脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「あ」「ななし」「名無し」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。

    カテゴリ: netgeek

    ざっくり言うと
    • netgeekが「朝日新聞が、安倍首相が加計孝太郎氏に会ったとされる2015年2月25日の首相動静をウェブ上から削除し、証拠隠滅を図った」という記事を書く。
    • 百田尚樹や上念司などが、netgeekのデマ記事を鵜呑みにして拡散。
    • そもそも、朝日新聞は首相動静に面会記録がないことを自ら報道している
    • 実際には1年以上前の朝刊記事はほぼ全てリンク切れ。つまり単に公開期間が終了しただけ。
    • そもそも、ウェブ上で閲覧できなくなったところで、証拠隠滅にはならない。そんな風に考えるのは、ネットで無料で手軽に手に入る情報しかみないような情報弱者だけ。
    【デマサイトnetgeek、「朝日が首相動静を消して証拠隠滅」とデマを吐く】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 嘘つきの嘘つきによる嘘つきのためのデマサイトであるnetgeekが、またもや「愛媛の新文書には明朝体とゴシック体が混じっている! 後から改竄した証拠!」という、頭の悪さ前回の記事を執筆。
    • 農水省でも発見されて、後から改竄された可能性がゼロである、すでに公開されていた方の愛媛文書も、明朝体とゴシック体が混じっているため、フォントの混合が改竄の証拠という主張は破綻している。
    【netgeek、「フォントがおかしいから愛媛文書は捏造」と、またもや頭の悪さを発揮するデマ記事を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