脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    カテゴリ: 歴史修正主義

    <ざっくり言うと>
    • 「ASEAN会議にオブザーバー参加していた韓国が唐突に日本批判を始めるも、インドネシアが日本を擁護し、称賛し、逆に韓国を叱責した」という内容のコピペが広がっているが、デマである。
    • そもそも韓国はASEANのオブザーバー資格など持っておらず、オブザーバー参加したという時点でありえない。
    • いつ、どこで開催された、どの会議か、全く不明であり、信頼するに全く値しない情報である。
    • このような情報ソース不明のコピペを信じるなどありえないし、こんなものを信じて拡散するような人間は、一切信用に値しない。
    • 情報ソース不明のコピペを信じないというのは、最低限のネットモラルである。
    【「ASEAN会議にオブザーバー参加してた韓国が唐突に日本批判をしてインドネシアが叱責」はデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • アインシュタインが「あらゆる国の歴史を超越した最も尊い日本が世界の盟主になるべき」と発言したというのはデマ。
    • 「偉人の〇〇氏が××という発言をした」という手のもので、初出がわからないものについては、鵜呑みにしないようにしよう。
    【「アインシュタインが『最も尊い日本が世界の盟主になる』と言った」というのはデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「韓国併合は韓国側が望んだこと」という主張は事実ではない。。
    • この主張は、1909年12月に、一進会という政治結社が「日韓合邦を要求する声明書」というものを出したという一点しか根拠がない。
    • 一進会は政府組織でもなければ、韓国民の意志を代表する組織でもない、一政治結社である。(公称会員数100万だが、4000名ほどに過ぎないという説もある)
    • 一進会の要求は、既に保護国化され主権をほぼ失っていた状況を脱し、「日本と対等な権利を持つ合邦を望む」というものであり、連邦制のようなものを望んでいた。日本に吸収される併合を求めたものではない。
    • 一進会の声明書より前の1909年7月に、日本政府は日韓併合の方針を閣議決定している。
    • 日本は併合以前に、3次にわたる日韓協約で、韓国の外交権、司法権、人事権、軍事権を既に掌握していた。一進会の声明書は、「保護劣等に置かれている羞恥を解脱し、同等政治の権利を獲得すべき法律上の政合邦を求む」というものであった。
    • ハーグ密使事件を始めとする抵抗運動が起きていた。
    • 一進会の声明書を「韓国の意志」や「韓国民の意志」と呼ぶことは出来ないし、既に独立を保てない状況で「保護劣等ではなく対等な合邦を望む」とした一進会の声明書を根拠に「併合は韓国が望んだこと」と言うことはできない。
    【「韓国併合は韓国側から頼んできたことだ」というのはデマである】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 竹田恒泰、「憲法学者、歴史学者、考古学者は極左集団」と発言。
    • 裏を返せば、竹田のような人間は「憲法も歴史も考古学も学んでいないバカ」であると認めているに等しい。
    【竹田恒泰「憲法学者、歴史学者、考古学者は極左集団」←ちゃんと勉強したらお前みたいなバカ右翼にはならないってだけだろ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • サンフランシスコ講和会議でのセイロン代表のジャヤワルダナ氏の演説が、日本を分割統治の危機から救ったというのは嘘である。
    • そもそも講和条約の最終案は会議の約1か月前に完成しており、会議での演説1つごときでいきなり内容が変わったりはしない。
    • 歴史に感動を求めるのがそもそも間違ってる。
    【「ジャヤワルダナ演説が日本を分割から救った」というのはデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 石平太郎、百田尚樹との共著で「特攻隊の人達の犠牲のおかげで、戦後日本人は米国に虐殺されずに済んだ」と意味不明すぎる謎の歴史観を披露。
    【【石平太郎】「特攻のおかげで日本人は米国に虐殺されなかった」というデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「特攻隊がいたから今の平和がある」という考え方が、今の平和を壊す。
    • 今の平和があるのは、特攻隊がいたからではなく、特攻隊を送り出すような狂った国家が潰れたから。
    • 特攻隊の死を無駄と認めることが、特攻隊の死を無駄にしない唯一の方法である。
    【「特攻隊がいたから今の平和がある」というデマ】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 日本の朝鮮支配を「併合だから植民地じゃない」「統治だから植民地じゃない」と言う人たちがいる。
    • 辞書の定義を見れば、朝鮮は植民地の定義にぴったり当てはまる。
    • 大日本帝国政府も朝鮮や台湾を「植民地」と呼んでいた。
    • 「日本は朝鮮を発展させたから、植民地じゃない」という言い分も間違い。イギリス植民地やフランス植民地も、植民地化以前より教育も経済も人口も発展している。
    【「日本統治下の朝鮮は植民地ではない」という主張はデマである】の続きを読む

