脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    カテゴリ: 八幡和郎

    今回の記事は本来八幡和郎氏についての別の記事のはずだったのですが、蓮舫氏が台湾籍が抜けていなかったことが判明し、彼が調子に乗っているので、予定を変更してそのことについて書きたいと思います。

    【八幡和郎の差別意識丸出し発言「華人に国を乗っ取られるところだった」】の続きを読む

    八幡和郎氏について2回記事を書いてみて、彼がどういう人間か、確信を得ることができました。言葉は悪いですが、「バカ」以上に適切な表現が思いつきません。


    今回は八幡氏が繰り返し蓮舫氏に求めている「国家への忠誠心」について考えてみたいと思います。外国人や帰化人に「忠誠」を求める人たちにも考えてもらいたい問題ですね。

    【八幡和郎が求める「国家への忠誠」とはいったい何なのか】の続きを読む

    蓮舫氏の二重国籍疑惑が突然浮上しております。この問題について、八幡和郎という徳島文理大学大学院教授が、『アゴラ』というサイトで繰り返しこのことを記事にしています。


    ところが、そこで言っていることは偏狭なナショナリズム丸出し。21世紀になってもいまだにこういう人がいるのかとあきれさせられる内容でした。国籍や帰化などを考える一助になるのではないかと思い、紹介したいと思います。


    八幡氏の執筆した記事は多数ありますので、何度かに分けて紹介したいと思いますが、今回はまず「せめて戸籍通り村田蓮舫で首相をめざして欲しい」という、八幡氏が蓮舫氏の名前を問題にする、という傲慢さを示したところを紹介したいと思います。

    2016y09m06d_211215564
    アゴラ2016年8月15日

    【八幡和郎「蓮舫なんて中国名で首相を目指すなんて日本人をなめている」←意味が分からん】の続きを読む

    このページのトップヘ