ざっくり言うと
  • 現在起きているのは与党対野党の対立ではなく、「隠蔽と虚言で国民を欺き政治を私物化する者たち」と「それを許さない者たち」の対立である。
(スポンサードリンク)

森友学園、加計学園、日報隠蔽、公文書改竄、データ捏造、セクハラ擁護などなど、次々と疑惑や不祥事が浮上する安倍政権。こんな疑惑のデパートのような政権はまさに前代未聞です。疑惑に全く向き合おうとせず逃げ続ける安倍政権と自民党に対し、野党が審議拒否を続けており、マスコミなどは「与野党の対立」と表現しておりますが、それは絶対に違うとここでしっかりと言っておきたいと思います。とりあえず、今回は加計学園のいわゆる「愛媛文書」に焦点を当ててみたいと思います。

愛媛文書が出ても逃げ続ける安倍政権の虚言体質


国家戦略特区での獣医学部新設は、安倍晋三の親友である加計学園のために行われた、加計ありきの事業だったのではないかと、疑惑発覚当初から言われ続けてきました。2015年4月2日に、愛媛県関係者、今治市関係者、そして加計学園関係者が官邸と内閣府を訪れていたことは以前から明らかになっており、そこで誰が対応し、何を話したのか、それを官邸や内閣府はずっと隠蔽し続けてきました。


官邸に至っては、なんと「訪問記録は遅滞なく破棄する取扱いをしている」という仰天の説明で、誰が加計学園関係者らに面会したのかさえ明らかにしませんでした。テロなどの警戒もしなければならないはずの鑑定が訪問記録をすぐに破棄してしまうなど信じがたいことですし、これまでも近畿理財局で「破棄した」と言っていた文書が出てくるなどしているのですから、とてもじゃありませんが安倍政権のこんな説明は全く信頼ができません。もしも本当に訪問記録を残していないのなら、それはそれで別の大問題です。


そんな風に、2015年4月2日の面会事実を隠蔽し続けてきた安倍政権ですが、今年4月に愛媛県から当時の面会の記録のメモ(備忘録)が見つかり、そこには加計学園に国家戦略特区での獣医学部申請を提案したのは内閣府であり、「岩盤規制突破」は、加計学園のために政権主導で行われていた「加計ありき」であったことが記されていました。そして、当時首相秘書官だった柳瀬唯夫が面会し、「首相案件」であったことを加計学園・今治市・愛媛県に伝えています。この段階で首相秘書官と会うこと自体が、この件が最初から首相案件で、安倍晋三の主導であった事実を表しています。

AS20170809003752_commL
↑現在疑惑の中心にいる柳瀬唯夫

その柳瀬は、「記憶の限り会っていない」などと言い逃げ続けていますが、記録と記憶ではどちらに証拠能力があるかは明らかです。

愛媛文書は十分な証拠能力を持つ


DAPPIや上念司など、この期に及んでも熱烈に安倍政権を支持する人間は、この愛媛文書を「備忘録だから」という理由で、証拠能力がないことにしようと躍起になっています。

今日もこのブログにも、「愛媛文書は伝聞で証拠能力は低い」などという書き込みがありました。

2018y05m04d_100142918

しかし、もちろん完全な間違いであり、愛媛文書は実際に内閣府や官邸と面会をした愛媛県職員が作成した一次資料です。伝聞などではありません。どうしてこの人たち、無理やり事実を捻じ曲げてまで柳瀬とか安倍とか嘘つきを庇うんですかね? 自分から詐欺師に騙されに行く人というのが信じがたいものです。


もちろん、備忘録であろうが、面会した当人が残したメモには十二分な証拠能力があります。上念司の言うような、どこで見つかったかもわからない、誰が書いたかもわからない、何のために作られたのかもわからないようなものではなく、愛媛県職員が、職務で訪れた政府との面会のことを、愛媛県の会議で報告するために作った資料です。


さらに、この文書は農水省でも見つかっており、文書の存在自体に疑いをはさむ余地はなく、後から捏造されたものなどではないことは明らかです。さらに、さらに、内閣府は文科相にこの訪問についてメールで伝えており、そこには加計学園関係者が柳瀬首相秘書官に官邸で会う予定であることも記されていました。そして、このメモに記された内容は、次々と実現しており、この文書の内容の真正性を疑う余地は全くないと言って過言ではありません。

