脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別・門地等に対する差別的な書き込みを一切認めていません。そのような書き込みをした者は一発レッドカードでブロックし、IPアドレスを公開いたします。

    また、まともに意味が通る日本語が書けない方や、記事やブログの内容と無関係の内容を繰り返し書き込む方も、度が過ぎる場合は「荒し」と見なしてブロック対象となることがありますのでご注意ください。

    「あ」「ななし」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので避けてください。

    カテゴリ: netgeek

    文科省における「総理のご意向」文書の存在が確認され、さらに7月24日には「加計学園への伝達事項」というメールの存在も文科省が認めました。


    しかし、これらの文書が登場したとき、愛国カルトたちは「朝日の捏造」だの「民進党の捏造」だの大騒ぎでした。彼らの知性の低さはいまさら言うまでもありませんね。

    【netgeek、存在した文科省文書を捏造扱いして恥をかく】の続きを読む

    私はnetgeekというサイトは、デマばかり吐く本当に卑劣で卑怯で存在価値の一遍もないゴミサイトだと思っています。つい先日、このデマサイトは、私がもうずっと昔に論破した内容で記事を書いていたので、ご紹介したいと思います。

    【netgeekというデマサイトがとっくの昔に論破されたデマを今更吐く:「辻元は二重国籍者から国籍を剥奪しろと言った」?】の続きを読む

    蓮舫の二重国籍問題で、ネットモブ(ネトウヨ・愛国カルト)たちが沸いています。母親が日本人で、日本生まれ日本育ちで日本国籍を取得している人物に対し、「二重国籍の時点で日本人ではない」などという人間までいることに驚愕を禁じえません。「帰れ」って、日本生まれ日本育ち日本在住の人がどこに帰るんですかね?



    しかも、この人のツイートをよく見ると、台湾の国旗でなくタイの国旗! 台湾と中国が区別できないだけでなく、台湾とタイも区別できないという頭の悪さに驚かされますね。

    thai-taiwan
    (左が台湾、右がタイ。どうやって間違えたんだろう?)


    さらに、中には「二重国籍」ではなく、「そもそも日本国籍ではないのでは」などと言い出す信じられないレベルのアホまでいます。参議院議員に立候補する際に戸籍を選管に提出しないといけないので、日本国籍を持っていないっていうのは、絶対にありえないんですけどね。

    2017y07m21d_155753796

    さて、蓮舫は台湾との二重国籍だったわけですが、ネットモブたちは「台湾は親日」「台湾と仲良くしよう」などと言い続けてきました(例:「日本が台湾を守らなくて誰が守るのか」と、台湾を属国のように扱う山際澄夫)。そのため、蓮舫が台湾との二重国籍だと叩きづらいわけです。 (中国と台湾の区別もついていない奴も大勢いた


    そこで彼らが編み出したのが、蓮舫の三重国籍、四重国籍疑惑で、蓮舫が中国と韓国の国籍まで持っている、というアクロバティックな主張です。

    【蓮舫が四重国籍だというどうしようもなく頭が悪いデマ】の続きを読む

    前回、netgeekがデモを「暴走」と呼ぶなど、民主主義も言論の自由も全く理解していないことを紹介しました。


    デモを「暴走」と呼んだnetgeekのSEALDs批判は、貧困者批判へと「暴走」していき、netgeekがそもそも政治の役割というものを根本から勘違いしていることを露呈します。


    【netgeek「国に貧困対策を求めることは国を『攻撃』することだ!」】の続きを読む

    言うまでもありませんが、デモというのは民主主義国家で認められた正当な活動です。そして、ベトナム反戦運動など、デモによって世界が動いたことも歴史上少なくありません。


    とことが、昨年の日本の反安保デモを破壊活動であるかのように罵った者も少なくなく、netgeekという有名ウェブサイトの記事の卑劣さは驚くべきものがありました。民主主義も言論の自由も理解しない人間の心の貧しさがよく表れている記事だと思うので、紹介してみたいと思います。

    【デモを「暴走」と呼ぶ民主主義も言論の自由も知らないnetgeek】の続きを読む

    このページのトップヘ