<ざっくり言うと>
  • 櫻井よしこ、現天皇の受けてきた教育を勝手な推測で非難し、現状では「立派な天皇像」は望めないと、超絶失礼なことを言う。
  • 櫻井よしこの「立派な天皇像」とは、「日本の国柄」を重視する天皇像であり、それは「改憲派の天皇」に他ならない。
  • 櫻井よしこは、自身の改憲というイデオロギーを、日本国民として当然の絶対的正しい考えだと思っており、天皇を通じて改憲を実現させようという自身の考えが天皇の政治利用だという自覚が全くない。
  • 櫻井よしこは、天皇の意思を尊重するのではなく、自分の考える「立派な天皇」に教育しようという不遜な考えを持っている。
  • 右翼の皆さんは、この不敬なバカにデカい面させておいていいの?
(スポンサードリンク)

前回記事の続きです。


前回、櫻井よしこが産経新聞に掲載したコラムで、「令和」と改憲を結び付けたり、現行憲法を「日本の国柄とはおよそゆかりのないもの」と言ったり、敗戦時に国民や政府が「涙をのんで日本の国柄とは言えない米国製憲法を受け入れた」と言ったりと、事実無視甚だしい主張を繰り広げたことを紹介しました。実際には「令和」制定者の中西進氏はバリバリの護憲派だし、上皇自身が現行憲法の天皇の在り方を「日本の伝統に沿うもの」と言っていたし、日本国憲法が公表されたときの世論調査では、国民の8割前後が歓迎したんですなあ。


もうこの時点で、櫻井よしこの言うことなんて実にくだらなく何の価値もない妄言でしかないわけですが、この産経コラムのオチはもっとすごいです。「天皇を改憲に利用しよう」宣言になっています。 
 では新たに即位した天皇陛下の受けられた教育はどうか。学習院には帝王学の発想もなく、ご学友もいないと学習院大学の教授だった篠沢秀夫は書いている(『だから皇室は大切なのです』草思社)。

 『浩宮の感情教育』(飛鳥新社)の著者、小坂部元秀氏は陛下が学習院高等科にご在籍当時、クラス担任を2年間務めた。皇室関係の在学生名が大書されている学習院父母会名簿の最初のページを学生が「破り棄て」るはなしが、小坂部氏の著書の「序章」に出てくるのだが、小坂部氏はその行為をもっともだと認めているかのようだ。別の章で小坂部氏は南原繁の国会演説を「記念碑的」と評価し、「所詮は天皇陛下なんてどうでもいい」と書いた詩人の三好達治や、中野重治らを賛美している。

 当時の浩宮親王殿下に小坂部氏が担任教師としての愛情や情熱を注いでいたとは考えにくく、陛下にとって学習院の教育環境は実に冷淡だったと推測できる。

 こんな状況に皇族方を放置して、私たちに立派な天皇像を望む資格があるのか。帝王学や皇室は、国民から遊離したものではない。国民が望む天皇像は、国民がどのような価値観を重視し、どれほどの敬愛をもって皇室を支えるかという命題と背中合わせだ。令和の皇室が日本の国柄を尊び、国民統合の中心となるには、新天皇の大いなる学びをあらゆる面で支える制度と心が、政府、国民の側にも必要だ。共に立派な国を創るという覚悟をもって初めてもうひとつの課題の憲法改正も可能になる。

~新天皇の受けてきた教育を勝手な推測で非難し、現状では「立派な天皇像」を望めないする、超絶失礼な櫻井よしこ~


うーん。勝手に「担任教師が愛情や情熱を注いでいたとは考えにくい」ことにしてしまった。実際はどうだったか知りようがないですが、「学習院の教育環境は実に冷淡だったと推測できる」とか、そりゃあまさにあんたのただの推測、いや妄想、いや願望だろう。


小坂部という人がどういう人かは知りませんし、そもそも天皇制に否定的な人物が学習院で教師になるかどうか疑問ですが、仮に彼がイデオロギー的に天皇制に否定的であったとしても、それで「担当教師としての愛情や情熱を注いでいたとは考えにくい」「陛下にとって学習院の教育環境は実に冷淡だっと推測できる」とは、なんともひどい決めつけですね。イデオロギー関係なしに、一教師と一生徒として、愛情を注いでいたかもしれないじゃないですか(自分のイデオロギーにがんじがらめに縛られてる櫻井よしこの脳みそでは、そんなこと想像さえできないんだろうけど)。実態は本人たちにしかわかりませんが、勝手な推測で愛情や情熱のない冷淡な教育環境だったと決めつけるって、教師にも、その教育を受けた現天皇に対しても、えらく失礼なやっちゃな、この櫻井よしこってやつは。「国民が涙を呑んで米国製憲法を受け入れた」とか「担当教師が愛情や情熱を注いでいたとは考えにくい」とか「教育環境は冷淡だった」とか、本当に脳内で勝手にストーリーを妄想する奴ですねえ。


つまり、この人、昭和天皇は「立派な帝王学」と「優れた教育、深い歴史観」を身につけていて「日本の国柄」を理解していた人だったけど、上皇や新天皇は、アメリカ式の教育を受けたり、帝王学を学んでいなかったりしている、ざっくり言っちゃえば、教育がなってないって嘆いてるんですよね。「こんな状況に皇族方を放置して、私たちに立派な天皇像を望む資格があるのか」というのは、逆に言えば、「現天皇には立派な天皇像は望めない」と言ってるに等しいです。うーん、何たる失礼なやつ。

~櫻井よしこの脳内の「立派な天皇」は「改憲に賛同する天皇」:天皇の権威を利用して改憲をしようとする櫻井よしこ~


じゃあ、櫻井よしこの考える「立派な天皇像」とは何なのでしょう? 


