「500円」と名乗る有名なデマッター(ツイッターでデマを吐く人)がいます。その人物が、蓮舫の二重国籍について、こんなツイートをしていました。



蓮舫が二重国籍だったことは事実ですが、500円のこのツイートは2016年10月13日。本人が公表した戸籍謄本の写しによれば、蓮舫の国籍選択宣言は2016年10月7日。結果的に、500円のこのツイートは間違いだったということになります。


まあ、これだけなら大したことではありません。500円の推測が間違っていた、というだけのことですから。しかし、500円のこのツイートを、ネトウヨジャーナリスト西村幸祐がリツイートしていました。代表的デマッターである500円なんかのツイートをリツイートするだけで知能レベルが知れるというものですが、西村幸祐は、さらに驚きのコメントを加えていたのです! 

(※西村幸祐は「ネトウヨ」と呼ばれることに激しい拒否反応を示しますが、このブログではあえて西村幸祐のことは「ネトウヨ」と呼ぶことにします。詳しくはこちら

(スポンサードリンク)



「最大野党の民進が壊滅すると自民が失政を犯しても糺す勢力が弱くなる」ということを懸念するのは、民主主義の観点からして、西村幸祐にしてはまともな発言です。しかし、その前の部分がすごい!


>>民進党は真面目な話、
>>国会会期終了後に村田蓮舫代表が逮捕される前に、
>>代表辞任、議員辞職などの手を打たないと
>>壊滅的なダメージを受ける



げげーーーーー!!!

西村幸祐のやつ、二重国籍だと逮捕されると思ってるの!!!???



言うまでもなく、日本国籍を取得したものが外国籍を放棄するのは努力義務にすぎません。

第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない

罰則規定も何にもないので、逮捕されるわけがないんです。ネットでは「蓮舫国籍法違反で逮捕!」なんて言ってたのが大勢いましたが、ただの無知なバカだと言っていいです。







「公選法違反だ」なんて言ってた連中もいましたが、二重国籍でも被選挙人としての資格には問題がありません。公選法に二重国籍を禁じる文言はありませんからね。


蓮舫が選挙プロフィールに「台湾籍から帰化」と書いていたことが「虚偽記載だ」と言ってた連中もいましたが、「帰化」というのは「自己の志望によって後天的に特定の国の国籍を取得し,その国の国民となること」(ブリタニカ国際大百科事典)なので、帰化申請をして帰化申請が認められている以上、「台湾籍から帰化」というのは明白な事実です。もし「台湾籍を放棄し、日本国籍取得」なんて書いていたら虚偽記載になるんでしょうが、「台湾籍から帰化」が虚偽記載になるわけがありません。


よって、国籍法でも、公選法でも、蓮舫が逮捕されるわけがないんです。


ネットで「蓮舫逮捕!」って騒ぐバカが出てくるのは仕方がないかもしれません。しかし、自称であれ何であれ、一応はジャーナリストらしき活動をしている人がですよ、「蓮舫逮捕」なんて頭の悪い発言をするとは驚きです。


これまでも、西村幸祐という男は、よく調べもしないで勝手な思い込みで発言してきました。

~~これまでの西村幸祐の妄言の例~~


「世論調査でも9条改憲派が上回っているのは明白」←デマでした

「震災時の特亜による窃盗は有名」←デマでした

「TBSが反日ヘイト放送をした」←デマでした

「日本メディアは安倍総理がオバマに抗議したことを報道しなかった」←デマでした

「朝鮮人が桜井誠の選挙ポスターに落書きをした」←根拠なし

「コロンビアで殺された学生は9条の被害者」←意味不明

「東大は卒業式で君が代を歌わないからこんな大学潰してしまえ」←意味不明

~~~~~~~~~~~~~~~~~

西村幸祐を取り上げるたびに書いていることですが、今回のことを見ても、この男に「ジャーナリスト」を名乗る資質など全くありません。


その辺にごろごろしているネトウヨ(あえて「ネトウヨ)と呼ぶ)と同レベルの男、それが西村幸祐です。所詮この男はその程度の男だということです。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)