかに、発言者がこれまでも嘘をついてきた人物か、これまで清廉潔白な人物であったかは関係ない。
    • 八幡和郎は、籠池が偽証罪に問われうる証人喚問で証言をしているということを完全に無視し、詐欺罪で収監された人物だということを強調して、籠池の証言の価値を貶めるようと印象操作をしている。(←籠池がやったのは補助金の詐欺であり、土地取引の詐欺ではない)
    • 八幡和郎は、「昭恵氏の言ってることで、明らかな嘘はない」と言って、籠池よりも安倍昭恵の証言のほうが証拠能力があるかのように主張しているが、「明らかな嘘はない」以前に、そもそも昭恵氏は問題発覚後何一つ発言していないので、明らかな嘘がなくて当然である。
    【八幡和郎、「籠池の言うことを垂れ流すなら名誉棄損」と意味不明な主張を展開】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 前川喜平氏らが行った、私学教員や一般人を主な対象としたパネルディスカッションを、夕刊フジは「高校生のための講演」と嘘をつき、「参加した高校生が、前川氏の講演は時間の無駄だったと激白」したとする、卑劣極まりないデマ記事を掲載した。
    • 「高校生のための講演」どころか、高校生のためでもなければ講演でさえない。
    【夕刊フジ、「前川氏の講演は時間の無駄と参加高校生が激白」と下劣なミスリード! 高校生のための講演ではなく参加自由の公開イベント!】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 代表的ネトウヨの遠子先輩、安倍昭恵氏が証人喚問で失言することを恐れる。本当に何の問題もないなら失言なんてないわけなので、語るに落ちるとはこのことか。
    • 安倍昭恵氏の証人喚問を求めることを「反日外国人勢力による日本侵略行為」にしてしまう遠子先輩。
    • 共同通信の世論調査では国民の6割が安倍昭恵氏の証人喚問に賛成。遠子先輩の主張通りだと、国民の6割が反日外国人勢力で、日本侵略行為に加担していることになってしまう。
    • 虚偽、詭弁、恫喝、圧力、隠蔽、捏造、改竄、個人崇拝など、様々な政治的悪徳を繰り出し続けた安倍政権は、もはやこんな形でしか擁護できないほど劣化している。
    【日本人の過半数は「反日外国人勢力」で「日本侵略行為」に加担していた!? 擁護できないものを擁護するネトウヨの断末魔】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 自民党・赤池誠章議員、国際教育推進ポスターの「友達に国境はな~い」というキャッチフレーズに、「国際社会は国益をめぐる戦いの場だ」「国家意識がない」「こんなことでは日本という国はなくなってしまう」といちゃもんをつける。
    • 意図の説明を求められ、「子供向けでも『国境はない』などという嘘を教えてはいけない」と主張。地理的・政治的国境と友情の話の区別さえついていない。
    【「友達に国境はな~い」を批判した赤池誠章、「国境はないなんて嘘を教えるな」と斜め上の発言を繰り出す】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 夕刊フジが、足立康史も謝罪・撤回した野田中央公園デマを今頃報道。しかもネタ元は足立康史(笑)
    • その周回遅れのデマに、バカウヨ達が嬉々として乗っかる。
    【夕刊フジ、足立康史がデマを認めた翌日に「野田中央公園ガー!」と言い出す知能のなさを発揮!】の続きを読む

    ざっくり言うと
    ・安倍自民は安倍晋三の個人崇拝が行われているミニ北朝鮮。
    【完全にミニ北朝鮮な自民党。「私たちが敬愛してやまない安倍晋三先生こそ救国護国の本物の指導者」】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 「野田中央公園を、当時国交副大臣だった辻元清美が多額の補助金をつけて豊中市に格安で売り渡した」という主張を足立康史は1年間ずっと言い続けていたが、維新の会が、その主張がデマであることを確認。
    • 足立康史自身も、ついに自らの過ちを認めた。