「国民が望む天皇像は、国民がどのような価値観を重視し、どれほどの敬愛をもって皇室を支えるかという命題と背中合わせだ」という発言からわかる通り、「国民が望む天皇像」=「立派な天皇像」とは、国民が重視する価値観を体現する天皇です。当然、櫻井の考える「国民が重視するべき価値観」とは、「日本の国柄」であり、それは「令和の皇室」に「日本の国柄を尊び、国民統合の中心となる」ことを求めていることからも明らかです。櫻井よしこの言う「立派な天皇像」とは、「『日本の国柄』を尊ぶ天皇」です。


現行の日本国憲法は櫻井の考える「日本の国柄」とは「およそゆかりのない」ものなので、「『日本の国柄』を尊ぶ」のであれば、当然そんな憲法は否定して、「日本の国柄」に合った憲法を作ろうと主張せねばなりません。すなわち、櫻井よしこの考える「立派な天皇」=「『日本の国柄』を尊ぶ天皇」とは、「改憲派の天皇」に他ならないわけです。コラム全体を読むとよくわかりますよ。このコラムは徹頭徹尾「改憲しよう」と主張するものであって、その文脈で「立派な天皇」を求めているわけですからね。


そして、「新天皇の大いなる学びをあらゆる面で支える」ことで、天皇が「日本の国柄を尊」ぶようになることで、「憲法改正も可能になる」というのは、簡単に言い換えれば、「天皇を改憲派になるように教育して、憲法改正に利用しよう」と言ってるにすぎません。現上皇や天皇が「立派」じゃない(=改憲的でない)理由を、これまでの教育が悪かったことにて、これからは櫻井みたいな「日本の国柄」を重視する人間が、「敬愛を以て皇室を支え」て、「大いなる学びをあらゆる面で支え」ることで、櫻井よしこの考えるところの「立派な天皇」(改憲派の天皇)にして差し上げよう、というわけだ。なんたる不遜な奴。


いやー、酷い酷い。さすが櫻井よしこと産経新聞。徹頭徹尾支離滅裂のバカ丸出し。バカとバカでバカの二倍じゃなくてバカの二乗になってる。


ただ、櫻井本人には、天皇を改憲に「利用」しているつもりはゼロなのでしょうね。改憲を「積み残しの課題」と言ったり、「政府と国民は涙をのんで日本の国柄とは言えない米国製憲法を受け入れた」とか「日本の国柄とはおよそゆかりのない」とかの発言からも伺えるに、櫻井よしこの脳内では、改憲というのは日本国民として当たり前の考えで、やらなければならない課題であり、絶対的に正しいことなんですよ。学生が宿題をやるのが当然なように、改憲も当然やらなければならない課題だと思っている。


櫻井の脳内では、改憲は櫻井個人の意見ではなく、国民全体が当然のこととして求めている(求めるべき)ものなのです。(護憲派は、櫻井よしこの脳内では国民扱いされていないのだろう) 櫻井の脳内では、国民全体が当然のこととして求めている改憲に、国民統合の象徴である天皇が賛意を示すのは当然で、それによって護憲派や、改憲に対して意見を持たない人たちに、改憲が正しいことだと認識してもらうことは、当たり前のことだと思っている。だから、櫻井は自分のやっていることが天皇の政治利用だなんて意識はゼロなんでしょう。


しかし、それは改憲というイデオロギーの正しさを、天皇の権威を利用して国全体に認知してもらうことで改憲につなげようということであり、まさに天皇の政治利用に他なりません。


本人は無自覚なんだろうけど、コラムの内容を読むと、実際に敬っているのは現実の天皇や上皇じゃなく、彼女の脳内に存在する「わたしの かんがえた りっぱな てんのう」にすぎないことがわかります。その彼女の脳内の「立派な天皇」に、現実の天皇を近づけて、改憲に結び付けようとしている。こいつには、今我々の前にいる、現実の、ありのままの上皇や天皇陛下を敬うなんて気持ちは全然ありません。むしろ現状では「立派な天皇像」は望めないとさえ思っている。自分のイデオロギーに利用できる、都合のいい天皇を求めているだけ。しかも本人はそのことに全くの無自覚。


保守の皆さん、こんな不敬で不遜なバカにデカい面させておいていいの? 産経さんも、いくらなんでもこいつにコラム書かせることないんじゃない? もうちょっと知的な人間呼んできなよ。いくらなんでも、こんなの言論人扱いしちゃダメでしょ。こんな奴に保守の言論人面されたら、保守全体がバカにみられますので、そろそろこいつは見限るべきだと思いますよ。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)