DamEgDZU0AE3IMt
東京新聞4月13日

これでDAPPIや上念のように、「備忘録だから」「メモだから」という理由でその証拠能力を否定し、「記憶にない」と言い続ける柳瀬や、「首相案件」であることを否定し続ける安倍晋三を支持し続けることは、肉屋を支持する豚の所業と言っていいでしょう。

決定的な「今治文書」の存在:政権と地方が共謀しての隠蔽


知らない人も多いかもしれませんが、さらにもう一つ、「愛媛文書」とは別に「今治文書」というものが存在します。これは今治市が作成した「復命書」で、こちらはメモではなく完全なる公文書です。


こちらにも4月2日に内閣府や首相官邸を今治市関係者が訪れたことが記載されており、日時も愛媛文書と完全に一致します。しかし、その協議内容は完全な黒塗りになって公開されました。

2196
2194
2195

当初はこのように黒塗りで開示していた「今治文書」ですが、加計学園疑惑が高まり、首相官邸での面会を柳瀬唯夫が否定する中、今治市は文書そのものを黒塗りどころか非公開にすることを決めてしまいます。


今治市は議事録の非公開は「加計学園の獣医学部新設が審査中だから」と説明していましたが、既に審査が終了し開学した現在に至っても、今治市はこの文書を非開示にし、どの職員が官邸の誰と会ったのかさえ明らかにしようとしません。


なんと、今治市がこの情報を非開示にしている理由は、「国との協力・信頼関係が損なわれる」というもの。つまり、この今治文書の議事録が公開されると、国との協力・信頼関係が損なわれる=国のとって非常に都合が悪い、ということなわけです。


安倍晋三は「膿を出す」とか「疑惑を明らかにする」とか言っていますが、今治市の文書非開示理由が国への配慮(忖度)であるのなら、国側が「公開しても構いません」と言えばいいはずです。しかし、安倍政権は決してそれをしようとはしません。国と今治市が共謀して情報隠蔽をしているわけです。


いまだに加計学園を追及する人たちに「疑惑があるというなら証拠を出せ」と言う人がいますが、この今治文書を非開示にしている時点で、そんな反論は何の説得力もありません。今治市がこの官邸との訪問の議事録である「今治文書」を開示しても何にも出なければまだしも、議事録を隠蔽しながら「疑うなら証拠を出せ」とは恥知らずもいいところでしょう。


ちなみに、この議事録の非開示を決めた現今治市長の菅良二は安倍晋三や麻生太郎などと同じ日本会議の会員です。この辺でも今治や加計と安倍晋三との繋がりが存在しています。

この期に及んで柳瀬唯夫の証人喚問にさえ応じない隠蔽政党・自民党に民主主義国家の正当なる資格などない


「愛媛文書」の内容が真正のものであることは、他の資料と矛盾がないことや、農水省でも見つかっていること、愛媛県職員が虚偽内容を記載する理由がないことなどからもうかがえます。柳瀬唯夫は「記憶にない」などと言っていますが、それが虚偽答弁とされないための嘘であったことは疑いようもありません。


にもかかわらず、安倍は「膿を出す」だの「丁寧に説明する」だの言うくせに、自民党は柳瀬唯夫の証人喚問に応じようとしません。自民党は偽証罪が適応されない参考人招致で済ませようとし続けています。最初から隠蔽する気満々です。


自民党は「刑事事件ではない」ということを理由に証人喚問を拒否していますが、証人喚問の条件に刑事事件相当であることなどということは全く入っていません。刑事事件でないから証人喚問を拒否するなど言うことはまったく理由になっていません。


一方、森友学園の前理事長の籠池氏の証人喚問を決めた時の理由は、100万円寄付疑惑での「総理への侮辱」でした。刑事罰相当かどうかではなかったのです。

0dff3106725d1a1cbc266a397981e831

「総理への侮辱」で証人喚問を決める一方、総理に都合の悪い「首相案件」については証人喚問を徹底的に拒否し続ける安倍自民は、まさに政治を私物化している典型例だと言えましょう。


柳瀬唯夫の証人喚問にさえ応じない自民党に、民主主義国家の政党たる資格など皆無だと言わなければなりません。

言うことが変遷した安倍晋三


安倍晋三はこの国家戦略特区での獣医学部新設事業者が加計学園であったことを、当初は

「特区に申請した段階で、当局から説明をうけるわけで、当然、総理大臣として知りえた」(2016年5月9日)

