<ざっくり言うと>
  • 二条城の砂利道を「中国人観光客のクレーム」のために舗装することになった、というのはデマ。
  • 元の記事には「中国人観光客クレーム」ではなく「訪日外国人客らの声」とあるうえ、車いすやベビーカーへの配慮のことも言及されている。
  • さらに、二条城が報道自体を否定。外国人客への配慮ではなく、車いすやベビーカーへの配慮、バリアフリー化であると発表。

(スポンサードリンク)

こんなツイートがありました。

>>「中国人観光客の歩きにくいとのクレームに答えて二条城の砂利道を舗装」

「差別はやさしさ」なんて名前からしてかなり異常ですが、これを百田尚樹がRTしたために、2万件もRTされることに。本当にこの人は相変わらずですね。

2019y02m20d_211833541

これにより、「中国人がー」さらにはどういうわけか「韓国人がー」というヘイトコメントが殺到。
しかし、このツイートは、2重にも3重にも間違っています。悪意をもって改竄された卑劣な差別扇動ツイートです。まあ、ツイート主の名前が「差別はやさしさ」とかいうものなので、当然かもしれませんが。(そもそも、そんな名前のやつのツイートをRTするなよ…)

元記事にはどこにも「中国人」「クレーム」の文字はない

このツイート主は、読売新聞の記事をもとにしています。ところが、その記事には、一言も「中国人」の文字はないのです。

2019y02m20d_212305934
京都市は、世界遺産・二条城(京都市中京区)敷地内の砂利道を舗装する方針を決めた。訪日外国人客らから「歩きにくい」との声が上がっていたためで、130年以上続く砂利敷きを見直す。新年度予算案に調査費900万円を計上する。

 二条城は、徳川家康が1603年に築城。1867年の大政奉還の舞台としても知られる。敷地内の通路約1・8キロは元々土敷きだったが、明治維新後の84年、宮内省(現宮内庁)に管理が移った際、砂利が敷かれたとされる。

 来場者は2017年度、約244万人と過去最多を更新。約6割が外国人とされ、ベビーカーを使う家族連れや車いす利用者もおり、市の有識者委員会が16年、来場者が快適に観覧できるよう舗装化を提案していた。
ご覧の通り、「訪日外国人客らの声」と書かれており、一言たりとも「中国人」の文字はありません。この「差別は優しさ (@iikunitsukuroo)」という人物は、「訪日外国人客らの声」を「中国人観光客のクレーム」に改竄して、あたかも中国人が滅茶苦茶なクレームをつけてきたかのような印象操作を行っているのです。なんと卑怯なことでしょう。記事には観光客の6割が外国人とありますので、「中国人のクレームで変えさせられた」のではなく、単に「観光客に配慮した」だけだと言えます。


それに、もともとは土敷きだったものが、明治維新後に砂利が敷かれたとあります。だったら「砂利じゃなくちゃいかん! 砂利を変えるのは文化破壊だ!」という理屈も成り立ちません。もともと300年近く土だったのですから、砂利を敷いたことがそもそも文化破壊だったことになるはずですから。


さらに、読売新聞の元の記事には「ベビーカーを使う家族連れや車いす利用者」への配慮についても書かれています。そこは完全に無視して、あたかも中国人が不当なクレームをつけてきたかのように改竄・印象操作されたツイートが流れ、それに乗っかった人たちも「嫌なら来るな!」などと喚く始末。誰も「砂利道を舗装しないと許さんぞ!」なんて言ったわけじゃないだろうに。


本当になんなんですかね、これ。こんな卑劣な、明らかに差別扇動を目的としたデマツイートが2万件もRTされる現在の日本の状況には大変な危惧を感じます。

・そもそもが誤報だった

さらに、実はこの読売新聞の報道自体が誤報だったことが発覚しています。二条城の事務所が、公式HP及びfacebookにおいて、

「一部報道で、訪日外国人のためという趣旨の記事がありましたが、そうした事情はありません

車いすベビーカーの車輪が砂利に埋まって走行しにくく、高齢者やお子様連れに大変なご負担をおかけしております」

「雨天時には、水たまりができるという悪条件も重なります」


と説明しているのです。

2019y02m20d_213633154

「中国人のクレーム」どころか、「訪日外国人客らの声」でさえなく、実際には車いすやベビーカーへの配慮だったわけですね。


なんで読売新聞がこんな誤報をしたのかはわかりませんが、それをさらに悪意をもって改竄し、それをNHK経営委員まで務めた有名作家が元記事の確認さえせずにRTして、悪意を拡散する。なんと卑劣なことか。


何度も言っていますが、情報ソースが書かれていないSNS情報は信じてはいけませんし、今回のように、情報ソースが貼ってあっても、悪意をもって改竄されていることもあります。自ら「差別は優しさ 」などと名乗る者や、自分に都合のいい情報は鵜呑みにしつつ都合の悪い情報はフェイクニュース扱いする有名作家らにはもはや何を言っても無駄でしょうが、このブログを読まれている皆さんには、SNSで流れてくる情報を鵜呑みにして拡散するような愚かなことはせず、慎重な判断をしてほしいと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)