愛国カルトは、犯罪とみるや在日韓国朝鮮人と結びつけ、彼らが日本社会に害をなしていると主張したがります。その大半はただのデマなのですが(在日認定参照)、「社会に害悪な存在」として頻繁に引き合いに出されるのがヤクザ(暴力団)です。在日とヤクザを結び付け、「在日=ヤクザ=社会に害悪な存在」という構図で差別を煽る、という手法が愛国カルト界隈では非常に頻繁に行われています。

(スポンサードリンク)

この「在日ヤクザ」の話で最もよく言及されるのが、「ヤクザの3割が在日」という話です。この在日3割説、元公安の菅沼光弘が講演で述べたとか、指定暴力団会津小鉄会4代目会長高山登久太郎が雑誌で書いたとか、初出がどこなのかわかりませんが、かなり広く流布され、ネット上では信じ切っている人も少なくないようです。


しかし、果たして日本のヤクザの3割が在日なんて、そんなことがありうるでしょうか? 法務省統計局のデータに、「矯正統計」というものがあります。その中には「新受刑者中暴力団加入者の国籍」というものがあります。ヤクザ全体の構成員の国籍は分からないものの、受刑者の国籍がわかればある程度の推測はつきます。もしも在日がヤクザの3割を占めているのなら、暴力団関係の受刑者も、3割近くが在日であるはずです。


しかし、最新データである2016年の矯正統計を見てみると、このようになっていました。

2017y10m23d_013248670

暴力団加入者の受刑者1386人中、
日本人1370人
韓国朝鮮人11人
その他5人



なんと、暴力団加入者の受刑者のうち、韓国朝鮮人はわずか0.79%!! 98.8%が日本人でした。


「ヤクザの3割が在日」なんて言説は完全にデマだと断言していいですね。日本に帰化した在日コリアンがいたとしても、そう大幅に数字が変わることはないでしょう。


全体から見たら微々たる量なのに、異質なものが混じっていると、その印象ばかりが強く残るということはよくあります。恐らく「在日が3割」という言説も、そのようなただの印象に過ぎなかったのでしょう。


ネットでは、犯罪者を見るとすぐに在日認定が行われ、「凶悪犯罪のほとんどは在日」とか「性犯罪のほとんどは在日」とか書かれますが、犯罪については統計資料を見れば、そういう言説はどれもこれも嘘だということがすぐにわかります。外国人に関するネットの噂は信じないのが一番です。

===まとめ===

・「ヤクザの3割が在日」というのはデマ

・ヤクザの受刑者の99%が日本人

・外国人に関するネットの噂は信じない


============


~~~~追記~~~~

読者の一部から、「『ヤクザの3割が在日』という話が出たのは10年、20年前なのに、2016年のデータを参照するのはおかしい。管理人は都合の悪い数字を隠している」という批判がありました。最新データだけしか示さなかったのは、今現在流布している「ヤクザの3割が在日」という噂がデマだと証明できればそれで今回の記事としては十分だと思ったからなんですが、せっかくなのでご要望に応えておきましょう。


残念ながら、インターネットで公表されているデータでは、最も古いもので2006年のもののようです。それだとこうなっていました。

2017y10m23d_224538493

総数4143人中、韓国朝鮮人は77人。約1.8%ですね。


最新データに比べると多いですが、それでも2%にもなりません。「3割が在日」というのがデマなのは疑いようがありませんね。


そもそも、「3割が在日」というのは、何の統計データも一切存在せず、単に「親分がそう言ってた」「元公安の人がそう言ってた」というだけのものでしかありません。信じるに足る根拠は無いに等しく、逆に事実でないと推測するに足る根拠は存在するので、こんなの信じる方がどうかしています。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)