<ざっくり言うと>
  • 黒瀬深、「政治において数百億円規模の金の使い方を議論しても意味がない」と発言。
  • 黒瀬深、数百億円規模の事業が1000個あれば数十兆円になるという小学生レベルの算数が理解できていない。
  • 黒瀬深の世界では、税金を着服しようが、数百億円までなら問題なし。
  • 黒瀬深の頭の悪さは異常であり、黒瀬深を信じることは人間としての知能を放棄することに等しい。
2020y07m23d_215756546
(スポンサードリンク)


驚きました。ここまで頭が悪い人間がこの世にいるんですね。
黒瀬は、安倍政権のやることは全て正しく、野党は安倍政権のやることをそのまま全てサポートするのが正しいという考えの持ち主なので、「野党はいちいち議論なんかしてないで、安倍政権の言う通りにしろ」という趣旨でこんなことを言っているんでしょうが、政権擁護のためとはいえ、ここまで頭の悪い発言をできるとは驚きました。



数十兆円のマクロな政策などほぼ皆無


この知能が欠如したバカによると、数十兆円のマクロな政策を議論せねばいけないらしいですが、日本の国家予算で数十兆円規模なのは社会保障と地方交付税交付金と国債だけ。

zuhyou1 (1)
財務省HP

その数十兆円の社会保障だって、年金だの健康保険だの様々なものが積み重なって数十兆円規模になっているわけで、「数十兆円規模の政策」など皆無です。


公共事業費でさえ、年間6兆円。東京スカイツリーでも総工費650億円。日本最大のダムである黒部ダムだって、当時の金額で総工費513億円。企業物価指数をもとに現在の価格に計算しても、約1100億円


数十兆円規模のマクロな議論をしなければならず、「数百億円ぐらいの金の使い道を議論しても意味ない」なら、スカイツリーやダムを何の計画性もなしにあちこちに作っていいことになりますね。


こうした数千万、数億、数十億、数百億の積み重ねで、合計1000兆円の国家予算が成り立っているんだってことを、黒瀬の脳みそは理解できないようです。小学生だってこれぐらいのこと理解できそうなものですがね。


黒瀬の世界は着服し放題。数百億円規模の不正は問題なし!


さらに、


>>そういうマクロな議論ができない連中がモリカケやらでゴネてるわけで。


という発言の頭の悪さは、もう完全に根本的に知能の欠陥があるとしか思えません。黒瀬は今すぐ精神科か脳外科かのどちらかを受診すべきでしょう。この頭の悪さはいくらなんでも異常です。


森友学園の土地の値引きは8億円ですが、これの問題は値段の大小ではなく不正の有無です。


黒瀬の言うように、「数百億円ぐらいの金の使い道を議論しても意味ない」から不正の有無を議論しなくていいのならば、「税金から数百億円着服しても、いちいち追及するな」ということになってしまいます。公務員や税金は押領し放題ですね。友達に優遇したりするのもやり放題です。


黒瀬は「数百億円規模の金の使い方を議論しても意味がない」と言いますが、その数百億円はすべて税金だということが分かっているのでしょうか?



黒瀬理論なら、税金を払う必要なし


黒瀬は、100億円でも国民一人当たりに換算すると100円にしかならないから、数百億円規模の金の使い方を議論しても意味がないと言います。


だったら、私はもう税金払わなくていいですよね。


だってそうでしょ。仮に私の払っている税金が全部で200万円だとします。私が税金を払うのをやめても、国民一人あたりにすれば、負担が0.02円ほど増えるだけです。国民の負担に与える影響はほぼ皆無なので、私が税金を払うのをやめたって、何の問題もないはずです。


しかし、もちろんそうはなりません。一人一人の税金の積み重ねで税収は成り立っており、金額が小さいから脱税してもいいことにならないのと同様に、「数百億円規模の税金の使い道を議論しなくていい」なんてことにはなりません。


黒瀬深の理屈が通る世界では、数百億円規模の税金の使い道はいちいち議論しなくても素通りで、不正や着服があっても数百億円規模のものなんか大したことないから無視してよくなります。そんな世界で、誰が税金を払う気になりますかね。



数百億円の議論が必要ないくせに、科研費やトリエンナーレに文句を言う黒瀬


黒瀬は野党に対して「安倍政権の金の使い方に文句を言うな」と言いたいがために「数百億円規模の議論をするな」と言っていると思われますが、その一方で、自分に都合の悪い税金の使い方には文句を言います。
ここで話題になっている科研費は約6億円。数百億円規模の金の使い方を議論しても無駄なら、山口二郎の講義内容がおかしかろうが、科研費を削る議論をするのはおかしいですね。


黒瀬はあいちトリエンナーレに税金を使っていることにも文句をつけていましたね。
あいちトリエンナーレは総事業費12億円で、問題になった「表現の不自由展」の費用は420万円。数百億円規模の金の使い方に文句を言うなというのなら、表現の不自由展に420万円ぽっちの税金が使われようが、文句言うのはおかしいですね。(しかも、実際には税金ではなく寄付で賄われた)


外国人留学生救済のための現金給付にも文句をつけていましたね。数百億円程度の金の使い方を議論するなって言うのなら、審査が面倒だから成績要件なんかつけないで全員に金を配ればいいんじゃない?
こういう時には、「差別じゃない」とか「いずれ母国に帰る人が多い留学生は区別すべきだ」とか議論をしだす。数百億円程度だったら議論しないんじゃなかったのかよ。


他にも、「大阪のハコモノや無駄遣いは本当に酷かった」とも言っています。

さらに、「歳出に限りがある以上は無駄金なんか使えない」と発言したこともあります。
このように、黒瀬は自分に都合がいい時には「これぐらいの金で議論するな」と言うし、都合が悪いと「税金を使うな」とか言うんですよ。頭が悪いだけでなく、ご都合主義にもほどがある。


何度でも言いますが、黒瀬深の知能レベルの低さは異常です。正直、人間かどうかを疑いたくなるレベルで頭が悪いです。こんなバカをどういうわけか10万人もの人間がフォローしていますが、黒瀬深のツイートに賛同するのは、人間としての知能を放棄するのと全くの同義です。


人間としてのプライドがあるのならば、黒瀬深のような異常なレベルのバカだけは、死んでも信頼してはなりません。これに賛同しているリプライを送ってる奴がいますが、正直脳みそのチェックをした方がいいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)