      【足立康史、辻元清美と野田中央公園の関係をデマだと認める】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が在日だというデマが拡散された。
    • また聞き情報などを鵜呑みにして拡散してはならない
    【リンゼイさん殺しの市橋達也が在日だというデマ】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 和田政宗の太田理財局長を中傷する質問は、麻生太郎から「軽蔑する」とまで言われ、自民党からの申し出で議事録から削除された
    • しかし和田は自分のレベルの低い軽蔑すべき質問のどこが悪いかをいまだに理解していない
    • それどころか、下劣な質問に怒った太田理財局長の反応を、「痛いところを突かれたから怒った」と解釈するほどの愚か者である
    【麻生太郎からも「軽蔑する」と言われた和田政宗の下劣な自画自賛:こんな奴を質問者に選んだ自民党は何を考えている】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 「安倍政権が嫌いなら日本から出ていけ」って言う奴は、日本国憲法が嫌いなくせにどうして日本から出ていかないの?
    【「安倍政権が嫌なら日本から出ていけ」って言う奴は、日本国憲法が嫌いなら日本から出て行ったら?】の続きを読む

    ざっくりいうと
    • 自民党文科部会長の赤池まさあきが自身のブログで、文科省が国際教育・国際交流推進のために作った「友達に国境はな~い」というキャッチフレーズのポスターを、「国際社会は国益をめぐる戦いの場だ!」「国家意識がない」「こんなことでは日本という国はなくなってしまう」と、意味不明な批判を展開。
    • 子供の友達関係にまで、国益をめぐる戦いを持ち込もうとする下劣な男が文科部会を務めるような自民党に、民主主義国家の政党たる品性も資質も全くない
    【「友達に国境はない」を批判する自民党文科部会の異常な国家意識】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 安倍自民政治の行き着く先は、ロシアのような選挙があるだけの見せかけの民主主義による個人崇拝国家である。
    • 安倍自民を支持するかどうかは、個別の政策を支持するかなどというレベルの話ではなく、民主主義国家を支持するか、似非民主主義国家を求めるかというレベルの問題。
    • 自民党議員からメールの添削までされながらも、「外部からの影響はなかった」と嘘をつく文科省。官邸によって人事権を握られた官僚は、虚偽・隠蔽・捏造・改竄も日常茶飯事になってしまった。
    • 安倍自民によって、この国では虚偽・隠蔽・捏造・改竄は日常茶飯事になってしまった。近代的民主政治を破壊して回る自民党に、民主主義国家の政党を名乗る資格など一切ない。
    【自民党はもはや民主国家の政党ではない:日本のロシア化を求めるのか、民主主義国家を求めるのか】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 青山繁晴と和田政宗がトンデモ質問を連発。この2人を質問者に選ぶ自民党のレベルの低さは絶望的。
    • 質問時間を使って恥ずかしいほどのおべっかをする義家弘介。
    • 過労死を出した和民の創業者・渡邉美樹を、別の過労死遺族に対する質問者に選ぶ自民党の下劣さ。
    • 権力におもねり弱者を恫喝する、嘘つきと卑怯者の集団と化した自民党には、もはや自浄作用さえない。
    • 現政権を支持するか否かは、政策を支持するか否かなんてレベルではない。正しい情報公開がなされ、それに基づいて国民一人一人が自分の頭で判断できる民主的な国家を選ぶか、隠蔽と虚言がまかり通り、権力者に脳味噌を預けて家畜の安寧を享受するディストピアを選ぶか、その選択である。
    【もはや自民党は自浄作用のない嘘つきと卑怯者の下衆集団に過ぎない。民主主義国家の政党の資質、欠片もなし】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 自民党・西田昌司が財務省に「なぜ5日の時点で政府にも国会にも与党にも報告しなかった! 報告を受けていれば国会対応を変えて、異常事態を防げたんだ!」と激怒
    • その後、官邸は5日の時点で報告を受けていたことが判明する。しかし、国交省や財務省に、与党や国会に報告するよう命じることもしなければ、国会対応を変えることもせず、異常事態を招いてしまった。
    • 思わぬ形で安倍晋三その人を撃ってしまった西田昌司は、この問題に「佐川事件」と名前を付け、すべてを佐川のせいにしようとする印象操作にシフトするという、自民党らしい打開策を講じる。
    【西田昌司くん、財務省を恫喝したつもりが安倍晋三を恫喝してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