脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」「通りすがり」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」「通りすがり」は禁止ワード設定になっています。
    このブログについて(最初にお読みください)

    愛国カルト( ネトウヨ )の デマ と妄言の一覧

    自民党と安倍政権による嘘・デマ・妄言・暴言・虚言・捏造の一覧

    2019年03月

    <ざっくり言うと>
    • 百田尚樹、文献資料に基づかず想像や推論で歴史を語ったもいいと思っていた!
    • 百田尚樹は、説明と証明の区別がついていない。そのため、フィクションを書く時の作法と学問の作法の違いが理解できていない。
    【百田尚樹先生は、文献資料に基づかず想像や類推で歴史を語ってもいいと思っているらしい…。】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 『在日韓国人の私が、日本を斬る!』という自称在日韓国人が書いた、愛国カルトの脳内の「反日韓国人」を絵にかいたようなブログがあるが、わざとらしすぎる上に内容に矛盾があり、在日韓国人が書いたものではない可能性が大。
    • 以前も『アジアのこころ』という自称韓日ハーフが書いた反日ブログがあったが、本人がなりすましを告白後、ブログが閉鎖されている。
    • 『アジアのこころ』の内容の多くが『在日日本人の私が、日本を斬る!』にコピペされている。ほぼ間違いなく同一人物が書いていると考えてよいだろう。
    • 思想良心に関わらず、自称在日の怪しいブログを根拠に「在日がー!」などと言わない程度のネットリテラシーは必要。
    【自称在日が書いた『在日韓国人の私が、日本を斬る!』というブログは『アジアのこころ』と同じネトウヨのなりすまし:最低限のネットリテラシーは身につけよう】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 西村幸祐をはじめ、1944年の米軍戦時情報局のレポートに「『慰安婦』とは売春婦に過ぎない」という記述があることを根拠に、強制的なものではなく、自由意思の売春婦にすぎないという主張をする者がいる。
    • しかし、そのレポートを見ると、「慰安婦は騙して連れてこられた」とはっきり書いてある。
    • そのレポートの「『慰安婦』は売春婦に過ぎない」というのは、「慰安婦」という語句の説明に過ぎない(アメリカに「慰安婦」(comfort girl)という言葉は存在しないので、言葉の説明として、「"comfort girl" とは prostitute のことにすぎない」と書いてあるだけ)。この記述は、慰安婦という「語句」の説明であり、慰安婦という職業の「実態」についての説明ではない。
    【「米戦時情報局で『慰安婦は売春婦に過ぎない』と書いてある! 自由意思だった証拠!」はデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「日本の教育勅語や修身を元ネタにした『The Book of Virtues』という本が、世界で聖書に次ぐほどのベストセラーになった」というのはデマ。
    • 『The Book of Virtues』は聖書やギリシャ神話やイソップやオー・ヘンリー等から子供の道徳教育に役に立つ話を集めたものであり、教育勅語も修身も一切関係ない。
    • 『The Book of Virtues』の売り上げは200万部超であり、聖書に次ぐようなベストセラーでも全然ない。
    • 教育勅語や修身が世界から絶賛されたなどという事実は存在しない。
    【「教育勅語が米国で聖書に次ぐベストセラーになった」というのはデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 日本維新の会、堂々と「左翼殲滅!」を目標に叫ぶ。
    • 「殲滅」とは「皆殺し」の意味。
    • 日本維新の会に「全体の奉仕者」という意識など欠片もなく、国民の一部を敵扱いして皆殺しにしようという独裁者的な発想を持った連中である。
    【維新の会「左翼殲滅!」:もはやただの狂気の集団】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 共産党が元号廃止を主張しているというのはデマ。共産党が主張しているのは元号法の廃止であり、元号の習慣的使用を否定していない。
    【「共産党が元号廃止を主張した」はデマ:元号は2679年続いている!?】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 百田尚樹、「中国文化は日本人に合わぬ」と言い、「漢文授業を廃止しろ」とまで言っていたにもかかわらず、元号廃止主張については「日本人をやめてくれ」と猛批判。どうやら元号が中国文化であることさえ分かっていないらしい。
    • この程度の知能レベルしかない男の話に耳を傾けるなどバカを見るだけ。
    【「中国文化は日本人に合わぬ!」と漢文授業を否定しながら元号を愛でる百田尚樹】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • ネット上では、教育勅語のいわゆる「12の徳目」を抜き出し、「いいことを言っている」「教育勅語の何が悪い」などと言う連中が後を絶たないが、その連中がもとにしてるのは、原文ではなく、佐々木盛雄という元自民党員が作った、内容が大幅に改竄された偽訳である。ネット上で、「12の徳目」を根拠に教育勅語を称賛している連中は、まず間違いなく原文を読んでいない。
    • 1940年に文科省が作った公式の現代語訳が存在するので、原文を理解できない人は、佐々木盛雄の偽訳ではなく、そちらを用いるべき。
    • 佐々木盛雄の偽訳では、12の徳目の12番目は「国のために真心を尽くしましょう」となっており、ネット上でもそれをもとに教育勅語擁護が行われているが、文科省訳では「一身を捧げて皇室国家のために尽くせ」である。「真心」など、原文のどこにも書かれていない、佐々木盛雄の創作である。
    • 12の徳目も、そのすべては忠と孝を身に着け、「神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚の御栄をたすけ奉」る(永遠に続く皇室の繁栄をお助けする)ためのものである。
    • 教育勅語は、その「根本理念」が「主権在君並びに神話的國体観に基いている」ため、戦後教育から排除されたのは当然のことである。
    • 「12の徳目」のうち11個は、「親孝行しろ」「兄弟仲良くしろ」「法律を守れ」などの当たり前のことであるが、それらを教えるには「親孝行しましょう」「兄弟仲良くしましょう」「法律を守りましょう」と普通に教えればいいだけであり、70年以上前に排除された教育勅語を用いる必要性などどこにもない。

