<ざっくり言うと>
  • 上念司、裕木奈江のツイートを、自分に都合よく180度逆に解釈して、「#検察庁法改正案に抗議します」タグを福島瑞穂が仕掛けたかのように妄想してしまう。
ecCE0pbi_400x400
↑本日のデマゴーグ、上念司
(スポンサードリンク)


日本語も読めない上念司 


このブログでも何度も取り上げてきた上念司という男ですが、今度はこんなこと言っています。
>>祐木さんお手柄です!
>>例のハッシュタグ騒動は海渡雄一郎弁護士が言い出しっぺだと突き止めちゃった!
>>海渡さんといえば、福島瑞穂の内縁の夫!すべてが繋がりました。ありがとうございます。



「福島瑞穂の内縁の夫!」「すべてが繋がりました」とか言っていますが、何がどうつながったのか意味不明です。上念がもとにしている裕木奈江氏の実際のツイートを見てみましょう。(上念は「木さんお手柄です!」とか言ってるけど、誤字)
ちゃんと読めばすぐわかると思いますが、上念は「裕木さんが、ハッシュタグを始めたのが海渡雄一郎弁護士が言い出しっぺだと突き止めちゃった! お手柄!」とか言っていますが、裕木氏が言っていることは真逆ですね。


裕木氏のツイートは「8日夜に会社員の女性が最初のツイートをしたと報道されていて、海渡雄一郎弁護士のツイートは翌9日。では1500人の弁護士集団さんが問題提起したハッシュタグではなかったという解釈でいいのかな」というもので、むしろ弁護士が始めたハッシュタグではないというツイート。それなのに、どういうわけか上念は「海渡雄一郎弁護士が言い出しっぺだと突き止めちゃった!」と真逆に解釈。どうしてこんな間違った読解をしたのかよくわかりません。それで「すべてが繋がった」とか言っていますが、上念の頭の中では、何と何がどうやって繋がったんでしょう?


ちなみに、本当の最初のハッシュタグツイートはこれです。

海渡氏のツイートはこの翌日の9日で、発言も「ツイッターデモに私も参加します」というものなのに、どうして上念は「海渡弁護士が言い出しっぺだと突き止めちゃった」などと妄想できるのか。全く理解に苦しみます。


また、上念は「ハッシュタグのツイートは9割スパム」などと発言していたそうですが、それもちゃんと検証した人がデマだと結論付けています。上念が主張の根拠としていたデータも、間違いであったことが発覚していますので、詳しくは以下の記事をお読みください。




そもそも、仮に海渡弁護士が始めたハッシュタグだとしても、「だから?」なんですが、上念の脳内では何かと何かが繋がって、何かわかっちゃったんでしょう。きっと、「これは福島瑞穂が仕掛けたスパム世論操作作戦だ」みたいなことに決定したんでしょうね。上念の頭の中では、福島瑞穂は世論を操作できるほどすごい作戦立てて実行して成功しちゃったってことなんですかね? それ、福島瑞穂すげえ、みたいなことになっちゃいませんか?


平然とデマを飛ばす上念司


上念司がこれまでどれだけ多くのデマと妄言を吐いてきたかはこちらをご覧ください。こんな息を吐くようにデマを吐く男が、こんな発言↓ができるのだから驚かされます。

「学者辞めてもらわんと」「テレビでんな」「害毒でしかない」。

上念は鏡に向かってこれを言ってほしいです。


今回のツイートからもわかる通り、上念司は、日本語も正しく受け取りません。自分に都合のいいことだと思い込むと、よく読みもせずに飛びつくのです。


自分に都合のよさそうな情報にはとりあえず飛びつく。

碌に物事を調べもしない。

平然とデマを飛ばす。

デマを指摘されても認めないし謝らない。

これが上念司です。


意見を聞くなら、せめてデマを吐かない人の意見を聞きましょう。


上念先生ご自身は、だいぶお疲れのようですので、人里を離れたネット環境のないどこかの小島で30年ぐらい脳の静養を取られた方が良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)