「当時は国家戦略特区ではなくて構造改革特区であったわけでありますが、そこで申請されたということについては私は承知をしていたところでございますが、その後に当然、私は議長を務めておりますから、国家戦略特区に申請をすれば私の知り得るところになるということでございます」2015年6月16日

などと答えていましたが、利害関係者であるはずの加計学園理事長の加計考太郎氏と会食を繰り返し、おごったりおごられたりしていたことが公務員倫理規定に引っかかることを指摘されると、突如「事業者が加計学園だと知ったのは、申請が通った2017年1月20日だ」と答弁変更。過去の発言との整合性を問われると、

「今治市の申請は知っていたが、事業者が加計学園とは知らなかった」

知り得る立場にありましたが、しかし、数十件ある案件の一つに過ぎないわけでありまして、実際には今治市の提案について、これはまったく認識をしていなかった


という、知っちゃかめっちゃかな答弁をする有様。以前は「申請段階で知っていた」と答えたくせに、都合が悪くなったら「知れる立場にありましたが知りませんでした」などと言い出すその厚顔無恥な卑怯者ぶりには恐ろしいものを感じます。本当に哀れですね。安倍晋三らしい哀れで惨めな言い訳です。予想通りですけどね。

2018y05m04d_114210189
↑堂々と国会で虚偽答弁をする日本の総理大臣・安倍晋三

これほどまでに隠蔽と虚偽を繰り返す政権など聞いたこともありません。まさに現在の自民党・安倍政権は大本営化していると言わざるを得ません。

記憶も与党の都合次第


柳瀬唯夫元首相秘書官は、連休明けに愛媛・今治・加計との面会を認める方針だと報じられています。毎日新聞や朝日新聞の報道によれば、「政府・与党の複数の幹部が2日、柳瀬氏と学園関係者が面会したことは認めざるを得ないと判断した」とのこと。そう、柳瀬はずっと「記憶に基づく限り会っていない」と言い続けていたのに、今度は政府与党の都合で面会を認めることになったというのです。


自民党という組織は、記憶の有無までも自分たちの都合で決めるのです。自民党は真実を明らかにするつもりなど欠片ほどもありません。
彼らの脳内にあるのは、自分たちに都合がいいか悪いか。ただそれだけです。まさに政治の私物化そのものでしょう。

アウトを認めないわがままな子供の野球


柳瀬に加計学園関係者らとの面会を認めさせたあとも、自民党は詭弁を用いて、虚偽答弁を認めようとはしないでしょう。本来ならば、記録文書があれば決定的な証拠となるはずなのですが、安倍晋三はこの愛媛文書を突き付けられて「嘘つき」と非難されても、「私を嘘つきと呼ぶなら証拠を出せ」と言う男です。つまり、この男の脳内では、愛媛文書は証拠じゃないというわけです。

abebaka
↑愛媛文書という証拠を突き付けられているのに、「私を嘘つきと言うのなら証拠を出せ」と言う安倍晋三。証拠を証拠として認めず逃げようとする、下劣な最低の絵にかいたような卑怯者の大嘘つき。

自分は面会記録も出さず、今治市の今治文書の開示要求もせず、「記憶にない」と言って逃げたり、矛盾を突かれれば以前の答弁を修正して逃げたりして、加計学園に決まる過程の議事録さえ残しておらず、加計学園の認定プロセスの正当性を示すだけの証拠を何一つ示せていないくせに、愛媛文書のような反論する証拠が出てきても、証拠として認めずに逃げる。厚労省のデータ捏造にも現れていますが、この男には事実や真実など全くどうでもよく、すべては都合がいいか悪いかだけなのです。


この男は厚顔無恥にも、「柳瀬唯夫元首相秘書官にはさまざまな指摘に対し、知っている事を全て明らかにしてもらいたい」などと言っています。つまり、この男は「柳瀬が首相案件と言ったとしても、それは彼が勝手に言ったことだ。私は言ってない」と予防線を張っているわけです。


仮に今治文書が明らかになって、そこに詳細が書かれていても、安倍晋三は「柳瀬秘書官が勝手に言ったこと」とか「今治市が勝手に作ったもの」などと逃げて、それでよいと思っているのでしょう。首相秘書官が首相も知らないまま官邸で地方行政の役人と会うなど、常識では全く考えられません。しかし、安倍晋三は、どんな証拠が出ようと、決して最後まで自分の嘘を認めようとはしないでしょう。こんな嘘つき相手に議論ができないというのは当然のことです。


