ざっくり言うと
  • 6月18日朝、地震発生。野党は国会の延期を提案したが、自民党は予定通り開くことを決定。予定通り開かれたため、予定通り質問した野党に対し、「地震よりもモリカケが大事か」と非難するアホが大量発生。予定通り開くと決めた自民に言え。
(スポンサードリンク)

本日6月18日、近畿地方で大きな地震が発生しました。私にはわずかな額の募金程度しかできませんが、被災した方々の無事と、一日も早い復旧をお祈りします。


さて、この大地震の為、野党は本日の国会を延期することを提案しましたが、自民党は予定通り開会することを決めました。
予定通り開会されたので、予定通り質問した野党に対し、「今は地震だろ」というアホが大量発生。
予定通り開いたから予定通り質問してるわけで、「地震が起きてもモリカケが重要か」ってのは自民党に言わないといけませんね。


著述家の菅野完は、これを予想していました。(なお、菅野完の言っている「流す」とは、「テレビで放送する」の意味ではなく「国会を延期する」の意味)
まさに菅野完の予想通り、森友とかで追求してくる野党を「地震の最中に!!!不謹慎な!」と言うやつらが大量発生しましたね。ここまで予想通りなのもすごい。


中には「質問通告ぐらいしてほしい」と言いながら、大阪の地震の質問をしろと言う、とんでもないアホも。今朝起きた起きた地震の質問通告しろっちゅーんか?

「大阪のことなどなんとも思っていない」という批判は、予定通り国会を開くと決めた自民党に言ってもらいたい。こういう予想通りのアホに騙されないようにしたいものです。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)