<ざっくり言うと>
  • 日本の自称愛国者たちは、日本の朝鮮支配について、「人口が2倍に増えた」「インフラを整備した」「学校を作った」「文字を普及した」などと言って正当化しようとするが、そのようなことは、中国共産党支配下のチベットでも起きている。
  • 一つの民族が他の民族を一方的に支配することは、人口が増えようがインフラが整備されようが学校を作ろうが文字を普及しようが、正当化されるべきものではない。
(スポンサードリンク)

目次

「日本は朝鮮に〇〇してやったんだから感謝しろ」論の欺瞞

日本の自称愛国者様たちの間で流行りなのが、「日本は朝鮮(韓国)を植民地化なんかしていない、併合したんだ」というものです。それが全くの大嘘であることは、これまで数回記事にしています。

↓過去記事
「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである

高橋洋一の「日本は韓国を『併合』したんだ。植民地じゃない」は大嘘


辞書を引いても、百科事典を引いても、文科省の学習指導要領を引いても、ブリタニカやコロンビアを見ても、ハーバード大やオックスフォード大のホームページを見ても、全て「日本は朝鮮を植民地化した」と書かれており、さらには大日本帝国政府が朝鮮を「植民地」と呼んでいるのですから、「日本は朝鮮を植民地化していない」という主張は全く成り立ちようがないわけです。


すると、反論できない人たちは今度はこう言います。「日本は朝鮮にいいことをした」と。「人口を2倍にした」「インフラを整えた」「経済発展させた」「学校を作った」「文字を普及した」などですね。

こうやって「日本は朝鮮にいいことをした」と主張し、「日本は朝鮮に感謝されこそすれ、文句を言われる筋合いはない」というのが彼らの主張です。


では、人口を倍にしたり、インフラを整えたり、経済発展をさせたり、学校を作ったり、文字を普及させたりすると、他民族を支配することは正当化されるのでしょうか。被支配層は支配層に感謝しなければならないのでしょうか。


では、日本の愛国者様たちが大好きなチベット問題を取り上げましょう。日本の愛国者様たちは、日本の朝鮮支配を強烈に正当化する一方、中国のチベット支配を強烈に批判します。


きっと、チベットでは、人口は激減、チベット文字は廃止、インフラは破壊、学校は閉鎖と、酷いことになっていることなのでしょうね。さあ、チベット情勢をチェックだ!


「人口が2倍に増えたから韓国は日本に感謝しろ」論

まず、日本の自称愛国者様たちがよく主張する、「日本統治時代に朝鮮の人口は2倍に増えた」という点を比較しましょう。


じゃあ、チベットはどうでしょうか。愛国者様たちがあんなに非難するんですから人口は激減したに違いありません!

2019y09m07d_105036485
チベット 国内で最も人口増加が速い地域に

 西蔵(チベット)人口発展戦略研究座談会がこのほどラサ市で開催された。最新統計によると昨年末の時点で、西蔵の総人口は290万300人。1959年の122万8千人から比較すると、半世紀余りで人口が1.4倍となった。西蔵はすでに中国で人口増加が最も速い地域のひとつとなっている。

 総人口の急増と共に、蔵族(チベット族)の人口も益々増加している。昨年公表された「西蔵経済社会発展報告」によると、自治区内のチベット族の人口は1959年の100万人前後から、昨年には270万人にまで急増した。統計機関が西蔵自治区常住人口の1%を対象にサンプリング調査を行ったところ、過去10年間、西蔵常住人口の年間増加率は10%以上を保持しており、全国平均を大きく上回っている。

 総人口の増加は、政府が進める特殊な計画出産政策による恩恵だけでなく、過去数十年間にわたる医療水準の向上により平均寿命と死亡率が低下、各種社会保障体制が健全化されたことなど多くの要因が重なっている。

 現在の自治区全土の平均寿命は67歳で、35.5歳だった過去の2倍近くに高まっている。西蔵の平和解放初期に比べ、妊婦の死亡率は50%から2007年には3.1%に、乳児の死亡率は43%から同じく2007年には24.5%にまで下がった

人民網日本語版2010年9月6日
おお、人口が3倍近くに増え、平均寿命が延び、妊婦死亡率も乳児死亡率も激減してしまった!!


