脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    2016年12月

    久しぶりの更新で少し時期を逸してしまいましたが、このブログで何度も取り上げてきた百田尚樹は、年が明けても 変わらずネトウヨの親玉をやり続けることでしょう。


    ネット上で右翼的な発言をする者の中でも知性を感じさせない人物が「ネトウヨ」 と呼ばれており、今年の「流行語大賞」で「保育園落ちた、日本死ね」が選ばれた時には、彼らによる知性を感じさせない批判がネットに山ほどあふれました


    その典型的なものが、 「山尾志桜里による自作自演」というものです。 


    ネトウヨ界隈では、「保育園落ちた、日本死ね」が、民進党の山尾議員が自分で投稿して自分で国会で取り上げた自作自演だ、という主張が横行し、保守速報などは「確定」と言って、知性のなさをさらけ出しています。


    もちろん、時系列を見ればそんな可能性はゼロであり、以前このブログでも取り上げたのですが、何と百田氏はこのネトウヨの妄想を信じているらしいのです。

    2016y12m30d_093336696

    >>「(「日本死ね」に対しては)今も自作自演という疑念が晴れません。
    >>つまり、山尾さんが勝手にそういうブログを立ち上げて、
    >>政府に対して何か批判したいがためにブログを書いて、
    >>それで(国会で)言うたとも言われています」との疑念を述べたのだ。

    ライブドアニュース

    「言うたとも言われています」って、
    2ちゃんねるや保守速報のデマは普通「言われています」って言わねえよ!(笑)



    さらに、百田氏は「自作自演」「確定」とした記事をリツイートもしています。


    ↑百田氏がリツイートしたツイート


    こんなんをRTするって、本気ですか、百田先生? 【Post-Truthの典型例としての百田尚樹:「『日本死ね』は自作自演の疑いあり」】の続きを読む

    坂東忠信という名前を、私は今日読者の方に教えられて初めて知りました。どのくらい有名な人なのか知りませんが、元警視庁通訳捜査官だそうで、外国人犯罪についていろいろ述べているそうです。


    ところが、元警視庁通訳捜査官の癖に、驚きました。言ってることが大嘘だらけなのです。元警視庁捜査官なのに、警察のデータについて嘘をついているので、どうしてこんなことが起こりうるのか不思議でたまりません。


    というわけで、彼の外国人犯罪についての意見について、根本的な間違いを1、2点指摘させてもらいたいと思います。

    【坂東忠信「外国人犯罪は増加している」←この10年間一貫して減り続けています】の続きを読む

    「日本死ね」が流行語大賞ベスト10入りしたことで、ネット上で愛国カルトさんたちが怒りまくっているようですが、石平太郎氏がこんな発言をしていました。




    いやあ、心底呆れました。まず、各ニュースで取り上げられ、国会前デモに繋がり、政府が待機児童対策強化に乗り出すきっかけの一つになった「保育園落ちた日本死ね」を、「流行った痕跡のない」と言えるだけでも大したものですが、どうせ石平氏は自分が批判している「日本死ね」の全文を読んでもいないのでしょう。よくもまあこんなんでジャーナリストを名乗っているものです。

    【行政批判とヘイトスピーチの区別もつかない石平太郎】の続きを読む

    このページのトップヘ