脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    カテゴリ: 自民党

    <ざっくり言うと>
    • 和田政宗、「柴山文科大臣の教育勅語発言は従来の答弁を踏襲したものだから何の問題もない」と主張するも、その「従来の答弁」が安倍政権の下村博文答弁で、当時も大いに批判されていた。
    • 教育勅語に関する戦後の「従来の答弁」とは、「根本理念が国民主権と基本的人権に反する」という理由で衆参両院で排除・失効が決議された教育勅語は教育界から排除されており使用できないというものである。
    • 和田政宗は柴山発言を「従来の答弁を踏襲したもので何の問題もない」と言うが、実際には安倍政権だけが発足時から「従来の答弁を踏襲していない問題ありまくり」の政権であったことを証明している。
    【バカの見本和田政宗、「柴山文科大臣の教育勅語発言は従来の答弁を踏襲したものだから問題ない」←従来から安倍政権がクズだったってだけだろ…】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 柴山昌彦文科大臣、身を呈して他人を助けた人たちを、「国民は自己の権利の主張ばかりするな」というメッセージに利用。
    【柴山昌彦文科大臣、災害や事故の被害者を、権利の抑圧に利用する】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三、大学を「学術研究ではなく職業訓練を行う場に変える」と宣言。
    • 日本人のノーベル賞受賞を喜ぶのであれば、学術研究を軽視する安倍政権を支持するのは自殺行為。
    【日本人のノーベル賞受賞を喜ぶなら安倍政権支持はありえない:安倍晋三「大学を学術研究ではなく職業教育の場にする」と宣言】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 司会「利害関係者とゴルフや会食をするべきではなかったのでは?」
    • 安倍「ゴルフに偏見を持っている! ゴルフは五輪競技だ!」
    • 石破「私なら職務権限を持ってる間は接触しない」
    【安倍晋三、国語を全く理解できない…。わざとか、本当に頭が悪いのか】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 自民党都議・古賀俊昭、「結婚するしないを自己決定する戦後の価値観が問題」「結婚・出産・子育ては社会貢献」だと言い出す。戦前に戻したいのか、この男?
    【自民都議:「「そもそも『結婚する・しない』を自己決定するという戦後の価値観が問題だ」】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三側近、西村康稔官房副長官。総裁選で安倍晋三を支持するよう、地方市議に恫喝と脅迫で圧力をかけるが裏目に出る
    【安倍側近、地方市議を脅迫、恫喝する。もはや完全にヤクザで独裁者】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 元自民党衆議院議員・渡部篤、ネットデマを鵜呑みにし、「NHK『クローズアップ現代』が『天安門事件で虐殺は皆無だった』とフェイクニュースを流した」というフェイクニュースを流す。
    • 「ネットde真実」のアホの言うことを信じてはいけない。
    • 新聞だけ、テレビだけ、ネットだけではなく、新聞もテレビもネットも使い、幅広く情報を手に入れて多面的に事件を見ることが肝要。
    • 自分に都合のいい情報こそ、すぐに飛びつかずに真偽を見極める慎重さが必要。
    【元自民党衆議院議員・渡部篤「NHKが天安門事件で虐殺は皆無とフェイクニュースを流した」とフェイクニュースを流す】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 国民の7~8割が反対している高プロ、IR、6増に、国民と同じく反対した野党と、国民の7~8割の反対を無視して強行採決した自民党と、どちらが国民の方を向いているかは火を見るより明らか。
    • モリカケも7~8割が「安倍総理の説明に納得できない」と答えている。「1年かけて安倍総理の関与の証拠が出てこない」ではなく、「1年かけても国民に納得いく説明ができない」政府に問題がある。
    • 「与党のほうが野党よりマシ」という批判を見ると、実際の野党の行動を見ずに、「野党はこういうことをしているのだろう」という妄想に基づくものが目立つ。
    • LGBT差別などが横行するのも自民党ばかり。
    • 神話に基づき、事実に基づかない消極的自民党支持から脱却し、事実に基づいて、積極的に民主主義を守りに行くことが必要。
    【国民合意を取るという仕事をサボっているのは自民党だ:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう4】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三、加計孝太郎の証人喚問を求められた時には「自分が自民党に指示するのは越権行為であってはならない」と言っていたのに、五輪のサマータイム導入は自民党に指示を出す二枚舌ぶりを発揮。
    【「自分が自民党に指示するのは越権行為であってはならない」と言っていた安倍晋三、サマータイム導入検討を自民党に指示する】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 審議拒否自体は野党戦術として当然ありうるもので、自民党は野党時代に85回も審議拒否している。審議拒否は「サボり」ではない。
    • 問題は、何を求めて審議拒否をしているか、与党がどう対応したかである。
    • 野党の求めていたものは、当然のものにすぎない。
    • 自民党は震災時に復興担当大臣としての入閣さえ拒否している。
    • 「自民党のほうが野党よりもマシ」というのは、道理に合わない批判により人工的に作られた神話に過ぎない。


    【審議拒否は「サボり」ではない:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう3】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 枝野幸男の安倍内閣不信任案支持演説が本になり、アマゾンの売上ランキングで全ての本の中で1位を獲得した。
    • 枝野幸男の内閣不信任演説は、議会制民主主義や立憲主義を学ぶ良き教示になりうるので、今の政治の何が問題なのかわからないという人は、まずはこれを読み、それから現在の政治が「民主主義」と呼ぶに値するか考えてほしい。

    【枝野幸男の演説緊急出版】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党は批判ばかり」はデマである。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 今国会で野党が提出した法案29本を、与党は審議さえしなかった。
    • 批判ばかりで審議さえしないのは自民党の方である。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは無知に基づく神話である。

    【「野党は反対ばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう1】の続きを読む

    このページのトップヘ