<ざっくり言うと>
  • 竹田恒泰、やはり差別主義者と呼ばれて仕方がないツイートをしてしまう。
  • 反社会的勢力の定義に差別主義者も入れるべきである。
c
(スポンサードリンク)

先日、「差別主義者」とか「レイシスト」とか言われて「私は差別主義者じゃない」「名誉毀損だ」と言って裁判を起こすことを宣言していた竹田恒泰君。



強制猥褻で書類送検された初鹿明博について、こんなツイートをしていました。

うん、やっぱり、君は差別主義者だ。


初鹿明博の強制猥褻については思う存分批判すればいいんだけど、それを何の関係もない韓国と結び付けるのは、差別意識の表れでなければ何でしょうか。「性犯罪=韓国」という下劣な偏見の発露以外の何物でもありません。このツイート一つだけでも、差別主義者と呼ぶには十分ではないでしょうか。


当然、これに乗っかる連中も出てきます。

竹田の発言は差別を扇動したと言ってよいでしょう。竹田は「差別主義者」「人権侵害常習犯」などと言われたことに対して「名誉毀損だ」と裁判を起こすと言っていましたが、こんなツイートをしていれば、「差別主義者」「人権侵害常習犯」と言われることは当然でしょう。竹田に名誉棄損で訴えられた人たちは、このツイートをぜひとも反論の証拠に使っていただきたいです。


先日反社の定義があいまいになってしまいましたが、ぜひとも反社の中に「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」というこれまでの定義に加えて、「差別主義者」というのを含めていただきたいものです。社会の安全安定を脅かす度合いで言えば、ヤクザよりも差別主義者の方が余程罪が重いのではないかと思います。



にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)