<ざっくり言うと>
  • 八幡和郎、大坂なおみの優勝について、「日本人もアメリカ人もハイチ人も生粋の自国人に比べて何十パーセントかずつ喜ぶのが正しい」と意味不明なことを言い出す。
  • 八幡和郎、出身地や居住地などについて、自分の勝手な考えを「正しい」だと言い出す。
  • 八幡和郎は、自分対した根拠のない考えを客観的にも「正しい」と思い込み、「日本人はこうあるのが正しい」「帰化人はこうあるのが正しい」などという考えを他人に押し付けてくる自意識過剰タイプの人間である。
  • 「正しくあろう」と努力することは大事だが、自分で自分のことを「私は正しい」などと言う奴にろくな奴はいない。
  • 自分で自分の論を「冷静公平」「正しい」と言い切ってしまう八幡和郎は、「知の自己刷新」ができない「反知性主義者」そのものである。

(スポンサードリンク)

さて、前回「全米オープン優勝は五輪金メダル10個分ぐらいの価値がある」「これに勝るのは、サッカーのワールドカップと五輪の100メートル走くらいだ」と、勝手な価値観を恥ずかしげもなく言い出した八幡和郎


選手は八幡和郎のために努力をしているんじゃないのに、部外者の八幡和郎が勝手に「こっちの金メダルのほうがあっちの金メダルよりも値打ちがある」などと値踏みをするという、恐るべき傲慢さを披露してくれました。


自分勝手な価値観で他人の努力に値打ちをつける傲慢の権化、八幡和郎は、この後の発言も傲慢と意味不明のオンパレードです。(というか、八幡和郎の発言が傲慢かつ意味不明でなかったことなど一度も見たことがない)


そもそも、八幡和郎のコラムのタイトルは「大坂なおみは日本人かについての冷静公平な分析」です。自分で「冷静公平な分析」なんて言ってる時点でまともな人間の感じは一切しませんが、そもそも「大坂なおみは日本人か」なんて言うことを言う時点で、八幡和郎の傲慢ぶり、自己中ぶりがうかがえますね。「お前が決めるな!」と思う。

ところで、この大坂選手の快挙を日本人としてどのくらい喜ぶべきか、さまざまな議論がある。ひとつの極論は、「ハーフだし、日本語もつたないし、二重国籍だしぴんとこない」というものであり、逆の極論は、「日本人の血を引いているのだし、日本生まれだし、日本国籍をもっているのだから、いわゆる生粋の日本人と同じように喜んで上げないのは人種差別だし心が狭い」というものだ。

微妙な問題だが、両方ともまぬけた議論だ。論理的に考えれば、そういうのは、片や恥ずべき感情論であり、片や非論理的な政治的ポジショントークだ。

彼女は、生粋の日本人(ほかにいい表現があればいいが、思いつかないので使っておく。つまり、少なくとも幕末の開国時点に日本に住んでいたという意味での日本民族の血だけを引き、日本国籍だけをもち、日本で生まれ、日本で育ち教育を受け、自身も日本人のアイデンティティをもっているとか言う条件を備えた人とでもしておこう)とどう違うかは、ひとつずつの点について分析していけば正しい回答があるからだ。

何じゃ? 「日本人としてどのくらい喜ぶべきか」って??


ハーフや、外国出身で日本国籍を取得したりした選手に対して、どの程度感情移入をして応援できるかは、人によって意見が異なるでしょうが、「どのぐらい喜ぶべきか」なんて議論やってるやついるんですかね? 八幡の脳内では「このくらい喜ぶのが正しい」とかいうのがあるんですかね?


そもそもテニスやスポーツに興味がない人は、日本人が優勝しようが別に喜びもしないかもしれないし、日本人でも相手のセリーナ・ウィリアムズ選手のファンだったからがっかりしている人もいるかもしれないし、日本人の優勝に我がことのように大喜びする人もいれば、感心するだけの人もいるでしょうに、「このぐらい喜ぶのが正しい」とかいうのがあるんですかね?


