<ざっくり言うと>
  • 自民党広報、ダーウィンの発言を捏造したマンガを公式HPとツイッターに掲載して、憲法改正を訴える。
  • デマを批判されても、訂正することなく、「分かりやすく理解してもらうために表現した」と発言して自己弁護。
  • 自民党は、自分の主張を「分かりやすく理解してもらう」ためであれば、その根拠は虚偽であっても構わないと考える詐欺集団である。
  • 国民に虚偽情報をばらまいても、「分かりやすく理解してもらうため」だと正当化して訂正もしない自民党はただの詐欺集団であり、支持する・支持しない以前の、民主主義の敵である。
maxresdefault
↑この国を破壊する知能の欠損した詐欺集団、自民党。民主主義にとって害毒以外の何物でもない、嘘つきと卑怯者の集まり。
(スポンサードリンク)


ある時、貴方のところに、健康食品のセールスマンがやってきました。


「うちの商品を毎日一粒食べていただくと、病気や怪我に強くなります。あの三浦知良選手も、わが社の商品を絶賛してくださっているのです」


あのキング・カズが絶賛しているというので、貴方は信頼してその商品の購入を決めました。ところが、後から、キング・カズがその商品を絶賛しているという事実は存在しないと判明しました。怒って会社にそのことを問い詰めると、会社は悪びれずにこう返しました。


「わが社の商品の効果を、お客様にわかりやすくご理解していただくために、表現させていただきました」


どう思いますか? 有名人の名を勝手に使い、その発言を捏造しているのですから、これは詐欺の一種です。


こんな宣伝があれば、誰もがおかしいと思うでしょう。ところが、われらが与党・自民党は、これと全く同じ詐欺行為を、恥ずかしげもなくやっているのです。今回は、それをご紹介しましょう。


ダーウィンの発言を捏造する詐欺集団・自民党 


自民党広報は憲法改正推進のために、ツイッター公式HPに、こんなマンガを掲載しました。

2020y07m04d_171459878

このマンガは新聞等でも話題になりましたので、ご存じの方も多いと思います。そもそも生物の進化を社会の変化に適応しようという発想は、ナチスドイツなどが利用した大変に危険な発想で、これだけでも自民党の愚劣さがわかるというものですが、今回はそこは置いておいて、「唯一生き残ることが出来るのは 変化できる者である」という引用部分について取り上げます。


そもそもダーウィンはこんなこと言っていませんそりゃあそうですよね。シーラカンスのように、全く変化しないで生き残っている生物もいるわけですから。進化論とはその環境にたまたま適合したものが生き残るのであって、「変化するものが生き残る」わけじゃありません。


日本人間行動進化学会からも批判されまして、私はこの漫画を最初に知ったとき、「引用が間違っているのだから、さすがに自民党でも、これはすぐ撤回してなかったことにするんだろうな」と思っていたんですよ。


ところが、自民党の知能レベルは想像の遥か斜め下を行っていました。なんと、「分かりやすくする理解するため」に引用したと言って、撤回を拒否したのです。

2020y07m04d_172749192
専門家からは「ダーウィンはそんなことは言っていない」「撤回するべきだ」などの批判が相次いだ。朝日新聞が批判への見解や、今後の対応を聞いたところ、自民党の広報本部は「憲法改正について、国民の皆様にわかりやすくご理解していただくために、表現させていただきました」と回答した。(朝日新聞2020年6月22日
つまり、自民党は「自分の主張をわかりやすく伝えるためなら、根拠は虚偽でも構わない」と言っているわけです。


こんな奴らだから、公文書改竄とか、データ捏造とか、隠蔽とか、次々と起こすんでしょうね。自分の主張に都合がいいことであれば、嘘だろうが構わないんです。


以前、ネトウヨが「デマでもいいです」と言っていたのを紹介しましたが、自民党は完全にそのレベル。ネトウヨと同じで、自民党という組織にとって、事実かどうかはどうでもいいのです。自分に都合がいいかが判断基準なのです。



