脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの荒らし投稿多発のため、一部のスマートフォンでのコメント投稿を禁止しています。スマホで書き込みできない場合は、パソコンからの投稿をお試しください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別・門地等に対する差別的な書き込みを一切認めていません。そのような書き込みをした者は一発レッドカードでブロックし、IPアドレスを公開いたします。

    また、まともに意味が通る日本語が書けない方や、記事やブログの内容と無関係の内容を繰り返し書き込む方も、度が過ぎる場合は「荒し」と見なしてブロック対象となることがありますのでご注意ください。

    「あ」「ななし」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので避けてください。

    2016年05月

    竹田恒泰ツイッター発言
    容疑者岩埼友宏は日本国籍じゃない


    少し取り上げるのが遅くなってしまいましたが、竹田恒泰氏が、このようなツイートをしていました。

      【竹田恒泰「アイドル刺傷犯人の名前は【自称】だから日本国籍じゃない」】の続きを読む

     ・「真の愛国者」は被害者を想う


    ・寄せられた読者コメント

      先日の記事で、読者の方からこんなコメントが寄せられました。

    2016y05m27d_094306545

    >>「例えば韓国人に日本人がレイプされる事件があった時、
    >>まずレイプされた日本人を気遣うのが真の愛国者だ」

    この言葉には、多くの人が共感できるのではないでしょうか。逆に、被害者を気遣うよりも、犯人が日本人か韓国朝鮮人かばかりに気がいくのがネトウヨのマインドなのだと思います。

    「あじあにゅーす2ちゃんねる」の卑劣なデマ見出し

    (スポンサードリンク)

    事実、この事件、このブログでも何度か取り上げたデマサイト、『あじあにゅーす2ちゃんねる』は、こんな反応を見せていました。
      【被害者の命より犯人の在日認定に興味があるのがネトウヨマインド:「あじあにゅーす2ちゃんねる」の卑劣さ】の続きを読む

    5月21日、東京小金井市でアイドルの冨田真由さんがストーカーに刺されるという事件が発生し、24日現在、冨田さんは意識不明の重体が続いています。心より回復をお祈りします。

    しかし、こんな状況も、カルトは差別に利用するのです。案の定犯人が在日認定されました。 【アイドル刺傷犯人、やっぱり在日認定される。】の続きを読む

    前回「『保育園落ちた 日本死ね!!』のブログを書いたのは朝鮮人だ」というネトウヨのデマ(妄想)を取り上げましたが、もう一つ、カルト界隈で生まれたデマがあります。

    このブログを国会で取り上げた山尾議員に対し、ブログを書いたのは山尾議員自身だ、というデマです。 【ネトウヨ「『保育園落ちた日本死ね』は山尾志桜里の陰謀だ!」】の続きを読む

    所謂「ネトウヨ」と呼ばれる人たちの発想が一般人とかけ離れていることは、このブログの読者の方は嫌となるほど見ていることと思いますが、あの話題になった「保育園落ちた 日本死ね!」という発言についても、当然のことネトウヨは驚くほど飛躍した発想を披露していました。

    あの発言を、暴言だとか、品がないとか言うのはわかります。しかし、ネトウヨの発想は違います。「朝鮮人の陰謀」にしてしまうのです!  【ネトウヨ「『保育園落ちた日本死ね』は朝鮮人の陰謀だ!」】の続きを読む

    孫向文という漫画家が、こんなツイートをしていました。

    【テキサス親父「漫画の主人公は女ばかりだ。男女共同参画の悪影響だ!」】の続きを読む

    高須克弥院長(70)とは、famousでありinfamousでもある高須クリニックの院長ですが、ナチス大好き人間で「アウシュビッツは捏造だ」と言っている人としても有名なのです。アウシュビッツの話は次の機会にしますが、そんな高須院長は、当然のごとく、自分の都合のいいデマにはあっさり騙される御方なのであります。
     
    【30年前のデマに未だに騙されている高須克弥院長(70):『アンネの日記は捏造だ』】の続きを読む

    少し前に、このブログのトップ記事のコメントで、読者の方から日本の「自虐史観」に関する産経新聞記事を紹介されました。
    【1ビット脳の産経新聞:「日本の戦争を悪く言うことは原爆を肯定することだ」】の続きを読む

    ここまで2回(第1回第2回)にわたって、上念司氏の憲法理解がどれだけ稚拙で幼稚で陳腐なものか紹介してきましたが、今回はその続き、「常識は選挙結果で決まる」の回です。

    【上念司のトンデモ憲法論3:「常識は選挙結果で決まる」】の続きを読む

    このページのトップヘ