    【原文も読まずに教育勅語を称賛するバカはせめて文部省訳でもいいから読め!】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • ロシアが北方領土で軍事演習を行う。足立康史、立憲民主・国民民主・共産党らが「これ見よがしに騒ぐ」と批判。
    • 日本固有の領土で軍事演習が行われることに対して騒ぐ政治家を非難する足立康史は、北方領土をもはや日本固有の領土とは思っていないのではないか。
    • 結局、足立康史は、愛国心などで信念を持って動いているのではなく、立憲民主や共産党など、彼が「左翼」認定した連中の逆張りをしているだけ。信頼するに全く値しない。
    【足立康史大先生、ロシアの北方領土での軍事演習を批判する奴を批判:もうこいつ売国奴じゃね?】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 小野寺まさる、「日本は朝鮮を植民地支配した」なんて言うのは、「歴史を捻じ曲げ不条理に日本を貶め」ようとしている「反日」行為だと主張。
    • しかし、国語辞典を引いても、百科事典を引いても、海外の百科事典を引いても、ハーバードやオックスフォード大学のHPを見ても、そして日本政府のHPや過去の談話等を見ても、朝鮮を「植民地」だったとしている。
    • 小野寺まさるの主張に従えば、国語辞典も百科事典も英米の辞書や大学も、そして日本政府も反日ということになっていまう。
    • 小野寺まさるのような人間の軽率な反日認定に従うと、小野寺レベルの愛国カルト以外は全員反日で、日本中、世界中、反日だらけになってしまう。
    • 「朝鮮は植民地ではない」と言っている連中は、「広辞苑も、大辞泉も、大辞林も、マイペディアも、世界大百科事典も、日本大百科全書も、検定教科書も、ブリタニカも、コロンビアも、ハーバードも、オックスフォードもみんな間違っていて、自分のほうが正しい」と言っていることになる。誇大妄想が過ぎる。
    • 連中の考える「日本」とは、現実の日本ではなく、彼らの脳内にある「ぼくの かんがえた すごい にっぽん」にすぎず、実在の人物、団体、事件等とは一切関係ないフィクションの産物である。

    【「『日本は朝鮮を植民地支配した』と言う奴は反日」なら、世界中反日だらけやん】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「朝鮮に対して日本は悪い事したと思ってるパヨク連中は、土下座して朝鮮に謝罪してこい」と言うネトウヨさんの言をそのまま受け取ると、「かつて日本は植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」としている日本政府もパヨクとなり、土下座して朝鮮に謝罪しに行かなければならなくなるんだけど、ネトウヨさん的にはそれでいいのかな?
    【ネトウヨ「パヨクは朝鮮に土下座して謝罪してこいw」→日本政府が朝鮮に土下座して謝罪することになるけどいいの?】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 上念司くん、飛行機でCAに「なんで朝日新聞があるんだ」といちゃもんをつけて、CAを困らせる。もはやただのネトウヨ老害クレーマーでしかない。
    【上念司、ただの老害クレーマーと化す:CAに「なんで朝日新聞がある」といちゃもんをつける】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • フジテレビ上席解説委員平井文夫や、もと自民党北海道議会議員の小野寺まさるなど、沖縄の県民投票で「辺野古基地建設反対」が71%の票を取っても、有権者全体の38%にしかならないから民意とは言えない、と言う者がいる。
    • その理屈で言えば、衆議院選挙で、小選挙区で全有権者の26%、比例代表では18%しかとっていない自民党政権が決めた辺野古基地建設にはもっと正当性がない。
    • 「住民投票はアンケートに過ぎない」「選挙が民意」というのなら、玉城氏が勝った時点で沖縄の民意は示されていることになり、なおのこと辺野古反対が沖縄の民意だということになる。
    • 「辺野古反対」を沖縄の民意と認めない一方で、「民意で選ばれた政権の意見に従え」という小野寺まさるらの言は、典型的ダブルスタンダードで卑怯極まりない。
    【沖縄の県民投票が民意でないなら、辺野古基地建設はもっと正当性がない】の続きを読む

    このページのトップヘ