さて、チベット人は中国共産党に感謝しないといけないんですかね? 自称愛国者様たちの理屈だとそうなっちゃうんですけど。


「学校を作ってやったんだから感謝しろ」「識字率を上げてやったんだから感謝しろ」論


2008年の記事ですが、中国共産党はこう主張しています。
 チベット語・文字の学習・使用は法律で保障されている。『中華人民共和国憲法』と『民族区域自治法』は、少数民族が自民族の言語・文字を使用し発展させる自由を保障すると規定している。(略)チベットではチベット語・文字と漢語・漢字をともに重視するが、チベット語・文字を主とすることを明確に規定した。(略)

 チベット語・文字の学習と伝承は幅広く行われている。旧チベットでは、チベット語・文字を学習する特権を有していたのは貴族の上層部と少数の僧侶で、総人口の95%以上の農奴と奴隷にはまったくその権利はなかった。(略)チベット自治区成立後、各種、各クラスの学校がチベット語・文字の学習・使用を重視し、チベット語・文字の教学に力を入れることが明確に規定された。チベットの教育体系はチベット語・文字の授業を主とするバイリンガル教育体系を全面的に推し進めている。現在、すべての農業・牧畜区と一部の都市小学校はチベット語と漢語で授業しているが、主要課程についてはチベット語で行っている。中学・高校でもチベット語と漢語で授業を行い、中国のその他の地方のチベット中学・高校でもチベット語・文字の授業を開設している。大学と中等専門学校の入学試験では、チベット語・文字が試験科目とされ、その成績が総得点に加算される。現在、チベットではバイリンガルの教師が1万5523人もおり、各種、各クラスの学校のチベット語専任教師が1万927人もいる。チベット自治区では小学校から高校までの計16科目の教科書が181種類、教学参考書が122種類、教学大綱(教科書の内容や教え方を定めたもの)が16種類あり、チベット語・文字はこれまでになくチベットのすべての学校で普及している。
 
 チベット語・文字はチベットで幅広く使われている。チベット自治区成立以来、各クラスの人民代表大会が採択した決議と法規、チベットの各クラス人民政府およびその所属部門が下達した公式文書と公布した公告については、すべてチベット文字と漢字の両方が使われている。司法訴訟手続では、チベット族の訴訟参与者に対しチベット語・文字で案件を審理し、法律文書もチベット文字を使っている。政府機関・企業・事業体の公印や証明書、図表、封筒、便箋、原稿用紙、標識および機関、工場・鉱山、学校、駅、空港、商店、ホテル、レストラン、劇場、観光地、スタジアム・体育館、図書館などのマーク、町の標識、道路標識などは、すべてチベット文字と漢字が併記されている

人民網2008年10月
おお、チベット人の95%はチベット文字を知らなかったのが、中国共産党が作った学校の教育でチベット文字が普及したそうですぞ!


日本の自称愛国者様たちの「朝鮮人のほとんどは文字を書けなかった」「日本が学校を作ってハングルを普及させてやった」とそっくりな主張ですね。確かに、中国のサイトを見てみると、チベット語の教科書で勉強している子供たちの写真が掲載されていますね。

FOREIGN201612161319000506117462068
参照

0019b91ec8450951d1b30a
参照

さて、チベット人は「学校を作ってチベット文字を普及してくれて、中国共産党ありがとう」と感謝しないといけないのでしょうか?


