<ざっくり言うと>
  • 自称ジャーナリストの石井孝明、名誉毀損裁判で敗訴。
  • 相手を「スリーパーセル」と呼んだことを「冗談」と言い訳。クラスメートを「バイキン」「エンガチョ」と呼んで問題になったら「冗談だった」と言い訳をする小学生のいじめっ子と同じ。
  • 石井孝明、「裁判所が原告の沖縄での言動の評価をしなかった。どこの国の裁判所なのか」と憤るが、逆に一般常識のなさを晒す。
  • 流石にどんなネトウヨでもこの男はもう見限るべき。
(スポンサードリンク)

本当は「ローラの辺野古移設中止署名呼びかけは内政干渉」という石井孝明のあまりにもバカバカしい妄言に続き、署名運動に対する石井孝明のトンデモ発言について書くつもりだったのですが、タイムリーに石井孝明敗訴のニュースがありましたので、そちらを記事にします。


石井孝明は、ジャーナリストと自称していますが、その実態は無知なデマゴーグ兼テロリストで、政府に逆らうものを武力で弾圧することを希望している紛うことなきファシストです。なんでこんな一般人レベルの教養さえない無知な男のツイッターに何万人ものフォロワーがいるのか理解に苦しみますが、その石井孝明は、以前も香山リカ氏に対し、「精神疾患」とか「外国政府から資金が提供されている」とか「暴力団や極左暴力集団と繋がっている」とかデマを流し、名誉毀損で訴えられていました。その際には、石井孝明がデマを認め謝罪することで和解成立となりました。


今回、石井孝明は、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉氏に対し、「工作員」だの「スリーパーセル」だのの誹謗中傷を繰り返し、またも名誉毀損で訴えられていました。訴えられた際、石井は「スリーパーセルの言及は一種の冗談などと言い訳していました。ならばなおのこと、石井孝明という奴は、冗談で人の名誉を平気で踏みにじる本当に卑劣で卑怯で最低の男だと言わざるを得ません。


いじめにおいて、いじめた側はよく「冗談だった」と言い訳をします。「バイキン」とか「エンガチョ」とか「〇〇菌が伝染る」(〇〇にはいじめている相手の名前が入る。e.g.「山田菌」「田中菌」など)とか言っていじめて、学校で問題になったら、決まって出てくる言い訳が「冗談だった」です。


つまり、石井孝明の言い訳は小学生のいじめっ子と全然変わらないのです。石井孝明をフォローしている数万人の人に言いますが、こんな小学生のいじめっ子レベルの言い訳をする奴に加担するって恥ずかしいですからすぐにやめた方がいいですよ。

4adddf77
(↑藤子F不二雄『エスパー真美』から。人を傷つけて、問題になったら「冗談だった」などというのは小学生のいじめっ子と変わらない)

さて、そんな石井孝明、大方の予想通り、辛氏との名誉毀損裁判に敗訴しました。ま、当然の結果といえましょう。

2018y12m26d_193356355

彼によれば、「想定の中で一番悪い状態の判決」だったらしいんですが、どんなのを想定していたんでしょうね。 ↑ちなみに「上告も含めて検討」と言っているが、正しくは「控訴」です。ジャーナリストを自称しておきながら、そんな基本を間違えるなよ…。


まあ、名誉毀損裁判で負けただけなら、「やっぱりね」で終わるところなんですが、この男、判決内容に対し、意味が分からない発言をしていました。
>>辛が沖縄で独立や、暴力を煽ったことの評価を、裁判所はしていません。
>>なんだこれはと思います。
>>どこの国の裁判所なのか


何わけのわからんこと言ってんだ、お前??

