ざっくり言うと
  • 上念司、八幡和郎が、和田政宗の中傷陰謀論質問を擁護&批判する人を批判。
  • 和田政宗の質問は、自民党の麻生太郎からも「レベルが低い。軽蔑する」と言われてしまっている。上念司、八幡和郎も、その程度のレベルが低い軽蔑されるべき言論レベルだといえる
(スポンサードリンク)

太田理財局長に対し、「民主党政権下で野田総理の秘書官だった太田氏は、増税はだから安倍政権を貶めるためにわざと変な答弁をしているのではないか」と、完全に陰謀論の中傷質問を国会で披露した和田政宗。麻生太郎からも「その種のレベルの低い質問はいかがなものかと軽蔑すると言われ、自民党自身からの要望で、議事録から質問の一部が削除されるなど、逆に「和田政宗は、安倍政権を貶めるためにわざとレベルの低い質問してるんちゃうか」と疑ってしまうほど、驚くべきレベルの低さを見せつけてくれました。
2018y03m24d_114600829
↑和田の下劣な陰謀論質問に呆れる太田局長。後ろの女性も和田のあまりの下劣さに、すごい顔してる。

その後も和田政宗は、太田理財局長が怒ったのは自分の質問が「痛いところをついたからだ」と、自分の質問が的を射ているかのように勘違いして自画自賛。さらに、「太田理財局長の反応は、裏社会ならクロ」と意味不明な自己弁護をする始末。太田局長は裏社会の人間ちゃうやろ! あんなレベルの低い中傷質問されたら、誰でも怒るわ!
しかし、これでも和田政宗を擁護する人がいる。世の中不思議なものです。例えば上念司氏! 和田政宗に脅迫メールが来たらしく、和田政宗がどんな奴であろうと、脅迫は許されません。それはその通りなのですが、和田政宗に脅迫メールが来たということから、「よほど昨日の質問は奴らに都合が悪かったらしい」と判断!

もう、絵にかいたような陰謀論…。これ、オウムが「我々の教義が真実だから迫害を受けているんだ」みたいなこと言ってたのと変わらんやんけ…。脅迫文が届くと、「奴らに都合が悪いからだ」ってことになるなら、朝日新聞も脅迫文を送られてるけど、上念氏は「朝日新聞に脅迫メール!よほど朝日の報道は奴らに都合が悪いらしい」と言ってくれるんだろうか? 言わないだろうなあ。


さらにひどいのが、毎度おなじみ八幡和郎氏。和田政宗を批判するどころか、いつも通り「左派メディア」と野党の批判につなげてました(『アゴラ』から引用)。
朝日新聞はじめ左派系のメディアは、官僚擁護の積極的論陣を張って和田氏を猛攻撃している。
朝日新聞や野党が自民党に対して官僚擁護の論陣を張るのは、加計事件の前川喜平についてと同じパターンだ。
馬鹿の一つ覚えのように、「朝日新聞が~」「左派系メディアが~」「野党が~」と言って、「問題ない質問なのに『左派メディア』や野党がおかしな反発をしている」ということにしようとしていますね。しかし、和田政宗の質問は、自民党も麻生太郎も批判しているので、この八幡和郎の主張は全く何の論理性もありません。まあ、八幡和郎の主張に何か論理性を感じたことは一度もありませんが。


自民党からも批判されるほど、批判されて当たり前のものなのに、「朝日がー」「野党がー」と言って責任転嫁。何の芸もない、一番知性を感じさせないテンプレート政権擁護ですね。


そんな八幡和郎は、当然和田政宗の質問の何が問題だかわかっていないので、「不当だとは思わない」「当然」と言い出します。
和田政宗氏の指摘も不当だとは思わない。むしろ、そのような疑問を投げかける人がいるのは当然であると思う。
和田政宗氏の可能性の指摘は決めつけているわけでないのだから、正当
何を言っとるんだ、こいつは。 


あの和田政宗の質問を不当だと思わず、それどころか「そのような疑問を投げかける人がいるのは当然」と言う八幡和郎。彼の知能レベルが和田政宗と同レベルであることがよくわかります。


そもそも、安倍晋三自身増税派で、「アベノミクスが順調だから増税できるんだ」と言っていたわけです。「増税派だから、アベノミクスを潰すために変な答弁をしている」なんて考えは、陰謀論以前に政策的に全く成り立ちません。そのような疑問を投げかける時点で論理破綻をしていることは言うまでもありません。


それに、「決めつけているわけでないのだから正当」って、決めつけてなきゃいいってもんじゃないだろ。なんか以前百田尚樹が「推測だから差別じゃない」って言ってたのを想起させます。


そりゃあ、国会ではいろいろな疑問や疑惑をぶつけるでしょうが、それがまともな論理的思考に基づいているかどうかが問題なわけですよ。「自己の保身のためにやってるんじゃないか」とか「財務省の組織防衛のために嘘をついてるんじゃないか」とかの質問だったらわかりますが、「増税派だから、アベノミクスを潰すために、安倍政権を貶めるためにわざと変な答弁をしてるんじゃないか」なんて、スパイ容疑のような陰謀論ぶちかまされたら、そんな下劣な質問、誰だって怒りますよ。


和田政宗の質問にどういう評価を下したかは、その人の知性レベルを測る一種のバロメーターになりうると思います。これを
「痛いところを突いた(から太田局長は怒った)」
「奴らに都合が悪かった(から批判が起きた)」
「批判してるのは左派」
「不当でない」「当然」
「決めつけ出ないから正当」
などと称賛したり擁護したりしている連中は、和田政宗同様の低レベルで軽蔑すべき言論知性しか持ち合わせていないと言えるでしょう。


まあ、もともと上念司は保守速報のデマを恥ずかしげもなく拡散するやつなので、いまさら言うまでもありませんが。


にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)