驚いたことに、あるみたいなんですね~。「生粋の日本人」の時はこのぐらい喜ぶが、ハーフの場合はこれぐらい喜ぶ、なんていうのに、「正しい回答」があるって言うんですね~、八幡和郎は。


八幡和郎は、大坂選手について、テニス選手としての所属国とか、国籍とか、親の出身地とかを上げます。
言葉は英語が主体だが、日本語もそこそこ話せる。父親が日本に10年以上住んでいたので同様の経歴のハーフより日本語が上手だとか日本文化に馴染んでいるとか日本人っぽいところがあるのはそのせいだろう。本人が自分のアイデンティティをどのように持っているのかは、材料に乏しい。ただ、蓮舫のように日本に敵対的な感情をもっているようなことはなさそうだ。
さりげなく蓮舫を「日本に敵対的な感情を持っている」なんて中傷しているあたりが、さすがに八幡和郎ですね。サッカーと憲法9条を結び付けるような男ですから、これぐらいは朝飯前でしょう。


それにしても、八幡の言う「日本に敵対的な感情を持っている」ってのは何を意味しているんでしょうね。八幡の考える「日本」って何なんでしょう? 多分、八幡の脳内だと、自分の考える「愛国的な行為」をしないやつは「日本に敵対的な感情を持っている」んでしょうね。『『反安倍』という病 – 拝啓、アベノセイダーズの皆様 – 』なんて頭の悪そうなタイトルの本を出している奴なので、「反安倍」だと「日本に敵対的な感情を持っている」とみなされてしまうのかもしれません。私から見たら、日本国憲法を「みっともない憲法」と誹謗する安倍晋三のほうが、よっぽど「日本に敵対的な感情を持っている」と言えると思うんですけどね。


さて、さりげなく蓮舫を中傷した後、八幡はこう続けます。
このようなわけだから、彼女は日本人、アメリカ人、ハイチ人から同胞とみなされる要素をもっている。
ここはわかります。しかし、その後がわけがわかりません。
しかし、だからといって、完全な日本人、アメリカ人、ハイチ人として三か国の国民からみなされるべきだというのはおかしい。一人一人の人間は、同等の価値を持つ。ならば、三人分の権利も義務もないのであって、合計1人分であるべきで、それぞれ、何十パーセントずつ権利を持ち義務を果たすのが論理的だ。

だから、日本人もアメリカ人もハイチ人も生粋の自国人に比べて何十パーセントかずつ喜ぶのが正しい
何言ってんだ、このバカ??


彼女が何パーセントアメリカ人で何パーセントハイチ人かなんてこと知るべくもありませんが(どうやって測るんだ?)、仮に彼女が30%アメリカ人で10%ハイチ人だったら、彼女の全米優勝は、ハーフじゃない日本人が優勝した時の60%分ぐらい喜ぶのが正しいって言うんですかね? 彼女の優勝を100%喜んだら「正しくない」んですかね??


もうわけがわかりません。八幡和郎が勝手に60%の喜びに抑えるなら知ったこっちゃありませんが、それが「正しい」とか何を言ってんですかね、この自分勝手な男は。こんな「正しさ」初めて聞きました。


「生粋の自国人に比べて何十パーセントかずつ喜ぶのが正しい」となると、当然応援の時も、「生粋の自国人に比べて何十パーセントかずつ応援するのが正しい」となるはずです。たとえば、ブラジル生まれブラジル育ちで日本に帰化してサッカー日本代表になったラモス瑠偉の応援では、他の日本生まれ日本育ちの選手に比べて、何十パーセントか抑えた応援にするのが正しいってことですかね? それ、同じように日本代表選手として一生懸命頑張っている人に対して、非常に失礼だと思うんですが。


それに、合計100%になるようにするなら、子供が何かを成し遂げた場合、シングルマザーやシングルファーザーの場合は100%喜んで、両親がいる場合は50%ずつ喜ぶんですかね? 関わったスタッフが多いとその分一人当たりの喜ぶ量は減るんですかね? みんな100%喜んじゃいかんのですかね?


