ざっくり言うと
・「米軍ヘリからの部品落下は幼稚園の自作自演」という陰謀論に根拠は皆無
(スポンサードリンク)

・「米軍機事故は左のデマ」という「右のデマ」


先日、このようなコメントがこのブログに寄せられました。

2018y02m03d_141321256

>>桑原さんって、右のデマのみ取り上げて左のデマはスルーですよね。
>>左のデマも沢山あるのですが、嘘を吐く人が嫌いなら
>>何故左のデマは取り上げないのでしょうか。
>>例えば沖縄の幼稚園に米軍の飛行機の部品が落下してきた、というデマなど

こちらの記事のコメント欄

2018y02m03d_141704230

>>私は右の者ですが、これは酷いですね笑
>>思想云々ではなく、デマを作るのは良くありませんよね。
>>左のデマとしては、沖縄での米軍飛行機の部品落下のようなものが挙げられますが
>>デマがあるようでは、まともな議論ができませんよね。

こちらの記事のコメント欄

恐らく同一人物からの書き込みと思われますが、「右のデマだけでなく左のデマも取り上げろ」と言うので、どんな「左のデマ」を取り上げろというのかと思いきや、まさか「沖縄での米軍飛行機の部品落下」を「左のデマ」の具体例として挙げるとは、驚いてしまいました。


実際はヘリなのに飛行機だと勘違いしていることからも、まともな新聞記事などではなく、よく確かめもしないでツイッターやまとめサイトなどの噂を鵜呑みにしているのでしょう。「思想云々ではなく、デマを作るのはよくない」というのはその通りなので、思想云々ではなく、「まとめサイトなどのネット情報を鵜呑みにするのはよくない」ということも理解してもらいたいです。


百田尚樹とかnetgeekとかアノニマスポストとか、いつも通りのデマ軍団がしきりに「沖縄の幼稚園での米軍ヘリからの部品落下は捏造」と言っているようですが、「沖縄の幼稚園での米軍ヘリの部品落下はデマ」ということこそデマです。少なくとも、幼稚園の捏造という根拠は全くありません。


このことは、既に大手新聞などでも取り上げられていましたので、このブログでやらなくてもいいかとも思っていたんですが、わざわざこんなコメントが来るぐらいなので、ちゃんとやっておきたいと思います。体は大人、頭脳は子供の迷探偵の世迷いごとが広まって、実際に幼稚園に誹謗中傷の電話をかけるやつらがいると思うと、実に嫌な世の中です。



・事件概要


まず、この事件の概要は以下のようなものです。

事故は12月7日午前10時15分ごろに起きた。

「ドーン」という2度の衝撃音とともに、トタン製の屋根に円筒状のプラスチックが落下したのだ。直後、上空を米軍ヘリが通過していった。

トタン屋根には凹みができていたが、当時園内にいた70人ほどの園児や職員にけがはなかった。

園側はすぐ、宜野湾市の基地担当部署に通報。警察などによる現場検証もされたという。

この落下物に関して、沖縄県は「米軍機の落下物である可能性がある」とみている。

同じ時刻に、▽園から40m離れた「騒音測定局」で2度の衝撃音が記録されている▽基地近くの静止画カメラにCH53Eとみられる機体が記録されている、からだ。

一方の米軍は、落下物がCH53Eの装置のカバーであること、同じ時刻に1機のCH53Eが飛行していたことは認めた。しかし、飛行中の落下には否定的だだ。

▽機体にある7個のカバーは全て外されていた▽普天間基地に所属するCH53Eのカバーは全て保管されていたと確認されたこと、がその理由だという。
BuzzfeedNews


幼稚園の屋根からドーンという音がして、米軍ヘリの部品が落ちていた。騒音測定局でも衝撃音が記録され、米軍ヘリは同時刻の幼稚園上空を飛行していた。


常識的に考えれば、その米軍ヘリから部品が落下したとしか思えないわけですが、米軍が「期待のカバーはすべて外されていた」「カバーはすべて保管されていた」とコメントし、飛行中の落下について否定的な見解を示したために、netgeekとかアノニマスポストとかが「幼稚園側の捏造だ!」と記事を書き、百田尚樹(いっつもこいつだな)がそれを煽り、それを真に受けた脳みその足りないバカが幼稚園に誹謗中傷の電話をかけて業務を妨害するという、悪意と悪意のコラボレーションが起きたのです。ネットの迷探偵による悪意の拡散は今に始まったことじゃありませんが、米軍を鵜呑みにして、沖縄を貶めようとするって、いったい彼らは何を考えてるんですかね。


ちなみに、netgeekでこの記事を書いた腹blackというやつは、辻元清美が「二重国籍は許されない。国籍を剥奪して送り返せ」と言ったというデマ記事とか、蓮舫が韓国籍も持っていて四重国籍だとか、信じられないぐらい頭の悪いデマ記事を連発する奴です。こいつの記事というだけでデマだと断言して構わないと思いますね。


彼らがどんな迷推理をしているか、ご紹介しましょう。


・米軍基地に忍び込んで部品を盗んで幼稚園に落とした?


