脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    カテゴリ: 井上太郎

    <ざっくり言うと>
    • ネット上では「共産党は欧米では違法組織である」「日本もそれに倣い共産党を違法化すべきだ」と主張する者がいるが、デマである。
    • G7各国に共産党は存在し、フランス共産党は国会に約30議席持っている。スペイン共産党、ポルトガル共産党なども国会に議席を持っている。
    • アメリカ共産党などが非合法化されたことはあったが、それは1930年代~1950年代であり、チャップリンが共産主義者扱いで国外追放されたような時代であり、言論の自由の保証が不十分だった時代の遺物にすぎない。


    【「先進国で共産党が違法でないのは日本だけ」というデマ】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 百田尚樹がまだ書かれてもいない記事を勝手に妄想して朝日新聞批判。怒りのセルフサービスという新しい発想!
    • さらに朝日新聞の読者というだけで「日本の敵」とみなすという超短絡思考。
    • 有事の際には「テロ組織を作って日本の敵を殺す」と宣言する百田くん。ヤバすぎる犯罪者思考。
    【百田尚樹、怒りのセルフサービス! 起きてもない事件の書かれてもいない記事を勝手に想像して勝手にキレる! 「朝日読者は日本の敵だ」】の続きを読む

    先日、関東大震災での朝鮮人虐殺について取り上げました。その関東大震災での朝鮮人虐殺について、このブログを始めるきっかけにもなった存在である、究極と言っていいほどのデマゴーグである井上太郎が、ツイートしていました。井上太郎は、そのツイートのほぼ100%が、嘘か差別発言かのどちらかという、常人には理解しがたいレベルの超絶大嘘つきの差別主義者ですが、予想を裏切らず、この件についても平気で大嘘を吐いています。


    >>関東大震災当時に朝鮮人に対して日本では何も起きていません。
    >>虐殺どころか襲撃もありません


    相変わらず何の情報ソースも提示することのない井上太郎。井上太郎は自分のツイートの根拠を全く示さないところにその卑怯さの本質があります。


    もちろん、先日の記事で取り上げた通り、関東大震災での朝鮮人虐殺については、当時の資料に明白な証拠が残っていますので、改めて引用したいと思います。

    【井上太郎「関東大震災での朝鮮人虐殺はデマ」とデマを吐く】の続きを読む

    蓮舫の国籍問題に絡んで、こんな発言をしている人たちが大勢いるようです。




    「アメリカでは国会議員に立候補するとき、4代にわたり家計を公表することが義務付けられている」

    「宗教も公表することが義務付けられている」

    という話が出回っているようです。


    はっきり述べます。
     
    こんなデマを信じるやつは常識の一遍もない大バカです。


    毎回毎回思いますが、ネトウヨというやつらは、どこどうやればここまでバカになれるのか、全く理解できません。思考回路が一般人と大幅にずれているとしか思えません。

    【「アメリカでは4代に渡って出自を公表しなければ国会議員になれない」というのは井上太郎が広めたデマ】の続きを読む

    私はツイッターでそれなりに有名人であり、青林堂の雑誌でも執筆している井上太郎という人物を、典型的な愛国カルトであり、その中でも特に最低の人物だと思っています。

    息を吐くようにデマを吐き続け、「日本の核保有は世界に安心を与える」とまで言うあまりにも自己中心的な発想が出来る、どうしようもない心底あきれ果てる人物で、私が初めて触れた「ネトウヨ」であり、彼の大嘘と差別にまみれた見るに堪えないナショナリスティックな言動が、このブログを始めたきっかけでもあります。

    しかし、もう半年以上彼の発言は紹介していませんでした。それは彼が1日に何件ものデマを飛ばすため扱いきれなかったのと、先ほども述べた通り彼の発言はあまりにも見るに堪えないため、これ以上読みたくなかったからです。


    しかし、今日たまたま彼のツイートを見てしまいました。やっぱり、どうしようもなく頭の悪いことを言っていました。



    【どうしようもなく愚かな井上太郎:「広島長崎平和式典は左翼の式典だ」】の続きを読む

    憲法53条には「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」と書かれています。しかし、野党が臨時国会開催を求めているにもかかわらず、与党が応じず、その対応が憲法違反ではないか、と指摘されています参照

    さて、このことについて、このブログで何度も大嘘つきとして取り上げている井上太郎が、こんな発言をしていました。

    2015y12m28d_164924037
    本人のツイート

    井上太郎は、「国会改修中だから、臨時国会は開催できない。それを知りながら国会開催を求めて自民に恥をかかせようとする民主党は卑怯だ」と述べています。それでこれが839リツイートもされていますね。

    しかし、そうであれば、自民党がそのように反論しているはずですよね。果たして、井上太郎の指摘は本当でしょうか?