八幡和郎の言うことがまともだったことはありませんが、今回は輪をかけてひどいですね。これが「冷静公平」で「正しい」分析だとか言うんだから、本当に常軌を逸しています。


なんかこの後も、出身地がどうとか、過ごした場所がどうとか、特に根拠のない自分の勝手な考えを「正しい」考えとしてぶちかまします。


伊達公子が京都生まれで滋賀県の中学、兵庫県の高校に行き、プロになってからは滋賀の大津に住所を持ってたらしいですが、「京都市民や大津市民が(伊達公子を)生粋の地元民として意識することはなかった~」とか言いだします。何を根拠に言っているんですかね? 私なんかは、伊達公子が活躍したら、京都市民も大津市民もみんな喜べばいいだけじゃないかと思うんですが。


そして、話は二重国籍の法的な話に及びます。二重国籍の法的な地位については色々意見はあるでしょうが、最後にこんなことを言います。
韓国で限定的に二重国籍を認めるようになったのが、新自由主義の権化であった李明博政権だったことは偶然でない。もし、自分がリベラルだとか、左派だとか言うなら、二重国籍に賛成することは論理矛盾である。
まーた根拠のない勝手なことを…。


「リベラル」とか「左派」とかは、「新自由主義」の言うことには何でもかんでも反対しないといけないんですかね? そもそも二重国籍容認が新自由主義ってのはどういう根拠があって言ってることなんですかね? 八幡和郎の脳内では、二重国籍を認めている国って、みんな新自由主義だったの? アメリカとかデンマークとかは、二重国籍であっても被選挙権まであるんだけど、どっちも新自由主義国なの? アメリカとデンマークなんて、政策的にかなり両極端の国だと思うけど。それに、二重国籍が「新自由主義」のものなら、「新自由主義の権化」の李明博政権は二重国籍を「限定的に」認めるんじゃなくて、欧米並みに二重国籍を容認するはずじゃないの?


八幡和郎は「『反安倍』という病」とかいう本を書いていますが、八幡こそ「『反新自由主義』という病」か「『反リベラル』という病」にかかっていると思わざるを得ません。


当然、この八幡和郎の記事には、数多くの批判が寄せられています。

つまるところ、今回の八幡の書いた記事のタイトルからもわかりますが、八幡和郎って男は、自分勝手な「正しさ」を他人に押し付けてくる奴なんです。


だから「全米オープン優勝は五輪金メダル10個分ぐらいの値打ちがある」とか、「これに勝るのはサッカーW杯優勝と陸上100メートルぐらい」とか、自分勝手な価値観を「正しい」こととして他人に押し付けてくる。ラグビーだろうが陸上だろうが水泳だろうが相撲だろうが野球だろうがサッカーだろうがテニスだろうが、努力するのは同じだろうに、何の関係もない八幡和郎が「こっちの金メダルの値打ちがある」とか勝手なことを言い出す。


それで、自分の考える「正しい」日本人の在り方を実践しないと「日本に敵対的な感情を持っている」とか言い出すし、「リベラルならこうあるべきだ」とか勝手な思いがあるから「リベラルが二重国籍を容認するのは自己矛盾だ」とか勝手なリベラル像を押し付けてくる。「帰化人はこうあるのが正しい」という自分の勝手な思い込みに従って、踏み絵のようなことを帰化人に押し付けていたこともありました。


何なんだ、この自己中野郎は? 自分の価値観が世界の中心の「正しい」価値観とでも思ってるんですかね? 水泳の100メートルの金メダルよりも陸上の100メートルの金メダルのほうが値打ちがあるとか、相撲より野球のほうがメジャーだから値打ちがあるとか、そんなのあるか、ボケ! 何の根拠もない自分の勝手な価値観を押し付けてくる八幡和郎の精神には反吐が出ます。


八幡和郎自身が、「これが正しい」「日本人はこうあるべきだ」とか考えて自分でそれを実践するのは何の問題もないんですが、それを客観的に「正しい」ことだと勘違いして他人に押し付けてくるからたまったもんじゃありませんね。


今回も含めて、八幡和郎の発言にまともな根拠があったことを見たことがありません。今回の「大坂なおみの優勝は、生粋の日本人の何十パーセントか分喜ぶのが正しい」とか、これほど意味不明な発言を堂々と言える神経がすごい。それで本人は「冷静公平」な「正しい」見方だと信じているんだから、つける薬がない。


正論を言おう、正しくあろう、と努力することはいいことですが、自分で自分のことを「私は正論を述べます」とか言う奴にろくな奴はいません。


↓実例この人物は以前も取り上げましたが、不快だから韓国語や中国語の併記を止めろ」とか「カップ麺危険説は左翼の陰謀だ」とか意味不明なことを言う奴でした。
2018y09m16d_102214774