まず、米軍はこれがヘリの部品の一部であることは認めています。

ShzyBkE

なので、これが捏造だとなると、誰かが米軍に忍び込むなりどこかから買うなりしてこの部品を手に入れ、米軍ヘリが幼稚園の上空を飛ぶまで根気強く屋根の上で待って、同型の米軍ヘリが上空に来たところで屋根に叩きつけた、ということになります。事実、netgeekは「以前から保護カバーを持っていた誰かが自作自演で騒動を起こすために屋根に投げたというのが真相ではないだろうか」などと言っています。本気でありうると思うのか、そんなことが??


米軍ヘリの部品を手に入れるという時点で既に無理がある気がしますが(ネットで手に入るなんて噂もあるようですが、根拠は無し)、それをもって幼稚園の屋根に上り、米軍ヘリが幼稚園上空を飛ぶまで根気強く待って、上空を飛んだところで屋根に叩きつける。しかも、米軍ヘリにはCH53Eの他にCH53AとかCH53Bとかもあるのに、飛んでいる機体が部品と同じCH53Eであることを地上から確認して、屋根に叩きつける。


これだけ面倒な自作自演の捏造が行われた可能性と、米軍ヘリが部品を落として、責任逃れで嘘をついている可能性と、どっちが高いかって、考えるまでもないと思うんですけどね。まあ、もちろん可能性の話なんで、米軍内で何が起きているのか知る由もありませんが。


・体は大人、頭脳は子供の迷探偵たちの迷推理


netgeekなどが根拠としているものは、以下のようなものです。

・部品の重さは213グラムで缶コーヒーと同じ。(ドーンという音がする?)
・部品自体に破損がない。
・屋根にも破損なし
・高い場所から落ちれば粉々になっているはず
・そもそもピンと針金部分の取り付け方が間違っている
・その後、米軍の調査により部品がなくなっている機体は存在しないということが明らかになった。

はっきり言って、見た瞬間にバカバカしくて相手にする気も起きなくなりそうなもんですが、これで実際に捏造だと決めつけて幼稚園に誹謗中傷の電話までするどうしようもないバカがいるから嫌になります。一つ一つ見ていきましょう。


・「部品は軽いからドーンという音はしない」というデマ


一つ目。部品は213グラムしかないから「ドーン」という音はしない、というデマ。


まず、「ドーン」だか「ドン」だかは人の主観なので、「ドーンという音はしない」というのはそもそも何の反論にもなっていません。


次に、騒音測定局が同時刻に衝撃音を記録していますので、おそらく実際に「ドーン」だか「ドン」だか音はしたのでしょう。netgeekあたりは、これを「自作自演で屋根に叩きつけた音」と思ってるようですが。


野球の硬式球が141~148gなので、213gというと野球のボールの1.5倍の重さがあります。仮にヘリが上空300メートルを飛んでいたとして、野球のボールよりも重い物体が300メートルの高さから落ちてきたら、「ドーン」とか「ドン」とか音がするかしないか、感覚的にわかりますよね。また、落ちた屋根はトタン屋根なので、普通の屋根より音が響きそうですしね。


「213gしかないから『ドーン』という音はしない」というのは、実際に騒音測定局が衝撃音を記録しているという事実を考えても、硬球よりも固く重いものがヘリが飛ぶ高さから落ちてきたらどうなるかということを考えても、論理的に全然成り立っていません。



・「高い場所から落ちてきたら粉々になっているはず」というデマ


これも酷い。「なっている『はず』」って何なんですかね。屋根が破損している「はず」とか、落下物が破損している「はず」とか。


これに関しては、実験動画がありました。なんとヘリを使って、iPhone7をはるか上空から落とすというわけのわからん実験をしている人がいました。



結果は無事。iPhoneはヘリが飛ぶ高さから落下させても壊れませんでした。iPhone7の厚さは約7ミリ。それも中には精密機械が入っています。一方、米軍ヘリの部品は厚さ8ミリ。中には何にも入っていません。iPhoneがバラバラになるどころか壊れてさえいないのに、米軍ヘリの部品がバラバラになるわけはないでしょうね。