やっぱり石井孝明という男は、一般常識が身についていないとしか思えません。少なくともジャーナリストを名乗るに値する知識や判断力があるとは思えない。


辛氏が代表を務めるのりこえねっとは、沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対デモなどを行っていたのですが、どうやら石井は、辛氏のこのような活動に対し、裁判所が判断・評価をしてくれると思っていたみたいなのです。


いくら何でもこの男、常識がなさすぎる。言うまでもなく、裁判所は、訴えられていること以外の判断はしません。今回の裁判は石井孝明の言動が辛淑玉氏の名誉毀損に当たるかどうかを争うものであり、辛氏の沖縄での活動に対して評価をするわけがないのです。


「どこの国の裁判所なのか」とか言っていますが、ここで裁判所が辛氏の沖縄での活動に対する評価をしたとしたら、それこそどこの国の裁判所なのか…。日本の裁判所は石井が求めるようなわけのわからんことしません。


辛氏の沖縄での活動に対して裁判所の評価が欲しいのなら、それは改めて別の裁判を起こさねばなりません。こんなことは当たり前のことなのですが、石井孝明はどうやらそんな常識も持ち合わせていないくせに、ジャーナリストを自称しているのです。


石井孝明という男は、名誉毀損で訴えられたら「冗談だった」と小学生のいじめっ子のような言い訳をし、「ローラが沖縄の署名活動を呼びかけるのは内政干渉」と言ったり、裁判所が訴訟内容以外のことまで判断・評価してくれると思っていたりするほど常識に欠けている男であり、実際に名誉毀損裁判で敗訴するような男です。


石井孝明自身は、敗訴しようがどうなろうがこのまま変わらないんでしょうが、9万を超える石井のフォロワーの人は、流石にこの男は見限った方がいいですよ。

==追記==

最初、石井孝明がどうして「どこの国の裁判所なのか」なんて言ってるのかよく理解できなかったんです。というのも、どこの国の裁判所だって、訴えられていないことまで評価したりはしないはずですので。


じっくり考えたら、ようやく合点がいきました。つまりこの人、「日本の裁判所のくせに朝鮮人の味方をしやがって!」って怒ってるんですね。


このCatNaの発言なんかわかりやすいですが、辛氏を「沖縄独立を煽る反日活動家」としていますね。

これは東京MXの『ニュース女子』がデマだらけの沖縄ヘイトをまき散らしたときに、CatNaというネトウヨが、「メディアの権力を監視する」とか偉そうなことを言いながら、自分に都合のいい『ニュース女子』のデマ報道は擁護するという姿勢を鮮明にしたツイートです。結局この手のネトウヨの考える「公平な報道」とか「偏向していない報道」とかいうのは、「自分に都合のいい報道」でしかなく、自分に都合がよければどんなデマ報道でも歓迎してするわけですね。


ま、CatNAのことはともかく、石井孝明も同様に辛氏の活動を「反日活動」とみなしているがために、「反日を糾弾しないとは、どこの国の裁判所なのか!」と憤っていたということなのでしょう。「日本の裁判所なら、反日をちゃんと糾弾しろ」と言いたいのだと思われます。


それこそ「どこの国の裁判所だ!」と思いますね。石井が辛氏の活動を反日とみなそうが知ったこっちゃないですが、そもそも裁判で争われてもいないことの評価を裁判所が下すわけがないし、言論の自由がある以上、沖縄独立だろうが沖縄弾圧だろうが、言ってるだけなら法的に何の問題もないわけです。


にもかかわらず、石井孝明という男は、「日本の裁判所なら、朝鮮人の反日活動をちゃんと糾弾しろ」と主張しているわけです。ホント、どこの国の裁判所だ、と思いますね。差別意識丸出しだし、国家に逆らうものを裁判所が糾弾する。中国か北朝鮮みたいなことを考えますね、この男は。


今回の判決が「想定の中で一番悪い状態の判決」だと言うのも、裁判所が辛氏の活動について全く評価(糾弾)しなかったからなんでしょうね。そもそもそんなことを想定している時点で常識が無さすぎる。


この石井孝明という男は、国会前のデモを天安門事件のように弾圧することを願うツイートをしたことがあります。
2018y12m20d_014350894

こいつは自分が「反日」とみなした活動に対しては、国家権力を使って弾圧すべきだと考えているし、裁判所は「反日活動」を糾弾すべきだと考えているわけです。


前々から言っていますが、この手の愛国カルトの理想郷は中国や北朝鮮だとしか思えませんね。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)