前回「大韓民国民間報道」というデマサイトに桜井誠が騙されたということを紹介しました。BuzzFeedNewsがデマの指摘をし、その後一般紙や、NHK日曜朝の『ニュース深読み』でも取り上げ られ現在ではこのデマサイトは閉鎖されています。


しかし、それらのサイトや新聞、テレビがデマの指摘を行う前、桜井がデマに騙されてデマツイートを飛ばした直後から、ニュースソースを確認する程度のまともな頭を持った人たちからは、デマの指摘が相次いでいました。


しかし、それらの指摘に対し、デマを拡散した桜井は、こんな驚くほど恥知らずで知性のない自己弁護をしていました。



>>「韓国ならばさもありなん」という話を持ってきたということです。

>>まず虚構記事を掲載した側を責めるのが筋ではないでしょうか。

>>虚構記事を出した側が謝罪しない限り、本物として取り扱います




>>普通に考えて仮に朝方のニュース記事が虚構だとした場合その虚構記事を流したほうが悪いと思うのですか?

>> 今現在に至っても虚構記事を流した本人から謝罪も釈明もないから本物の記事として見なすと言っているだけです 



どこまでバカでクズなんだ、この男は!!
 

(スポンサードリンク)


この手のデマを流す奴に非常に多いセリフが、「韓国ならありうる」です。本当にどれだけこのデマ弁護、デマ正当化を見てきたかわかりませんが、こんな卑怯な話はありません。「自分の勝手な脳内のイメージに一致したからデマでもOK」だということが成立するなら、何だって言えてしまいます。


例えば、私が「桜井誠は強姦罪で懲役刑を受けた過去がある」とデマを流したとします。桜井の理論なら、それが拡散しても、「桜井ならさもありなん」でデマを拡散したことが正当化されることになってしまいます。


桜井は中国や韓国が反日デマを流布していると主張していますが、それらも「日本ならさもありなん」で正当化さえることになってしまいます。


実際にやっていないことを、「○○ならさもありなん」と言ってデマを正当化するなど、卑怯者の極みです。


それに、桜井は繰り返し「デマを流したやつを先に批判しろ」と言っていますが、当然そっちも批判されているんです。デマを流したやつは、前回記事でも書いた通り、「人間のクズ」と評さざるを得ない、最低の人間だと思います。それとは別に、デマを鵜呑みにして拡散したやつの知性と教養と品性を問うているのです。


それとも、デマを流したやつが悪いから、デマに騙されて拡散したやつは無実だとでも言うのでしょうか。言うんでしょうね、この男は。デマを流したやつが一番悪くても、デマに騙されて拡散したやつは、被害者ではなく加害者です。デマを拡散した時点で、そいつはデマを流した側に回ったのですから、騙された被害者面するなど恥知らずの極致です。


さらに、デマを流した人物から謝罪も釈明もないから本物の記事とみなす、などというのは、全もって意味不明。桜井誠の脳内では、どんな嘘でも、嘘をついた本人が認めない限り、真実であり続けるのでしょうか。


私が「桜井は強姦罪で逮捕された」というデマを流しても、それが真実として拡散されてもいいと桜井は言うのでしょうか? 私がデマだと認めない限り、それは真実として扱われ続けるのでしょうか。


桜井は韓国や中国の主張をデマだと言いますが、それらも中国や韓国がデマだと認めない限り、真実とみなされてしまうわけですが、桜井はそれでもいいのでしょうか。


その場その場で自分に都合がいいように自己弁護するしか能がない桜井は、自分が盛大にブーメランをぶんなげていることにさえ気が付かないのです。


基本的に、桜井みたいなレイシストは、やることなすことすべてブーメランですなぜなら、相手を人種や民族で差別するということは、自分自身も人種や民族を根拠に差別されてしまうことを認めることになるからです。


韓国人を差別するやつは、自分も日本人だと言うだけで誰かから差別されることを認めることになります。ネトウヨは卑怯者なので、「韓国には嫌われる理由があるが、日本にはない」などということを言いますが、差別する理由なんて、真珠湾攻撃でも張作霖爆殺でも柳条湖事件でもなんでも、後付けでどうとでもなるのです。自分は差別するけど、自分は差別されたくないなんて理屈はまかり通りません。


桜井誠は「大規模掲示板の常識は社会の非常識」と言っていますが、桜井誠ぐらい非常識な人間をこの国で探すことは難しいでしょう。


桜井誠という男が、デマに騙される程度の知性と教養しか持ち合わせないだけでなく、ここまで非常識な恥知らずだとは、予想はしていましたがさすがに驚かされました。どうやれば人間ここまで腐れるのか全く理解ができません。


そして、1月31日現在、BuzzFeedNewsによれば、記事執筆者本人が虚構だと認め、それも桜井誠をターゲットにしていたと述べています。デマサイト自体も閉鎖され、完全に疑いようもなくデマであることが判明しているのですが、桜井誠はいまだにデマツイートを削除せず、謝罪も釈明もしていません


「記事執筆者が謝罪も釈明もしていない」から本物の記事とみなすと自己弁護していた男が、記事執筆者がデマを認めた後も、全く反省することなく、自分がデマに騙されたことについて触れもしていません。ここまで恥知らずな人間がこの世に存在するということに驚愕してしまいます。


桜井誠は、「ネット以外のどこに真実があるのか」などと言っているそうですが、このように平気でデマを飛ばし、デマを飛ばしても何の反省もしないような品性も知性も教養もない男に、真実云々(※「でんでん」ではない)を語る資格など全くありません。


「メディアは言論の自由の敵」「都合のいい情報しか流さない」などと言いながら、メディアが報道しない真実を探して、メディアが報道しないデマに食いつくのだからお笑いです。都合のいい情報は、一般人でもデマだと見抜ける情報に平気で飛びつく。デマを吐くやつやデマを拡散するやつこそ言論の自由の敵であることは言うまでもありません。こんなのが党首をやる「日本第一党」という存在の知性や品性のなさがよくわかります。


今回のデマサイト事件および桜井による拡散は、「ネットde真実」というのがどれだけ恐ろしいか、「ネットde真実」という連中の頭がどれだけ愚かか、はっきりとわかる事例であったように思います。


世の中には、桜井誠のように、一般の常識では測りきれないほどの恐ろしき卑怯で破廉恥な人間が存在します。桜井のような人間が存在するということをまず知り、彼らの言動の愚かさを学び、その仲間入りをしないように注意しましょう。


==愛国カルトに騙されないための心得==

・デマに騙された者も、拡散する側に回った時点で加害者である。

・自分が加害者にならぬよう、ネットの情報をやすやすと信じてはならない。

・デマをばら撒いても反省の欠片も見せない桜井誠のような恥知らずや、それを支持する恥知らず連中の言うことに耳を傾けてはならない。



=============================



にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)