もしも裁判であれば、文書がある愛媛県の圧勝で、安倍晋三や柳瀬唯夫の証言は虚偽とみなされるだろうことは明らかですが、残念ながら、国会には裁判官はいません。言ってみれば、これは明らかにタッチアウトなのに、「触られていない!セーフだ!」とわがままを言う子供と同じです。


審判もなく、ビデオ判定もない子供の野球で、明らかにタッチされてアウトなのに、触られていないと嘘をつき、駄々をこねている状態です。もしもここでアウトになったはずの攻撃側のチームのほうが、例えば圧倒的多人数であるなどで、力関係で守備側のチームよりも上だったらどうなるでしょう。明らかにアウトでも、守備側のチームはしぶしぶセーフということにして試合再開になるのではないでしょうか。安倍晋三が狙っているのはこれです。

69780_sample

国会には審判はおらず、唯一あるのが選挙です。たとえ自分が「触られてない!アウトじゃない!」と駄々をこねるやつと同じチームだとしても、野球というゲームを成り立たせるためには、自分たちのチームに有利になるからという理由で、そのようなわがままを認めてはいけません。


たとえあなたが政策や思想的に安倍晋三と近かったとしても、審判がいないことをいいことに、明らかなアウトをセーフと言い張るやつを許してはいけません。日本の民主主義というゲームを成り立たせるためには、アウトをセーフと言い張る、ゲームの根本を破壊するプレイヤーには退場してもらうしかありません。改憲だろうがなんだろうが、それはルールを守ってプレイできる選手に託すべきで、たとえ思想的に近かろうと、ゲームを破壊する安倍晋三には、はっきりとNOを突き付けることは、民主主義国家の国民である我々の義務です。

これは政治の私物化との戦いである


森友学園にしても、加計学園にしても、日報隠蔽にしても、すべての根幹にあるのは「政治の私物化」です。


自分たちに都合の悪い情報は隠し、たとえ明るみに出ても虚偽を繰り返して逃げようとする。つい先日は、イラクや南スーダンの日報にあった「戦闘」という言葉について、「法的な意味の戦闘行為ではない」などと言って逃げました。「国語辞典的な意味での戦闘」について、自衛隊法などで「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為」と定義する「戦闘行為」とは異なるなどと言っていますが、イラクでも南スーダンでも、人が殺傷され物が破壊されているのに、それでも戦闘行為ではないのならば、一体何が戦闘行為なのでしょうか。言葉や事実までも、自分たちに都合のいいように捻じ曲げます。


集団的自衛権にしても、70年間違憲とされてきたものをいきなり合憲だと言い出しました。憲法は国権の私物化を防ぐために必要なものですが、その憲法を自分たちの判断で「今日から合憲」「今日から意見」などと変えてしまっては、憲法の意味がなくなってしまいます。これも安倍政権の根底にある「国権の私物化」という性質の表れでしょう。

4ad1b80d31d016b05ba7c2ede5337e0e

そして今、愛媛県の文書が明らかになり、1年前から言い続けてきた「加計ありき」疑惑が事実であったことがいよいよ明白になってきているときに、この期に及んでも柳瀬唯夫の証人喚問にさえ自民党は応じようとしません。


現在の政治状況を、「与党対野党」ととらえるのは間違っています。


現在起きていることは、隠蔽と虚言を繰り返して国民を欺き政治を私物化する者たちと、それを許さない者たちの対立です。ここのところを間違えてはいけません。


これ以上、現在の虚言隠蔽捏造政権に国権の私物化を許してはなりません。今行われていることを「倒閣運動」とか「反安倍」とかに矮小化してはいけません。これは日本の民主主義を守る戦いです。ここの政策に賛成とか反対とかそんなレベルではなく、右翼も左翼も保守も革新もリベラルも何にもなく、民主主義に価値を置く、民主国家の国民である以上、現政権の虚偽と隠蔽による国権私物化を今すぐにでも終わらせなければなりません。


保守だとかリベラルだとか改憲だとか護憲だとかの対立は、全ては政治を私物化する現在の虚言隠蔽捏造政権を終わらせた後の話です。虚言と隠蔽と捏造に塗り固められた現政権では、いかなる議論も信頼に値せず、全くの無意味です。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)