評論家とかジャーナリストとかにとっては、客観的事実(ファクト)がまず大事であると私は思います。ファクトをまともに調べることもできない人間は、絶対に評論家やジャーナリストになってはいけません。


一応wikipediaでは「評論家」とか「ジャーナリスト」とかの肩書が書かれている西村幸祐という男は、そのファクトをまともに調べられないのにジャーナリストになってしまった人間の一人です。先に書いた記事と重複する内容ですが、改めて記事にします。


2017y05m13d_175253677
西村氏のfacebook



(スポンサードリンク)

西村氏は、自身のfacebookでこう述べていますね。


>>9条改正派が上回っているのは去年9月の朝日の世論調査でも明らかなので、すでに、そんなに珍しかったり、驚くようなことではない。


これは、西村氏がまともにファクトを調べられないために書いてしまった、ジャーナリストとしては実に情けないレベルの間違いです。デマと言ってもいいでしょう。やっぱこの人ジャーナリスト名乗ってちゃダメですね。


(9条改憲派は珍しくないかもしれないけど、憲法記念日を「ゴミの日」と呼ぶ人は相当珍しいと思うぞ!)


西村氏が言及している朝日の調査とは、これのことです。

18402295_10207343809033691_5350724802923620261_o
朝日新聞2016年9月7日

これによると、憲法改正の賛否について、「賛成」「どちらかというと賛成」が42%、「反対」「どちらかといえば反対」が25%だったので、「9条改正派が上回っている」と述べたのでしょう。


しかし、この質問は、どこを改正するかに関わらず、「憲法改正に賛成か」という質問であり、「9条改正に賛成か」という質問ではありません。どうも、この記事では9条に限定した賛否を聞いていないようです。憲法改正には、「非常事態条項を入れる」とか「教育無償化を入れる」とか「96条を変える」とかの意見もありますし、昔の共産党なんかは「天皇制廃止」を訴えてましたので、そういう憲法改正意見もありうるわけです。


つまり、西村氏が言及した朝日新聞の記事では、9条改憲派がどのぐらいの割合を占めているのか分からないのです。


なので、最近の世論調査を調べてみました。全て、今年の3月から5月にかけての記事です。

------------------------------------------------------------------

毎日新聞2017年5月3日


2017y05m13d_173051276

9条改正すべきと:思う30%、思わない46%


読売新聞2017年5月1日
2017y05m13d_173359477

9条第1項の改正の必要:
ある15%、ない82%
9条第2項の改正の必要:ある46%、ない49%


朝日新聞2017年5月2日
2017y05m13d_173812012

9条は:
変える方がよい29%、変えない方がよい63%

産経新聞2017年4月

2017y05m13d_174313451

改憲賛成が52.9%。そのうち9条改憲賛成派が56.3%なので、0.529×0.563=0.298。
だから9条改正派は全体の29.8%。

改正派52.9%のうち9条改憲派は38.4%いるので、0.529×0.384=0.203。改憲反対の39.5%と足して、9条改憲反対派は59.8%。まとめると

9条改正:賛成29.8%、反対59.8%


NHK3月
2017y05m13d_210239297

9条改正の必要:ある 25.4%、ない57.2%

------------------------------------------------------------------

以上をまとめると、

(9条改憲についての各社世論調査
 2017年3月~5月)


賛成反対
毎日新聞30%46%
読売新聞
15%
46%
82%
49%
朝日新聞
29%63%
産経新聞
29.8%59.8%
NHK
25.4%57.2%


ご覧のように、毎日、読売、朝日、産経、NHKのすべての世論調査で、9条改憲反対派が賛成派を上回っています。


つまり、「9条改正派が上回っているのは明らか」という西村氏の主張は、全くのデタラメ!



むしろ大手世論調査はことごとく9条護憲派が上回っており、むしろ「9条護憲派が上回っているのは明らか」と言っていい状態です。


おそらく西村氏は最近の世論調査なんか見ていないんでしょう。以前、「西村幸祐は新聞も読まない?」という記事を書いたことがありますが、この人本当に新聞もテレビも見てないんじゃないですかね? 「去年の9月の朝日の世論調査」から情報がアップデートされていないのも驚かされますが、その情報も、条文を問わない「憲法改正」の是非と「9条改正」の是非とをごっちゃにしているという誤読をかます。やっぱりこの人、ジャーナリストを名乗るに値しません。


西村氏は私への批判で「カルトは常態をカルトと考えるからカルトになる」と言っていますが、私に言わせれば、「異常を異常と気づけないものがカルトになる」ですね。


最近の世論調査も調べないで、「9条改正派が上回っているのは明らか」と言えてしまう異常さに気が付かないから、自分で改めて確認しようとせず、ファクトとずれたことを言っていることに気づかず、どんどんと道を外れ、愛国カルトになるのです。西村氏はいい加減このことに気が付いて、ジャーナリストとしての矜持を取り戻してほしいものです。


すくなくとも、最近の世論調査も見ないで「9条改正派が反対派を上回ってる」なんて言ってるようじゃダメでしょ。


にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)