<ざっくり言うと>
  • 『在日韓国人の私が、日本を斬る!』という自称在日韓国人が書いた、愛国カルトの脳内の「反日韓国人」を絵にかいたようなブログがあるが、わざとらしすぎる上に内容に矛盾があり、在日韓国人が書いたものではない可能性が大。
  • 以前も『アジアのこころ』という自称韓日ハーフが書いた反日ブログがあったが、本人がなりすましを告白後、ブログが閉鎖されている。
  • 『アジアのこころ』の内容の多くが『在日日本人の私が、日本を斬る!』にコピペされている。ほぼ間違いなく同一人物が書いていると考えてよいだろう。
  • 思想良心に関わらず、自称在日の怪しいブログを根拠に「在日がー!」などと言わない程度のネットリテラシーは必要。

(スポンサードリンク)

・在日韓国人による絵にかいたような反日ブログ発見?


このブログにこんなコメントが来ました。

 2019y03m27d_142825583

このブログにコメントをする人で自ら「中立」を名乗る人が中立だったためしは一度もないのですが、この自称「中立的な視点」という人は、「在日韓国人が書いたブログに日本人ヘイトが綴られている! ネトウヨによる在日韓国人へのヘイトを批判するならこっちも批判しろ」と言ってきました。


で、これがそのブログです。一体どんなブログかと覗いてみたら…。何だこりゃ。

2019y03m28d_074307302

『在日韓国人の私が、日本を斬る!』とかいうタイトルがついていますが、もう、いかにも「ネトウヨが考えた反日韓国人」そのもの。1つや2つならともかく、ネトウヨの考える「反日在日韓国人」の妄想設定を詰め込んでいるため、わけのわからないキャラになってます。


先祖は朝鮮の名門貴族で、祖母は慰安婦で、祖父は強制連行で日本に連れてこられていて、弟は犯罪者でその罪を日本社会のせいにして、本人は生活保護を貰っていて、性病持ちで、自分勝手な図々しい性格で、自衛隊が嫌いで、日本が大嫌いで日本文化も大嫌いなのに、日本国憲法は大好きで…。さらに自分の経歴詐称も堂々とブログで告白…。詰め込みすぎでなんかわけのわからんキャラになってます。


なんか「空手が得意で、相撲好きで、日本酒が好きで、カメラを首から下げてて、眼鏡で出っ歯の日本人の侍」ぐらいわざとらしいです。わざとらしすぎて、私には本当の在日が書いたものとは到底思えませんでした。

・明らかな矛盾


「わざとらしすぎて本当に在日韓国人が書いたものには見えない」というだけではただの直感で証拠になりませんが、次の矛盾は、決定的と言っていいんじゃないでしょうか。

2019y03m27d_150021488

>>私は民族学校出身じゃないので
>>韓国語が話せないんですよ。
この記事

2019y03m27d_150155666

>>履歴書に「民族学校卒」と書いたら
>>落とされました。

この記事

どっちやねん!!!

まあ、答えは簡単ですよね。


「反日なのに困った時だけ日本領事館に助けを求める在日」という設定と、「民族学校が差別されていると訴える在日」という設定の両方を盛り込んだために、矛盾が生じただけでしょうね。嘘をつき続ければ、こんな風にどっかで矛盾が生じるんですね。

・『アジアのこころ』というなりすましブログとほぼ間違いなく同一人物


私はこのブログを見て、すぐに『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』という、自称韓日ハーフが書いたブログを思い出しました。そちらは既に閉鎖されていますが、それに内容もレイアウトもそっくり。その『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』は「アジアのこころ」を名乗る人物がブログ主だったのですが、本当は日本人で、在日なりきりアカウントであったことを本人が告白しています。

2019y03m27d_143948733
2019y03m27d_144007831
2019y03m27d_144022638
参照参照

もちろん、この告白も真実である証拠はないのですが、『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』の最後の記事は、「2015年7月9日に在日の強制退去が始まるから、私も日本から出ていかなければならなくなった」というものでした。この「7月9日強制退去」というのは、話題の「余命三年時事日記」というのが流したデマで、当然のごとく結局何にもなかったので、「7月9日に日本から出ていかなければならなくなった」と言っていたことから考えても、やはり本当は在日韓国人ではなく、「日本人の在日なりきり垢」というのが本当だったのでしょう。その後も「反日韓国人」を演じて、ネトウヨを煽っていました


この『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』と『在日韓国人の私が、日本を斬る!』は、レイアウトも内容もほとんど完全に一致しています(タイトルからして同じだし…)。


『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』のブログ紹介には「韓日ハーフの私が、グローバルな視野で日本史を考察するブログです。韓日の相互理解の架け橋になりたい!」と書かれていて、『在日韓国人の私が、日本を斬る!』には「在日韓国人の私が、グローバルな視野で日本を斬りまくるブログです。韓日の相互理解の架け橋になりたい!」と書かれています。もうまるっきり一緒。

2019y03m27d_163612846
(↑ネトウヨによる在日なりすましブログ『韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』

2019y03m27d_163622626
(↑『在日韓国人の私が、日本を斬る!』。レイアウトがほぼ完全一致)

さらには、記事内容まで一致。100%同一人物だと断言して問題ないでしょう。

2019y03m27d_163933803
(↑韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!の記事内容。ほぼすべての記事が『在日韓国人の私が、日本を斬る!』にも存在している)

2019y04m04d_002943140

2019y04m04d_002953356
↑一言一句全く同じ内容


ネット上では、誰がどんなキャラクターでも演じることができます。『在日韓国人の私が、日本を斬る!』というブログは、ほぼ間違いなく韓日ハーフの私が、日本史を一刀両断!』(『アジアのこころ』)と同一人物が書いており、在日韓国人が書いたものではなく、「在日なりきり垢」による自作自演でしょう。


世の中には、ツイッターで流れてきたものや、2ちゃんねるの書き込みであっても、すぐに鵜呑みにする人間がいますが、そういうのは本人は「メディアが報じない真実を知った」というつもりなんでしょうが、実際には単にネットデマに騙されているだけの可能性が濃厚です。


少なくとも、こんな「自称在日」がネット上で書いた、本人が民族学校出身かどうかさえ矛盾しているようなわざとらしいブログを根拠に「在日がー!」とか言うのはやめましょう。


それにしても、「在日による日本人へのヘイトスピーチ」とやらが、本当はネトウヨによるなりすましだったとか…。呆れて開いた口がふさがらん。


思想の左右に関わらず、情報ソースも不明なネット情報を鵜呑みにしないという、最低限のネットリテラシーは身に着けましょう。


(ちなみに、この『在日韓国人の私が、日本を斬る!』というブログを「在日によるヘイトスピーチ」として紹介したコメントをした「中立的な視点」を名乗る人は、そのブログが在日韓国人によるものだということは鵜呑みにしたくせに、私に対しては「貴方が日本人じゃないと確信している」と言ってきた…。もうわけわからねえよ。なお、私はさかのぼれる限り日本人の先祖・親族しかいない、日本生まれ、日本育ちで、日本の学校で日本の教育を受けた、これでもかってぐらいの日本人です。)

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)