<ざっくり言うと>
  • ラグビー姫野選手が百田尚樹の『日本国紀』を読んでいるという話に対し、「がっかり」というツイートが続出。それに対し、百田尚樹は「読書を貶めるな」と発現。
  • 一方、朝日新聞読者に対しては、丸っと「日本の敵だ」と発現。 流石である。
(スポンサードリンク)

百田先生のツイート。

好きな人が嫌いな奴の本を読んでいたとなるとがっかりするのはわかります。それに対し、百田先生は「私の本の悪口を言うのは勝手だが、読書を貶めるようなことを言うなよ!」と発現。うう~む、なるほど。(この「読書を貶める」は「読者を貶める」の誤字であると思われる。→後述)


で、そんな百田大先生のツイート。

>>朝日の読者も日本の敵だ。

さすが百田先生! 『日本国紀』読者にがっかりするのは「読書を貶める」ことだから認められないけど、朝日新聞読者に対しては、がっかりどころか、日本の敵認定しちゃうんだぜ!! しかも、その敵認定も、まだ起きてもない事件についての、まだ書かれてもない記事を勝手に妄想して、勝手に「こんな記事を書く朝日新聞は日本の敵だ、読者も敵だ!」とか言ってるんだぜ!



この辺が僕らの百田尚樹先生ですね。僕らにはできないことを平然とやってのける。そこにシビれないしあこがれません。


(ところで、姫野選手が『日本国紀』を読んでいることに「がっかり」と言うのは、「読書(読者?)を貶める」ことなのか? 「『日本国紀』を読んでるなんてクズだ」と言ったら読者を貶めてることになるだろうが、単に好きな人が理想と違って「がっかり」したという単なる感想なら、読者を貶めていることにはならんと思うのだが)

==追記==

読書を貶める」の意味が解らなかったのですが、「読者を貶める」の誤変換なのではないかという指摘をいただきました。直後に「ファンや読者や仕事仲間を貶められると我慢できません」と言っているので、その可能性が高そうですね。
だとしたら、なおのこと「朝日新聞読者は日本の敵だ」発言はどうなるんだ…。


「自分の読者を貶めるのは我慢できん! でも朝日新聞は、新聞社だけでなく、読者も日本の敵だ!」


流石だぜ、百田先生。ついでに言うと、「こんなクズなんてがっかりした」と言ったら貶めてることになろうが、単に「がっかりした」だけなら貶めてることにはならないと思うぜ、百田先生。好きな人が理想と違ったら、誰だってがっかりはするだろ? 「がっかりした」だけなら貶めたことにはならんと思うぜ。


ちなみに、以前も書いたけど、百田尚樹大先生は、有事の際にはテロ組織を作って日本国内の敵を潰していくらしいんで、百田先生は国内の混乱に乗じて朝日新聞読者を殺しまわるつもりのようです。


にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)