<ざっくり言うと>
  • ツイッター上の中国ヘイトに対し、アンドリー・グレンコは「差別じゃなくて事実の指摘。正義の追及」と主張。
  • 「差別じゃなくて事実の指摘」は差別主義者の常套句。
  • 中国からウイルスが発生したことは事実でも、中国人に憎悪を傾けていい理由にはならない。
  • ヘイトを「正義の追及」と呼ぶアンドリー・グレンコは典型的差別主義者である。
5u52jU69_400x400
↑本日の典型的差別主義者、アンドリー・グレンコ氏
(スポンサードリンク)
まず、志村けんさんに哀悼の意を表します。ご冥福をお祈りいたします。


志村さんの死について、BuzzFeedNewsにこのような記事が掲載されています。

2020y04m01d_093947527

志村けんさんが新型コロナウイルスで亡くなられ、それを理由に中国人へのヘイトを募らせている連中がいるという記事です。
3月30日朝に伝えられた、国民的スターの訃報。Twitter上にはその死を悼む声だけではなく、中国へのバッシングも一部で巻き起こった。「中国が悪い」「ふざけんなよ中国」などという声が相次いであがったのだ。なかには、「中国人に殺された志村けん」「志村けんを殺害したのは中国人」などと、憎悪を煽る悪質なツイートも存在するほか、殺害や排除を呼びかける声もある。

こうした状況に加え、日本政府の対応を批判する声も合わせて拡散。「安倍首相が殺したようなもん」とするコメントも広がっている。一方で、双方のツイートに対し「人の死を利用しないで」「そういうことを言っている場合ではない」と呼びかける人も少なくない。また、中国版Twitter「微博」(ウェイボー)で、志村さんを追悼する声が多く寄せられていることを広げる動きもある。

これに対し、今を時めく外国人ネトウヨ、アンドリー・グレンコがこんなことを言っています。

>>印象操作全開の記事ですね。
>>確かに過激な投稿もあるが「中国へのヘイト」とは何ですか?
>>理不尽な罵倒をせず(これは左翼が大好き)、
>>中国は実際にやった事を指摘するのはヘイトではなく、正義の追及です。
>>中国は志村さんだけではなく既に世界中で3万人も間接的に殺しています。



差別主義者は、自分のやっていることが差別だと認識できないから差別をするという典型的な例ですね。


どうも、この手の連中って、肌の色を理由にしたものぐらいしか「差別」じゃないと思ってるらしいです。事実を利用したものは差別じゃないと思ってるらしいです。だから、差別主義者はみな言います。「事実を指摘しているだけだ」と。


「黒人の犯罪率が高いのは事実! だから黒人の危険性を指摘するのは差別じゃない!」


「ユダヤ人がドイツを堕落させたのは事実! だからユダヤ人を排斥するのは差別じゃない!」


まさに差別の典型例です。


アンドリー・グレンコは「中国へのヘイトとは何ですか?」などと言っていますが、こういうの↓が中国へのヘイトですよ。そんなこともわからないですかね、こいつ?
アンドリー・グレンコは、これらが「実際にやったことの指摘」で「正義の追及」だというのでしょうか? 中国政府の対応を批判するのは判りますが、「中国死ね」「中国に天罰を」「中国に原子爆弾投げてよ」「中国吹き飛べ死ね死ね」の、一体どこが正義の追及何ですかね? これが正義に見えるんだったら、アンドリー・グレンコの言う正義は「自分に都合のいい差別」と全くの同義です。


中国からウイルスが発症したことは事実ですが、誰か「コロナ広めたれ」とか思って広めた奴がいますか? これで「中国人に殺された」「中国死ね」なんて言うのが許されるのなら、どんなヘイトでも許されますね。


「真珠湾が攻撃された→日系人強制収容したれ!」

「日本赤軍がテロを起こした→日本殺したれ!」

「イスラム教徒がテロを起こした→イスラム死ね!」

「ユダヤ人がテロを起こした→ユダヤ死ね!」



もう、何でも許されますね。


中国政府の対応が悪かったと批判するのならヘイトではないでしょうが、「志村けんは中国に殺された。中国死ね」なんてのは、純然たるヘイトです。こういうのを目の当たりにしながら、

>>「中国が実際にやった事を指摘するのはヘイトではなく、正義の追及です」

なんて発言を平然とできる奴は、100%疑いようもなく純然たる典型的ヘイト人間です。


「事実を指摘しているだけだ! 差別じゃない」は、差別主義者の典型的な言い訳ですし、実際には、彼らが指摘していることは事実ではありません。「黒人Aが人殺しをした」というのが事実であっても、「黒人は危険だ」と言うことにはなりません。にもかかわらず、差別主義者は、「黒人Aが人殺しをした」という事実を「黒人は危険だ」という願望の事実認定に利用します。彼らの行っていることは、決して事実の指摘でも何でもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)