以前「反知性主義とは何か」という論説を紹介したことがあります。そこでは

「無知とは知識の欠如ではなく、知識に飽和されているせいで未知のものを受け入れることができなくなった状態を言う」

「(知性的な人は)自分の知的な枠組みそのものそそのつど作り変えている」

「知性とはそういう知の自己刷新のことを言う」

「『貴方が同意しようとしまいと、私の語ることの真理性はいささかも揺るがない』というのが反知性主義者の基本的なマナーである」

と書かれていました。


自分が「正しくあろう」と努力をする人は、知の自己刷新が可能ですが、「自分は正しい」「自分は正論を言う」と思ってしまった人間は、知の自己刷新ができません。なぜなら、もう自分の言ってることは「正しい」「正論」なのですから、刷新する必要がありませんからね。


つまり、自分自身で自分のことを「冷静公平な分析」とか「正しい」とか「正論」とか言う奴は、まさに反知性人間そのものだってことです。(『正論』とか雑誌のタイトルにつけたり、新聞のコラムのタイトルにつけたりしているのも同じですね) 八幡和郎のコラムのあまりのバカさ加減は、「こういう人間が『反知性』なんだな」という良い例になるように思います。


ちなみに、八幡がこの記事を書いたのは9月12日。直後の9月13日に記者会見で、「アイデンティティーをどう受け止めているか」と質問された大坂なおみ選手本人は「深く考えることはありません。私は私としか思っていない。育てられた通りになっています」と答えています。ホント、八幡みたいに「大坂なおみは日本人かどうか」「分析」する時点で傲慢にもほどがある。何様のつもりだ、八幡和郎。


八幡和郎のように、自分の勝手な「日本人はこうあるべき」みたいな考え方を「正しい」こととして他人に押し付けてくる反知性主義者は、絶対に信頼できませんね。これでも八幡和郎は大学教授なんですが、大学で何を教えてるんですかね、この人? コラムを見ると、根拠のない自分の勝手な思い込みを「正しい」こととして他人に押し付けるしか能がないようにしか見えないんですが。


八幡和郎は自分のことを「冷静公平」とか言っていますが、まずは客観性を身に着けることが大事ではないでしょうか。少なくとも大阪なおみの優勝を、「生粋の自国人に比べて何十パーセントかずつ喜ぶのが正しい」とか言ってしまうようでは、とてもまともに大学教授をできる知能があるとは思えません。


予断ですが、八幡和郎は同じ『アゴラ』の中で、池田信夫から「意味不明」と糾弾されたことがあります。八幡和郎の発言が意味不明でなかったことを見たことがないのですが、『アゴラ』は何を考えてこんなバカな発言を載せているんですかね? わざわざ自らサイトを貶めるようなことしなくてもいいのに。

==おまけ==

八幡和郎は、今回の大坂選手の試合を、以下のような方法で楽しんだらしいです。
全米オープンでの大坂なおみの優勝はまことに目出度い。早朝、5時前に息子から電話がかかってきて、「大坂が優勝しそうだけど、WOWOWを契約してないので見られない。スマホをテレビの前に置いてLINEのテレビ電話で転送して」というので、そうしたら、画面音声明瞭だったようで、家族でこの快挙を楽しめた。技術進歩はありがたいことだ.
ところが、これ、規約違反です。
第5章 禁止事項等
第12条 (禁止事項)
加入者は、次に掲げる行為を行ってはなりません。
一 受信装置の改造及び改ざん並びに受信機によらない衛星デジタル有料放送サービスの視聴
二 衛星デジタル有料放送サービスに係る著作権その他の知的財産権、その他当社の権利を侵害し、又は利益を損なう行為
三 衛星デジタル有料放送サービスを用いた法令に違反する行為
四 加入者が、有料放送契約の申込みの際、契約締結に必要な事項として当社が求めた事項の全部又は一部について、真実とは異なることを告げること
加入者が前項に違反して当社又は当社の代理人に損害を与えた場合においては、当社又は当社の代理人は、加入者に対し損害の賠償を請求することがあります。

WOWOWの規約より抜粋
八幡和郎は、まず自分のやってることが著作権的にまずいことであるという程度の常識を持ったらどうですかね?

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)