自分の主張をわかりやすく伝えるために、ダーウィンが言ってもいない発言を捏造して宣伝する自民党。自社商品の効果をわかりやすく伝えるために、スポーツ選手が言ってもいない発言を捏造して宣伝する詐欺会社と寸分変わりありません。


どうやら、トップが腐ると、組織全体が腐るようです。稀代の大嘘つきが8年間も党首をやっている自民党は、自分たちの主張に都合がよければ、根拠は虚偽であっても構わないという発想に至ったようです。党首がそういう人間だから、仕方がないっちゃ仕方がありませんが、最低に下衆ですね。


自民党にとって、客観的事実・歴史的事実・科学的事実などどうでもいいんですよ。大本営発表も同じで、「わが軍の強さについて、国民の皆様にわかりやすくご理解していただくために、表現させていただきました」ってことだったんでしょうね。自民党は、そういうことをしてもいいと言ってるわけです。


もはや自民党は政党を名乗るに値せず、ただの詐欺集団です。いい加減、自由民主党とかいう嘘の名前を外して、「虚言詐欺集団」とか「隠蔽捏造党」とか「大本営」とか、実態に合った名前を名乗るべきだと思います。


「ダーウィンも喜んでいる」と妄言を吐く老害・二階俊博


A社が、勝手に三浦知良選手の名前を自社製品の宣伝に使ったとします。勝手に発言を捏造してカズ選手を宣伝に利用したことを非難されたA社がこう発言したら、どう思いますか?


「わが社の宣伝に使われて、三浦選手も喜んでいるでしょう」


もう、「頭おかしい」と思いますが、これと同じことを自民党は言っているのです。

党憲法改正推進本部が作成した漫画が19日に党ツイッターに掲載されると、「ダーウィンはそんなことは言っていない」「撤回すべきだ」といった批判がネット上で相次いだ。引用された言葉は、ダーウィンとは別人の言葉が誤って広まったとの指摘も出た。

これに対し、自民党の二階俊博幹事長は23日の記者会見で「学識のあるところを披瀝したのではないか。ダーウィンも喜んでいるでしょうと語り、批判をけむに巻いた。(東京新聞6月23日
こんなのを幹事長にしている自民党は、完全に頭おかしいですね。


詐欺集団・自民党に、民主主義国家の政治に関わる資格なし 


民主主義政治というのは、国民に正しい情報が与えられないと成り立ちません。ところが、自民党は正しい情報を国民に与える気などなく、自分に都合がよければ平然と嘘を公式HPに載せて、デマを指摘されても直そうともしない、そういう党なのです。


もう、いい加減、嘘つきを支持するのはやめましょう。支持するもしないも正しい情報に基づいて判断されるべきものであって、嘘つきは支持・不支持以前にアウトです。


民主主義というものは、正しい情報に基づいて行われなければ成り立ちません。今回の事でもわかる通り、自分に都合がよければ根拠なんて嘘でも構わないと考えている自民党は、もはや政党を名乗るに値しない詐欺集団です。


何度でもいいますが、今の自民党は民主主義の敵です。国民に虚偽を伝えても、それを「分かりやすく理解してもらうため」だなんて言って訂正もしない連中は、民主主義にとって害毒でしかありません。


実際、裁量労働制の時に捏造データを出してくるような連中です。あの捏造データも、「裁量労働制について、国民の皆様にわかりやすくご理解していただくために、表現させていただきました」ということだったのでしょう。「国民の皆様にわかりやすくご理解していただくため」であれば虚偽データを用いても構わないと考えている自民党は、今後も自分に都合のいい捏造データを用い続けることでしょう。


もはや自民党は害毒な詐欺集団にまで堕ちましたが、自民党広報の嘘や知能欠損ぶりは、この程度では終わりません。次回に続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)