また、直方体のものに比べて、円筒形のものなら衝撃がかなり小さくなることは感覚的にわかりますよね。円筒形のものをハンマーで殴っても力がうまく伝わらないことは想像できると思いますし、屋根は斜めになっているので、斜めのものに落下した場合、水平面に落下した場合と衝撃が違うこともイメージできると思います。

2018y02m03d_160751433
また、ヘリ部品が落ちたトタン屋根は波打った形になっていますが、この形はアーチ状になるため存外強いんですよ。アーチ形のものが水平なものよりも強いことは、皆さんご存知かと思います。


第一、「213gしかないから『ドーン』なんて音はしない」と言いながら、「屋根が破損してないとおかしい」とか「物体がバラバラになってないとおかしい」とか言うなんて、もう滅茶苦茶。衝撃がないはずだと言いたいのか衝撃がすごいはずだと言いたいのか、わけわからないですね。



・「ピンの取り付け位置がおかしいから捏造」というデマ


これに関しては、ミリオタではないのでよくわからないのですが、「ピンの取り付け位置がおかしいから、落下してしまった」という可能性はないんですかね。むしろ、ピンの取り付け位置がおかしいなら、なおの事ヘリから落下したという可能性が高まりそうなものですが。


・「米軍が否定しているから、幼稚園側の捏造」というデマ


結局、「幼稚園側の捏造だ!」と言ってる人たちのよりどころは、米軍が否定したという一点に尽きると思うのですが、これも米軍の声明を鵜呑みにするというのが意味不明ですね。


米軍が清廉潔白な聖人君子の集まりだっていうのならともかく、米軍は昨年12月18日に普天間第二小学校上空を飛行した、ということさえ認めないような連中です(参照)。映像があるにもかかわらず、米軍は自分たちの非を認めようとせず、これにはさすがに日本政府も不快感を表しています。
小野寺五典防衛相は19日の記者会見で「公開した映像にあるように、上空を飛行したと確認している」と述べ、飛行を否定する米軍に問題があることを強調した。
毎日新聞2018年1月20日
どうしてこれで米軍の言うことを鵜呑みにできましょうか。米軍の発表を鵜呑みにして、沖縄の幼稚園の方を捏造と決めつけて中傷の電話をかける、これが「愛国者」様のやることなんですかね。


・「ネットバカ」になるなかれ


以上、幼稚園が米軍ヘリからの落下物を捏造したなんて陰謀論に根拠と言えるようなものは全くありません。もちろん、「幼稚園の誰かが米軍ヘリCH53Eの部品をどこからか手に入れ、屋根に上ってヘリが上空を飛ぶのをひたすら待ち、CH53AでもCH53BでもなくCH53Eが飛んできたということを地上から確認し、幼稚園の屋根に部品を叩きつけて逃げた」という可能性もゼロではありませんが(笑)。


どういうわけか、ネットには沖縄を貶め、米軍を持ち上げようとするやつらが絶えません。中には米軍自身が認めているヘリからの窓の落下まで捏造にしてしまうやつがいるぐらいです。よっぽど報道も何にも見ていないんでしょうね。

もちろんヘリのドア枠が落ちてきて直撃したらひとたまりもないでしょうが、怪我した子供はヘリのドア枠(窓)の直撃を受けたわけじゃなく、落下の際にはねた小石に当たってけがをしています。こんなことは、報道を調べれば数秒でわかることなんですけどね(参照)。また、落ちてきたのはドアではなく窓です。やはり報道をちゃんと見ていないのでしょうね。


ちなみに、このたく(@shining1114)という人は、こういう頭の悪いデマばかり垂れ流す絵に描いたようなネットモブですが、こんなにもこんなにも情報に疎くてアホなことを言うくせして、自分は新聞をバカにしています。
新聞を読む程度の知能さえないから、こんなアホなことを言うんでしょうね。「マスゴミは嘘。真実はネットにある」なんて思ってる人間ほど、ネットのデマに騙されて真実から遠ざかるという典型例ですね。


今回のようなバカげたデマをバラまく百田尚樹やnetgeekやアノニマスポストに、全く信頼する価値などないことは言うまでもありません。


結局、在日認定なんかと根本は同じです。ネットの出所不明の情報を鵜呑みにしたり、勝手な思い込みで「~なはず」と決めつけたり。百田尚樹とかnetgeekとかアノニマスポストとかを信じないというのは、人間として最低レベルのモラルだと私は考えていますが、何が正しいのかわからないときには、考えを保留するべきだと考えます。間違っても、ネット情報に踊らされて、安全地帯から沖縄の幼稚園に誹謗中傷の電話をするような卑劣で愚劣な人間にだけは、絶対になってはいけないと強く思います。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)