脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別・門地等に対する差別的な書き込みを一切認めていません。そのような書き込みをした者は一発レッドカードでブロックし、IPアドレスを公開いたします。

    また、まともに意味が通る日本語が書けない方や、記事やブログの内容と無関係の内容を繰り返し書き込む方も、度が過ぎる場合は「荒し」と見なしてブロック対象となることがありますのでご注意ください。

    カテゴリ:嫌韓デマ > 在日認定

    少々久しぶりの更新です。更新してない間も訪れてくださっていた皆様方、お待たせしました。


    さて、8月16日にNHKの『ニュース7』で子どもの貧困が取り上げられ、そこで「貧困女子高生」が紹介されました。彼女はデザイン系の学校への進学を希望していましたが、入学金50万円が工面できず進学をあきらめざるを得ず、金銭的問題で夢をあきらめざるを得ない子供がいる、という内容でした。


    ところが、多くの方がござ音字だと思いますが、ネット上では、この女子高生に対する誹謗中傷があふれました。彼女のツイッターが特定され、彼女が「1000円のランチを食べていた」とか、『ワンピース』のグッズをたくさん持っているとか、そういうことを取り上げ、NHKによる「やらせ」だの「捏造」だののNHK叩きに始まり、この女子高生個人に対する中傷が行われ、彼女の自宅まで特定してネット上にさらすという、プライバシー意識の欠片もないような連中があふれました。



    【「貧困女子高生」を在日認定する『あじあにゅーす2ちゃんねる』】の続きを読む

    このブログでは「ネトウヨ」によるこれまで数多くの「在日認定」を見てきました。ここでいう「在日」とは、在日韓国朝鮮人のことであり、当然「ネトウヨ」によって在日認定された人は怒ります。


    しかし、在日認定をする「ネトウヨ」たちが在日韓国朝鮮人を見下していることはもちろんですが、彼らはこう述べます。


    「在日認定に怒るのは、お前こそ在日を見下しているからだ」と。
    【「在日認定に怒るのは在日を見下してる証拠」というネトウヨの自分勝手な思考を破壊する『マギ』】の続きを読む

    在日外国人の生活保護については以前記事を書いたことがありますが、

    「諸外国では外国人に生活保護を与えない」とか

    「外国人への生活保護は違法」とかは全部デマです。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

    でも、自分で何にも調べもせず「どの国も外国人に生活保護は与えない」と言う人はまだまだいます。



    【これが在日認定の手法だ:「人の嫌がることをするのは在日」←だったらお前も在日じゃ!】の続きを読む

    相模原の殺人事件のあと、急にこのブログのアクセスが倍増しました。普段は一日3000~5000ほどなのですが、急に6000~7500ほどになりました。どういう検索キーワードで来ているのか見てみたら、予想通りでした。「相模原」「在日」というキーワードでのアクセスによるものでした。

    2016y07m31d_220246101
    ↑だいたい普段はこんな感じのキーワードでこのブログに訪れる

    2016y07m31d_220320505
    ↑突然アクセスが増えた日はこんな感じだった

    【日本の犯罪者の95%は日本人なんだから、いい加減犯人の在日認定はやめたらどうかな】の続きを読む

    このブログで数度取り上げている自称ジャーナリスト西村幸祐。私はこの人物にジャーナリストを名乗るだけの知性はないと前から思っていましたが、今回またそれを強く感じました。

    まず、この男、保守速報を鵜呑みにしていました

    【保守速報に騙される西村幸祐:幼稚な差別発言の繰り返し。お里が知れるとはこのことか】の続きを読む

    相模原での大量殺傷事件ですが、犯人の在日認定を助長した一つのツイートがありました。




    犯人の同級生を名乗る人物が、植松聖容疑者が韓国籍で、のちに帰化した、と言ってるわけですね。当然、多くの2ちゃんねるやまとめサイトが喜んで飛びつきました。

    【相模原犯人の同級生を語るツイートを鵜呑みにする人たち:想像力はないのに妄想力はたくましい】の続きを読む

    大きな事件が起きるたびに愛国カルト(ネトウヨ)の在日認定妄想が炸裂するのでうんざりさせられ、もう一々紹介する価値もないかもしれませんが、やはり愛国カルト(ネトウヨ)がどれだけ卑劣な連中か確認して、自らの戒めにすることは必要な作業かと思いますので、今回も見てみましょう。

