<ざっくり言うと>
  • ネトウヨさん、川崎市のヘイト罰則条例を「日本人を排除する条例」と酷評。
  • しかしその中身は「ヘイトできなくなる」というだけのこと。
  • ネトウヨさんは、外国人による日本人ヘイトが罰則の対象とされていないことに憤っているが、そもそも外国人による日本人ヘイトデモなど起きたことがなく、ネトウヨさんは存在もしないものを妄想して恐れているだけである。
  • この条例により、「川崎に住みたくない」と言うネトウヨが発生。早速条例がよい効果を発揮している。
Demonstration_by_zaitokukai_in_Tokyo_2
(スポンサードリンク)

ヘイトが出来なくて困るネトウヨさん


ネトウヨさんたちに極めて評判が悪い、川崎のヘイト罰則条例。なんで評判が悪いかと言うと、こんな理由です。
「罰則を重くすればどれほど恐ろしい条例かすぐにわかる」って、この時点でかなり頭が悪いですね…。そりゃ、罰則を重くすれば、どんな法律や条例も全部恐ろしくなるよ…。


それはそうと、ここが実に傑作です。(この「住民」とは外国人を指すと思われる)


>>・住民が「日本人死ね」と言えば「無罪」
>>・日本人が「住民死ね」と言えば「死刑」
>>どう考えても日本人を排除する条例だ。


「住民死ね」って言わなければいいだけなんじゃないかな?


これって、「ヘイトできなくなるじゃないか!」って言って文句をつけてるわけですよね。そりゃあ、ヘイトさせないことが目的なんだから当たり前だよね。


川崎のヘイト罰則条例は、現在のところ本邦外出身者に対する差別に限定されていて、外国人による日本人への差別的な言動は罰則に入っていないのですが、そもそも外国人による日本人へのヘイトデモなど起きたことなどないだろが! 存在しないものを脳内で勝手に妄想して恐れてる当たりが実にネトウヨらしい。


これで「日本人を排除する条例だ!」とか言ってんだからアホくさいことこの上ない。こいつらの脳内世界では、外国人が、「ゴキブリ日本人は日本から出ていけ!」とか「いい日本人も悪い日本人も殺せ!」とか、ヘイトデモやってるんだろうなあ。現実世界では見たことも聞いたこともないけど。


↓ネトウヨの妄想世界
ネトウヨ脳a

↓現実世界
ネトウヨ脳b

ついでに言うと、現在のところ、罰則にあたる差別行為は拡声器や看板などを使い、日本以外の国・地域にルーツを持つことを理由に、居住地からの退去や生命・自由への危害を扇動・告知したり、人間以外のものに例えるなど著しく侮辱したりすること」となっており、個人で飲み屋で「××人死ね」と言っても、罰則対象にはなりません。よって、「日本人が『住民死ね』と言えば『死刑』」なんてことにはならんのです。「世紀の悪法」とか言いながら、こういうことは調べないんだな、ネトウヨって奴は。


また、付帯決議で、外国人以外に対しても、「不当な差別的言動による著しい人権侵害が認められる場合には、必要な施策、措置を検討すること」が盛り込まれております。まあ、この付帯決議は、外国人による日本人へのヘイトデモのようなネトウヨの妄想に応えたものではなく、おそらく障碍者とかLGBTとかに対するヘイトを想定しているんだと思いますが。

 



川崎市の条例について、より詳しく知りたい人は、川崎市のHPをご覧ください。



↓こんなことをやらなければいいだけである。
094_01

ネトウヨがいない住みよいまちづくり


上で紹介したツイートへの返信に、こんなものがありました。
>>客観的判断として、川崎に住みたいとは思わない


おお! 素晴らしい!!


つまり、ヘイト罰則条例を作れば、ネトウヨが町からいなくなるわけだ!!!


まさに、川崎市の狙いがバッチリだってことですね。ヘイト罰則条例を作ったことで、ヘイトをするような奴らが川崎市に近づかなくなるわけです。住みよい街になりそうですね。


同様の日本中にヘイト禁止条例を作って、ネトウヨフリー社会を実現してほしいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)