    高須克弥院長(70)とは、famousでありinfamousでもある高須クリニックの院長ですが、ナチス大好き人間で「アウシュビッツは捏造だ」と言っている人としても有名なのです。アウシュビッツの話は次の機会にしますが、そんな高須院長は、当然のごとく、自分の都合のいいデマにはあっさり騙される御方なのであります。
     
    【30年前のデマに未だに騙されている高須克弥院長(70):『アンネの日記は捏造だ』】の続きを読む

    本日2月11日は「建国記念の日」で祝日です。おそらく多くの人にはただの祝日で、私も特別な祝日とも破棄すべき祝日とも考えていないのですが、中には特別な祝日と考える人も、破棄すべき祝日と考える人もいます。それは、この「建国記念の日」が、神武天皇の即位の日という、神話に基づいているからです。天皇を日本の中心と考える人には、天皇制の始まりの日ですので特別な日ですし、政教分離の原則に反すると考えてこの記念日事態に反対する人もいます。

    毎年各地で祝う式典、反対する集会が開かれましたが、明治神宮で開かれた祝う式典で、國學院大學名誉教授の大原康男氏が、以下のようなことを述べていたそうです。

    CIMG5525
     CIMG5526
    (↑『NHKニュース7』2月11日)

    >>世界を見回せば明らかだが
    >>どの国も建国の日を
    >>最大の祝日と祝っている

    >>政府みずからこの日の奉祝式典を
    >>主催・挙行すべきであるのは当然のこと


    はっきり言って、
    です。

    より正確には、意図的な卑怯なミスリードが行われていると言うべきでしょうか。 
      【國學院大學大原康男名誉教授の嘘:「世界中どこの国も建国の日が最大の祝日」?】の続きを読む

    今日新たに知ったことですが、どうもネトウヨ界隈では、「サンフランシスコ講和会議でセイロン(スリランカ)代表が日本を分割統治から救ってくれた」という話が信じられているらしいです。

    2015y12m16d_131139162
    2015y12m16d_130440288
    ShounanTK‏@shounantのツイート

    検索してみたら、「日本を分割占領案から守ってくれたセイロン(現スリランカ)代表の名演説」という動画がいくつも見つかり、これが拡散されているようです。

    日本の分割統治案があったことは有名な話ですが、セイロン代表の演説がその危機から日本を救ってくれたとは、初耳でした。へー、サンフランシスコ講和会議のセイロン代表の演説で…。サンフラン……。

    サンフランシスコ講和会議!!??

    1951年じゃねーか!!!!

    【「講和会議でのスリランカ代表の演説が日本を分割統治から救った」というネトウヨのあまりに頭が悪いデマ】の続きを読む

    南京事件(南京大虐殺)は、被害者数などその実態が長年議論の的になっていますが、中にはとんでもない論理で存在そのものを否定する人も少なくありません。たまたま見つけた具体例を一つ紹介しましょう。

    2015y12m16d_115552678
    Saijo_Masaru‏@Saijo_Masaru15のツイート

    >>「乱暴、放火、窃盗等を行うな。規律違反は厳しく処断する」という
    >>軍命令があったから虐殺はなかった!


    どういう理屈!!??

    【「軍律があったから軍律違反はなかった!」これぞ愛国カルト的発想法!】の続きを読む

    このページのトップヘ