    (※余談ですが、「姑息」とは「その場しのぎ」という意味であり、「卑怯」という意味はありません。このへんも井上太郎らしいですね)

    結論から言いますと、いつも通り大嘘です 【井上太郎の大嘘「国会修繕中だから臨時国会は開けない」:国会広報「そんなことあり得ない」】の続きを読む

    川内原発が再稼働しました。先日その川内原発にミサイルを撃ち込まれた場合の被害想定はしているのか、と山本太郎議員が自民党に問い、自民党は仮定の話だから答えられないと言って回答を避けましたが、それについて愛国カルトの重鎮・井上太郎がこんなことを言っています。
    2015y08m11d_193223165
    本人のツイート

    「最もいらない場所を選択して建てた原発」
     
    なんと、井上太郎は福島や川内、美浜、浜岡、そのほか原発のある場所を「いらない場所」と表現しました!

    【原発立地箇所は「いらない場所」? 日本を愛してなんかいない井上太郎】の続きを読む

    愛国カルトの重鎮、井上太郎は以前「アンチ井上」についてこんなことを言っていました。
    2015y07m12d_140117624
    >>ごく一部をとりあげ批判し、己の一部の意見が全てで、己が正しいと独善的。

    まさに井上太郎のことですね。
      【ブーメラン井上太郎:嘘ばかりで品の欠片もないサイコパス】の続きを読む

    このブログで井上太郎のことは繰り返し紹介してきました。私はこの人物を愛国カルト(ネトウヨ)の中でも特に頭の悪く、卑劣で、人間として最低最悪の卑怯者だと思っています。

    そんなネトウヨ界の重鎮井上太郎は青林堂という出版社から『日本のために』という本を出版しました。 内容は推して知るべし。
    「偏向マスコミ」だとか
    「左翼を潰す」だとかの典型的な愛国カルト発言から、
    民主党政権が各省庁に「スパイ工作員を意図的に配置した」だとか
    「在日帰化人の左翼過激派が民主党本部事務員の身分で内閣府にまで入り込んでいた」だとかの根拠のない被害妄想
    また「外国人生活保護受給者は民主党政権になりいきなり上がった」というような実際の数字に明らかに反するデマ
    さらには在日韓国朝鮮人に対するこれまでどおりの井上太郎の差別発言で構成された最低のヘイト本です。
    もちろん、これまで通り一切情報ソースは書かれていません。参考図書なんてのが書いてあっても、その本の一体どこをどう参照したのかまるで不明です。

    2015y07m12d_122259349
     ↑青林堂はこういう本ばかり出してます
    【井上太郎の頭の悪さ:裁判に負けても負けたことさえ理解できない異常な嘘つき】の続きを読む

    ここしばらく、精神の平穏を保つために愛国カルトの皆様から離れていたのですが、約二か月ぶりにブログを更新します。

    2014年末現在、日中韓の関係は過去最悪とまで言われ、内閣府の調査で「中国(韓国)に親しみを感じるか」という世論調査で、「感じない」が中国83%、韓国63%で過去最悪を更新しました(毎日新聞参照)。

    私も、今中国や韓国に親しみを感じるのは難しいと思います。小笠原諸島での中国漁船による密漁、尖閣諸島、竹島、産経新聞ソウル支局長起訴、仏像返還問題、告げ口外交、etc...。繰り返される反日的、挑発的言動に、多くの日本人はうんざりしていることと思います。わたしもその一人です。

    しかし、じゃあ中韓との関係が悪いままでいいかというと、私はそうは思いません。それは、この状態が日本のためにならないと考えるからです。一方、愛国カルトの皆さんは、国益ではなく感情で物事を考えるため、「中韓と断交だ」などと主張します。その代表として、このサイトではおなじみの井上太郎を紹介しましょう。

     2014y12m28d_020207680

    【安全保障が理解できない愛国カルト。「外交円滑化」の必要性もわからない】の続きを読む

    息を吐くように嘘を吐く愛国カルト、井上太郎が憲法9条批判で頭が悪すぎることを言っています。しかし、注意しないとこんな頭が悪い発言でも騙される恐れがありますので取り上げたいと思います。

    2014y10m10d_003110687
    参照)  【愛国カルトの卑怯な誤魔化しの実例 ~井上太郎の頭が悪すぎる9条批判~】の続きを読む

    非常に久しぶりの更新です。愛国カルトを相手にしていると、相手の気持ち悪いまでの差別発言や、頭がどうかしているんじゃないかと思えるほどの妄想ぶりに、見ていてかなり精神的に疲れてしまうので、海外出張で更新できなかったのを機に更新を止めていたのですが、また自分にできる範囲で少しずつ更新していこうと思います。

    さて、今回は「左翼」について。ネットで活動する愛国カルトのことは「ネット右翼」と呼ばれることもあるように、思想を右か左かに分類すれば、言うまでもなく「右」ということになります。当然、彼らは自分たちと対立する「左翼」が大嫌いであり、ことあるごとに「左翼」を批判します。そうですねえ、右翼も怖いですが、左翼も怖いですねえ。

    しかし! 彼らの左翼批判を見ていると、現実には存在しない人間相手にシャドーボクシングをしているようにしか見えないのです! 言い換えれば、現実の「左翼」ではなく、脳内で勝手に作り上げた「左翼」のイメージを根拠に批判を展開しているのです。

    具体歴な例を見てみましょう。 【ネトウヨの考える左翼はフィクションです。実在の人物・団体・主張等とは一切関係ありません】の続きを読む

    このページのトップヘ