差別やデマなどの愛国カルト問題とは別の問題ですが、あまりにも今の自民党がひどすぎるので記事にします。


現在野党が臨時国会の召集を求めています。日本国憲法第53条によれば、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とあるので、内閣は臨時国会を召集する義務があります。


ところが、なんと自民党はこんな理由で臨時国会召集を拒否したのです!!

2017y06m27d_230914099 

>>竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。

総理大臣が問題追及を嫌がってるから臨時国会拒否!!??


どうなってんだ、この国は!!



(スポンサードリンク)

他に理由をこねるでもなく、どストレートに「総理が嫌がってるから拒否」とは驚かされます。日本はいつから総理の意向で動く国になってしまったのでしょう。


今自民党は完全に「総理の意向」で動いているということがわかります。「絶対権力は絶対腐敗する」と昔から言われていますが、このことからもわかる通り、自民党内で安倍晋三はもはや絶対権力と化しています。


腐りすぎでしょ、安倍晋三と自民党。こいつらが国民の方を向いておらず、権力をいかに自分たちのために使うかしか考えていないってことは、もう分かったでしょ。国民に委託されている権力なのに、それを国民のためではなく、自分たちのために使う奴らだっていうことは、もうこれ以上なく明白でしょ。


もう、いい加減こんなやつを支持するのやめましょうよ。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)