ざっくり言うと
  • 元文科相下村博文が、福田財務次官のセクハラ疑惑について、「福田ははめられた」「隠し録りはある意味犯罪」と発言
  • 批判されて謝罪するも、「ある意味犯罪という表現は不適切だった」とするだけで、「福田は嵌められた」「隠し録りは取材倫理違反」という認識はむしろ強調する始末
  • 隠し録りを非難する人たちは、隠し録りなしで一体どうやってセクハラ被害を告発すればいいのかは全く答えない
  • セクハラ発言の隠し録りを非難するのは、隠しカメラのせいで捕まった万引き版が「隠し撮りなんて卑怯だ」「撮られてると知っていれば万引きしなかった」と言い訳するのと同レベル
  • セクハラ発言を録音して被害を訴えることを非難することは、セクハラ自体を隠蔽しようとするものにほかならず、安倍政権の隠蔽体質がまた露呈したものだと言える
(スポンサードリンク)

下村博文が「福田は嵌められた」「隠し録音はある意味犯罪」とまで言い、セクハラに対する意識の低さを堂々露呈


前回前々回と、今回の福田財務次官のセクハラ発言についての、長尾敬の信じがたいほど醜悪な発言を紹介しましたが、文科大臣を務めた下村博文も、やっぱり同類でした。


下村は、今回の事件について、このように述べたのです。
確かに福田事務次官はとんでもない発言をしたかもしれないけど、テレビ局の人が隠してとっておいて、週刊誌に売ること自体が、はめられてますよある意味犯罪だと思う
AERA.dot
今回のセクハラ事件を「ハニートラップ」だのなんだの言って、福田を擁護、または被害者を非難する人がネットにはあふれていますが、下村もそういう人たちと同じであることを露呈したわけです。


そもそも、福田がセクハラ発言をしなければ何の問題もないわけで、福田が100%悪いことに疑いをはさむ余地はありません。被害者が被害を告発するために証拠として音声を録音しておくことの一体どこに責められるべき要素があるでしょうか。


中には、「録音することを宣言して録音すれば被害は防げた」などと言って、隠し撮りを非難したり、「レイプや触られたりしたわけではない」などと福田を擁護する奴もいます。

しかし、それによってその場でセクハラ発言を防げたとしても、これまでの被害には目をつむることになり、今後も録音していない場でのセクハラ発言は続いていくことになります。セクハラ被害を告発する際に、録音して訴える以外に、一体どういう方法があるでしょうか


福田からすれば、別にその女性記者からの取材を受ける義務はないので、「セクハラを記事にする」とか「録音します」とか宣言されたら、今後その記者からは取材を受けず、セクハラをしやすい相手からの取材を受けて、セクハラを続けるだけです。記者は今後自分が取材ができなくなるというデメリットを受ける一方、福田のセクハラは野放しになるわけです。


豊田真由子の暴言暴力事件
も、隠し撮りにより判明しました。録音していることを宣言すれば、豊田真由子はその場では暴言を控えたかもしれません。しかし、それはその場を取り繕っただけで、何の解決にもなりません。


録音していない場所での豊田真由子の暴言や暴力は続くでしょう。それどころか、自分がクビにされるだけで終わるかもしれません。自分が辞めても、新しく雇われた人がまた同じ被害を受け続けるでしょう。


それを食い止めるために、隠し録りをして告発することが、非難されるべきことでしょうか。「はめた」ことになるのでしょうか。最初っから暴言や暴力やセクハラをしなければいいだけです。


(それにしても、この「コナン」と言うやつは、「優遇されて特ダネもらってたんでしょ?」なんてよくもまあ恥ずかしげもなく言えるものだ。特ダネを貰ってたという事実があるか知らないけれど、特ダネを理由にセクハラをすることを容認していることになる。逆に言えば、セクハラを受けないとネタが取れずにデメリットを被ることになる。こういう卑劣な考え方の人間のせいで、セクハラが横行しているのである)

隠し録り非難はセクハラや暴言を容認することと同じ


下村も、上で紹介した「コナン」のように被害女性を非難しているネットユーザーも、隠し録りを非難していますが、彼らはセクハラ被害を告発する際に、「隠し録りなしで告発しろ」と言うわけでしょうか? 隠し録りを非難する以上、セクハラ被害や暴言被害を告発する際にも、隠し録りなしでやれということ以外になりえませんが、そういうことなんでしょうかね?


