<ざっくり言うと>
  • 長尾たかし、「日本人が常軌を逸した韓国に行ったら、韓国人に何をされるかわからない」と言っておきながら、批判されたら「韓国が危険だなんて言ってない」「レーダー照射をするような国は何をするかわからないという意味だ」と言って、主語をすり替えて恥知らずな言い訳をする。
  • 議論の中心をレーダー照射から国民の倫理観・道徳観に自らすり替えておきながら、一般韓国民に対する中傷を非難されたら、「議論の中心はレーダー照射だ。ヘイトだという批判は論点のすり替えだ」と言って誤魔化す。
  • こんな政治家いらない。
(スポンサードリンク)

先日も紹介しました自民党・長尾たかしのこの発言。
レーダー照射問題で韓国政府を批判するのは別に止めませんが、あたかも韓国人が日本人旅行客を襲撃するかのようなな発言は、偏見丸出しのヘイト以外の何物でもありません。「イスラム教徒はキリスト教徒を襲うぞ」と言うのと同レベルの偏見に満ちたヘイトスピーチです。


これ一つだけで、議員にふさわしくない男だと断言していいですが、やっぱり長尾敬はその後の言い訳も卑怯も極みでした。
自分への批判に対し、それは「歪曲」であり、「ただ韓国内が危険だと言っているかのような」ことは言っていないと弁明する長尾たかし。


もしもこの発言を本気で言っているのだとしたら、こいつは自分の発言さえも歪曲し、自分の発言さえ理解できない知能の持ち主と言わざるを得ませんし、わざと言っているのなら最低の卑怯者ですね。政治家はよく「誤解を与えた」なんて言い訳をしますが、誰も誤解なんかしてないと思うんですけどね。


もちろん、長尾たかしは「ただ韓国内が危険だ」などと言っていません。実際は、それよりもはるかに酷く、韓国の国民が、日本人だというだけで旅行客を襲撃するような常軌を逸した倫理・道徳の通用しない連中だ、と言っているわけです。


長尾は韓国政府への批判を飛び越えて一般の韓国民に憎悪を向けました。それにもかかわらず、「自衛官の命が危険に晒された事実があり、今後何をされるかわからない、という意味ですので、念の為」などと、あたかも国家レベル・外交レベルの話しかしていないかのように誤魔化しています。素手やっているのなら頭がおかしいし、わざとやっているのならどうしようもない最低の卑怯者です。


韓国政府の対応について「今後何をされるかわからない」というのと、一般の日本人が韓国旅行で韓国人から「今後何をされるかわからない」というのとは、全く別の話です。長尾は卑怯にも「何をするかわからない」の主語を誤魔化して弁明しているのです。主義を省く日本語の特徴を利用して誤魔化す、政治家にありがちな卑怯な手法です。いつからこんなに日本の政治家は卑怯になったんでしょう。やはりトップのやってることを学んでいるんでしょうかね。


さらに、長尾は卑怯にも「レーダー照射で自衛官の命が危険にさらされた」のが「議論の中心」であり、そこを中心としていない自分への批判を「論点すり替え」だと反論します。

これはまさに典型的ネトウヨ脳だと言っていいでしょう。


長尾のやっていることこそ、まさに論点のすり替えなのですが、それに気が付いていないのなら本当に頭がおかしいと言わないといけないレベルのバカだし、わざと誤魔化しているのなら最低の卑怯者です。


韓国がレーダー照射をした。そのことで政府や韓国軍を批判するのならいいでしょう。


しかし、長尾はそこを飛び越え、韓国の一般の国民に対して憎悪を向け、あたかも彼らが日本人を無差別に襲撃するかのような倫理・道徳の通じない人間であるかのように述べたのです。繰り返し述べている通り、これはレーダー照射とは別問題です。


「レーダー照射で自衛官の命が危険にさらされた」という軍事・外交問題を議論の中心から外して、一般の韓国民の倫理に話題をズラしたのは他ならぬ長尾自身なのですが、長尾は頭が悪すぎて自分でそのことに気が付いていないみたいです。なんで人間ここまで頭が悪くなれるんですかね? どうしてこんなにも頭の悪い人間が国民の代表面してるんですかね? 長尾よりも賢い小学生ぐらいいくらでもいると思うのですが。


ネトウヨの脳味噌というのは不思議なもので、問題を分けて考えることができません。味噌もくそも一緒にするという不思議な特徴があります。


例えば、このブログでは何度か外国人生活保護に関するデマを取り上げてきました。「『在日朝鮮人に2兆3000億円も生活保護費が使われている』というのはデマ」とか「『外国人生活保護に違憲判決が出た』はデマ」とか。そういう記事で決まって現れるのが、「そもそも外国人に生活保護を払うのがおかしい」という反論。

↓こういうの
2019y01m15d_222732845

「外国人への生活保護のあり方」と「外国人生活保護に関するデマ」は全く別問題なのですが、どういうわけかネトウヨさんたちは、この2つを分けて考えることができません。生活保護に関するデマを批判しているのに、「そもそも外国人に生活保護を与えるのがおかしい」などと言われても、何の反論にもなっていません。外国人への生活保護が正当であれ不当であれ、デマが正当化されることは決してないのですから。


今回のレーダー照射問題も同様です。レーダー照射でいくら韓国が悪いとしても、一般の韓国人へ憎悪を向けた長尾の発言が正当化されることは決してありません。前者は政府の問題で、後者はヘイトの問題なのですから。


長尾は頭が悪いからこんな発言をしているのか、卑怯だからこんな発言をしているのか、それともその両方なのかわかりませんが、こんな男を内閣政務官にしている現政府は異常だと言うしかありません。


ちなみに、長尾はかつてセクハラ発言で糾弾された時も、野党の審議拒否の話にすり替えて言い訳をするという卑怯極まりない誤魔化しをやっていました。セクハラ発言をしておきながら、「野党が審議拒否をしながらセクハラ問題を訴えているので怒って言ってしまいました」とか、本当に意味不明すぎる言い訳をしておりました。この男はこのように論点をすり替えて逃げてばかりの卑怯者なんです。netgeekデマを鵜呑みにして拡散したこともありますし、完全に頭はデマサイトのネトウヨと同レベルです。本当に、こんな男を内閣政務官にしているというだけで、今の自民党はどうかしていると言わざるを得ません。


どんな思想信条を持っているにせよ、自分の発言さえも歪曲して正当化する卑怯者を国会に送り込まないことは非常に大切なことであると思います。


こんな政治家、要りますか?

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)