「インフラを作ってやったんだから感謝しろ」論。

日本の自称愛国者様たちは、よく「鉄道を作ってやった」だの「ダムを作ってやった」だのと主張し、日本の朝鮮支配を正当化します。きっとチベットでは、ダムもなく、鉄道もなく、チベット人は奴隷化されているのでしょう……。


はい、こちらチベット自治区には総工費96億元(1840億円)を書けた蔵木水力発電所(Zangmu Hydropower Station)です。(参照) 巨大なダムを作って発電所まで作っちゃいましたね。

2019y09m07d_112735118

つぎに、こちらは青海チベット鉄道です。鉄道も作ってますね。

300px-Qingzang_railway_Train_01

さらに、空港、送電線、道路拡張、トンネルなど、様々なインフラ整備が行われています。(参照

2019y09m07d_113550579

さて、チベット人は、「インフラを整備してくれてありがとう」と、中国共産党に感謝しないといけないんですかね?


「写真を見ろ、こんなに良くなった」論

日本の愛国者様たちは、「朝鮮の併合前の写真と併合後の写真を見ろ、こんなに良くなった」と言うのが好きですよね。


きっと、チベットは真逆で、中国に併合される前は豊かで、中国に併合された後は悲惨なことになっているのでしょう。


はい、こちら、中国に併合される前のチベットの写真です。(参照1参照2

11s60003o65n0916o395

11sr00047s9222928p71

0o3s7462osn54n5681o9087690295npn

一方、こちら併合後のチベットの写真です。

blog-1-image
参照

1562440746381_1
参照

16330f1a16df47c090a069ba6bdd6b34
参照

あれれ?


チベット人は中国共産党に感謝なわけ?


「韓国は『自分から併合してくれ』と頼んできた」論

こうなると、日本の自称愛国者様たちの言うことは決まっています。


「韓国は自分から併合してくれと頼んできたんだ」というものです。


↑「カイカイch」


「チベット人は併合を望んでいなかったけど、韓国人は自分たちから併合してくれと言ってきて、日本は仕方なく併合してやったんだ。だから中国のチベット支配は不当だけど、日本の朝鮮支配は正しい」という理屈です。

でも、それはデマです。


以前ちゃーんと記事にしましたが、「韓国から併合してくれと頼んできた」という彼らの主張の根拠は、一進会というところが出した合邦要望書のみであり、その合邦要望書も中身を見てみると、吸収合併される「併合」ではなく、同君連合のような「合邦」を望むという内容なんですよ。それも、それは日本の国会が日韓併合方針を閣議決定した後のこと。「韓国から併合してくれと頼んできた」なんてのは完全に嘘です。


また、韓国政府はハーグ密使事件で抵抗し、日本はそれを理由に韓国皇帝を退位させてしまいます。さらに、義兵闘争によって日本支配に抵抗した韓国人たちを弾圧し、一万人以上が殺されているそうです(参照)。これで「韓国の方から併合してくれと望んできた」なんて大嘘ですね。


他民族支配は正当化できない


以上のように、日本の自称愛国者様たちが言う、「日本は朝鮮の人口を倍にしてやった」も「日本は朝鮮人に文字を教えてやった」も「日本は朝鮮にインフラを作った」も「併合前と併合後でこんなに良くなった」も、「だから何?」です。そんなことで支配が正当化されるんなら、中国共産党のチベット支配も正当化されまくっちゃうんですよ。チベット人は、中国共産党に感謝しないといけなくなる。


「日本は朝鮮に感謝されこそすれ文句を言われる筋合いはない」と言ってる連中の理屈なら、「中国共産党はチベットに感謝されこそすれ文句を言われる筋合いはない」と言えてしまいます。


結局、日本の自称愛国者様たちの言ってることなんて、中国共産党のチベット支配正当化のプロパガンダと寸分変わらないんです。


他民族に支配されて、自己決定権を奪われ、同化を迫られれば、人口が増えようが学校が作られようインフラが作られようが、感謝なんかするわけないでしょう。


もういい加減、日本の朝鮮支配をあーだこーだ言って正当化するの、やめましょうや。


「これ以上賠償なんかしなくていい」という主張ならわかりますけど、「賠償しなくていい」は「正当化していい」ってことじゃないですからね。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)