もしも隠し録りなしで被害を告発したら、どうなるか目に見えています。

「口で言ってるだけ」

「証拠がない」

「女性の主張だけで男性を陥れる気か」

「安倍政権を陥れるためのサヨクのデマだろww」


こうなるのは明らかです。録音があっても福田はセクハラを否定し、録音があっても「女性の一方的な言い分」扱いされるぐらいです。録音なしでは泣き寝入り決定です。 ↑隠し録りを非難する癖に「女性の一方的な書面だけの言い分だけで男性は職を失い、社会的に抹殺されるのか?いやぁそれはダメだよ」と言う人。どないせいっちゅーんじゃ!

セクハラや暴言の隠し録りを非難する人たちは、結局セクハラや暴言を容認しているのと同じです。
だって、隠し録りなしでは「証拠がない」と言われて被害の訴えができないわけですから、隠し録りを非難するのは、実質的に、被害者が被害を訴えること自体を非難しているのと同じであり、セクハラや暴言をした者を野放しにすることになります。


録音ありでも加害者がセクハラを認めなかったり、ハニートラップ扱いされたり、セクハラする側を擁護する者が後を絶たないんですから、録音なしで訴えようものなら、嘘つき扱いされて余計被害に遭うだけなのは明白です。


これを「はめられた」などと言うのは隠しカメラで万引きがバレてつかまった万引き犯が、「隠し撮りなんて卑怯だ、はめられた!」「撮られてると知っていれば万引きしなかった」と言うのと全く同じです。今回のことで、福田を擁護したり、被害者を非難してりしているひとたちは、隠しカメラを非難する万引き犯と完全に同レベルです。


そして、文科大臣まで務めた自民党の重鎮の一人である下村博文も、そのレベルだということです。彼らにはそんな意識はないんでしょうが、実質的にセクハラを容認しているのと同じです。被害者の隠し録りを非難するような人間のせいで、セクハラ被害がいつまでもなくならないのです。

やっぱり反省しない下村博文


下村はこの発言が非難された後、謝罪、撤回しましたが、やっぱり何の反省もしていませんでした。


下村は謝罪において、
「『ある意味犯罪』と述べたのは表現が不適切でした。素直に撤回するとともに謝罪いたします」
Huffington Post
と述べています。


そう、彼は「表現が不適切」であったと言っているだけで、自分の発言内容がおかしいとは全く思っていないのです


事実、下村は
「オフレコの会話を隠し録音することは取材倫理違反だ」と指摘。犯罪発言に及んだ背景について「女性記者は、はなから週刊誌に提供する意図で隠し録音をしていたのではないかとの疑念が生じた」ためと釈明した(時事通信
ということなので、福田が「はめれらた」という箇所については、全く撤回も反省もしていないどころか、なおも正当性を主張しているのです


哀れですね。自民党員らしい惨めな言い訳。予想通りでした。


先に述べた通り、セクハラや暴言暴力の被害者が、はなから週刊誌に提供する意図で隠し録音をしていて、一体何の問題があるでしょうか。被害を告発する際に、他にどういう手段を取れというのでしょうか。隠し録りがダメとなると、泣き寝入りか、録音なしで被害を訴えるしかなくなります。録音なしで被害を訴えても、嘘つき扱いされて自分がさらに傷つくだけなのは明らかです。


下村は結局何にも分かっておらず、セクハラ加害者を野放しにすることに貢献しているのです。こんな男が文科大臣をやっていたのです。信じがたいことですね。

隠蔽こそが安倍政権の根幹


下村をはじめ、今回のセクハラ問題で、被害者の隠し録りを非難している人たちは、被害者にどうふるまえと言っているんですかね? 隠し録り以外で、いったいどうやって被害を告発すればいいんですかね?


店に防犯カメラを堂々と設置すれば、今後の被害は防げるかもしれませんが、これまでの被害は戻ってきません。万引き犯を捕まえるために隠しカメラを設置することがいけないことですかね? セクハラ発言を隠し録りすることを非難する人は、万引き犯を隠し撮りすることも非難するんですかね?


彼等には、隠し録りなしでどうやって被害を告発すればいいのか、是非とも意見を伺いたいものです。どうせ答えられないと思いますが。


こんな意識の下村博文が文科大臣を務めていたのが現政権です。何でもかんでも都合の悪いことはとにかく隠蔽するのが安倍政権の特徴ですが、今回の下村の発言も結局根幹は同じなのでしょう。「録音さえなければ言い逃れして隠蔽できたのに」というのが本心だと思わざるを得ません。万引き版が「隠し撮りしてるなんて卑怯だぞ!」「撮られてると知っていれば万引きしなかったのに」と言いわけするのと全く同じ。


これまでも、そして今も様々な隠蔽を続けている自民党が「膿を出す」なんて言っても何の説得力もありません。膿を出すためには、膿の元凶である現政権の退陣以外にはありえないということを強調しておきたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)