教育勅語を暗唱させ軍歌を唄わせる、極右幼稚園として知られる塚本幼稚園を運営している森友学園に対する国有地の爆安払い下げ問題が話題になっています。なぜか当初ほとんど大手メディアの注目を集めなかったこの問題ですが、問題が明るみになるにつれ、ようやくNHKのニュース9でも取り上げられるなど、注目度が高まっています。


私は前からこの塚本幼稚園の存在は知っていました。この籠池という園長、幼稚園のHPで「園長の部屋」というブログのようなものを書いているのですが、そこには韓国がどうとか支那がどうとか、現在はHPが大幅リニューアルされて消されていますが、「旧日本軍を悪者にしたのは左翼の陰謀なのだ」なんて内容のことが書いてありました。個人がどう思おうが勝手ですが、幼稚園のHPにこんなことを載せるなんてヤバイところだな、というのは感じていました。


このブログでも取り上げようかと思っていたんですが、極右思想であっても思想良心の自由はありますし、小さな子供に関わる問題なので遠慮していたんですが、今回の国有地爆安払い下げ問題が浮上し、改めて塚本幼稚園のHPを見たら、明白なるデマが書かれていましたので、ご紹介します。

2017y02m22d_220804633

>>現知事(沖縄の翁長知事)は親中華人民共和国派、娘婿も支那の人である。
>>もともと中共に従いたいと心から思っているので、中共の手先かもしれない。
 (参照)


完全なるデマ!!
 

(スポンサードリンク)


沖縄の翁長知事の娘婿が中国人だというデマは、以前もこのブログで取り上げたことがあります。その時は田母神俊雄がデマを吐いた、という記事でした。


翁長知事の娘が中国に留学して中国人と結婚したと言うのがデマだと言うのは週刊ポストで取り上げられ、県議会でも翁長氏が否定しています。

2017y02m22d_221712593

>>実際は、娘は結婚も留学もしていない
週刊ポスト

2017y02m22d_221857095

>>「インターネット上で、(私の)長女は中国・上海の外交官と一緒になっていて、(もう一人の)娘は中国に留学していると言われている。信じている人も多いようだ。県議会本会議場でうそを言うわけにいかないので、そうではないと言いたい。娘の一人は県内で勤めているし、末の女の子は埼玉の大学に行っている」と述べ、ネット上の風説を否定した。

琉球新報


ポストがこのデマを報じたのも、翁長氏が議会でこのデマに言及したのも、籠池園長が幼稚園HPで記事を書いた後なのではありますが、籠池園長がネットのデマを鵜呑みにするネトウヨ脳の持ち主であることの証明の一つと言えるでしょう。


保護者からの証言で、幼稚園では中国や韓国は悪い国だという教育がなされていて、中国人や韓国人の園児がいじめを受けて幼稚園を辞めたという話も出ており、籠池園長はそれに対して「保護者がおかしい」「おぞましい」と述べていることが報道ステーションで紹介されています。このようなネットのデマを鵜呑みにするネトウヨ園長が運営する幼稚園で、どういう園児が育てられるのか、大変恐ろしいです。

2017y02m22d_223236321
2017y02m22d_223241529
2017y02m22d_223156509
2017y02m22d_223159048
2017y02m22d_223201462
2017y02m22d_223342487

今後も籠池園長のトンデモ発言を見ていきたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)