    相変わらずデマしか書かない日本有数のクズネトウヨサイト『あじあにゅーす2ちゃんねる』は、こんな記事を掲載しました。

    2016y07m26d_230714072

    相変わらず「確定」という言葉と「キターーー」という言葉が好きなサイトですね。こういうのを見ると、知性というものは「キター」の「ー」の数と「w」の数と反比例するのではないかという気がしてきます(今後「w」の使用は極力控えようかと思います)。同様の記事は別に2ちゃんねるまとめサイトにも多数掲載されています。
    【相模原殺人犯、やっぱり在日認定される。稚拙な釣りと騙されるバカたち】の続きを読む

    先日、「舛添要一、在日認定される」という記事を書きました。相変わらず、「朝鮮飲み」など典型的なネットde真実」にすぎず、よくもまあ、こんなことで騒がる人がいるものだ、と驚かされます。

    ところが、読者から、こんなコメントが届きました。

    2016y06m30d_103811392
     >>舛添は自分の母親のことをオモニと呼んでることを知らんのかね ここの人たちは。


    おお! 舛添氏は、自分の母親のことをオモニ(韓国語で母の意味)と呼ぶとな! これは面白くなってきました。早速、この情報源を探ってみましょう。 【ネトウヨ「舛添は母親をオモニと呼ぶ」←日本語が理解できないレベルのバカ】の続きを読む

    まさか、ここまでアホな在日認定が起きるとは、思ってもみませんでした。News. US という、有名なネトウヨまとめサイトに、こんな見出しがついていました。

    2016y06m22d_010622481

    もともと自民党で、自民の推薦を受けて都知事になった舛添氏が辞任して、どうして「在日崩壊」なんて見出しがつくんだ、と一瞬不思議に思いましたが、「まさか」と思い、見てみると、そのまさかでした。
      【舛添要一、在日認定される】の続きを読む

    竹田恒泰ツイッター発言
    容疑者岩埼友宏は日本国籍じゃない


    少し取り上げるのが遅くなってしまいましたが、竹田恒泰氏が、このようなツイートをしていました。

      【竹田恒泰「アイドル刺傷犯人の名前は【自称】だから日本国籍じゃない」】の続きを読む

    5月21日、東京小金井市でアイドルの冨田真由さんがストーカーに刺されるという事件が発生し、24日現在、冨田さんは意識不明の重体が続いています。心より回復をお祈りします。

    しかし、こんな状況も、カルトは差別に利用するのです。案の定犯人が在日認定されました。 【アイドル刺傷犯人、やっぱり在日認定される。】の続きを読む

    高岩ヨシヒロなる人は、妻が『日之丸街宣女子』を描いた富田安紀子という、夫婦そろって在特会と密接な関係がある漫画家なのですが、こんなことを言っていました。

    2016y02m10d_175748902
    本人のツイート

    >>『SEALDs』って共産党母体なんでしょう?
    >>英語表記が好きなのは在日の皆さんの特徴ですけど?


    すみません、ちょっと何言ってるかわかんないです。
     
    【高岩ヨシヒロ「英語表記が好きなのは在日の皆さんの特徴」←ちょっと何言ってるかわからないです】の続きを読む

    大阪寝屋川市での中学生二人が殺されるという恐ろしい事件が発生し、その容疑者として地元在住の山田浩二容疑者が逮捕されました。そしえ、予想どおりネット上では山田容疑者の在日認定が行われました。

    2015y08m27d_083316825
    (↑「山田浩二 在日」でリアルタイム検索をかけた結果)
      【山田浩二容疑者やっぱり在日認定される。根拠は「キムチ好き」!?】の続きを読む

    五輪のエンブレムとサントリーのバッグのデザインの問題で渦中の佐野研二郎氏。佐野氏はバッグのデザインについて、デザイナーが他者の作品をトレースしたことを認め、謝罪しました。これを見て私は、「韓国のパクリばかり言う連中が多いけど、どこも似たようなもんなんだな」という感想を持ったのですが、「これで愛国カルトも『パクリ韓国』みたいに言いづらくなるかな」と思っていたら、実際の愛国カルトたちの反応は違いました。

     2015y08m18d_011537305
    本人のツイート

      【佐野研二郎氏、在日認定される】の続きを読む

    このページのトップヘ