脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」「通りすがり」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」「通りすがり」は禁止ワード設定になっています。
    このブログについて(最初にお読みください)

    愛国カルト( ネトウヨ )の デマ と妄言の一覧

    自民党と安倍政権による嘘・デマ・妄言・暴言・虚言・捏造の一覧

    カテゴリ: メディアリテラシー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 逮捕は刑罰ではなく、証拠隠滅や逃走を防ぐための措置であり、その恐れがない場合は逮捕されないのが当然である。
    • 池袋の暴走事故で加害者が逮捕されないのは、過去の事例と比べても、特別なことではない。
    • 池袋の暴走事故で書類送検まで7か月かかったことも、過去の事例と比べても、特別なことではない。
    • 書類送検は身柄が拘束されていないだけであり、不起訴でも無罪でもなく、刑が軽いとも限らない。
    taiho

    【池袋暴走事故書類送検:「逮捕しろ!」と言ってる人は、逮捕がそもそも何かを勘違いしている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • デマを流すものは後を絶たないのは、デマに騙されて拡散する者がいるからである。
    • デマを鵜呑みにして拡散したら、もう「デマに騙された被害者」ではなく「デマで人を攻撃した加害者」に他ならない。
    • SNSのデマのせいで、中傷事件や偽計業務妨害事件や殺人事件まで起きている。
    • SNSを鵜呑みにして拡散することは、犯罪行為に等しい。
    • ネットの不確かな情報を鵜呑みにしない、拡散しないということは、ネットを使う最低限度のマナーと考えるべき。

    【SNSを鵜呑みにしてデマを拡散するのは犯罪も同然! デマを吐く卑劣な奴らの片棒を担ぐな!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 池袋で事故を起こした飯塚幸三氏に関して、「こいつが息子だ」とか「孫が警察庁幹部だ」とか、根拠のない噂話が出回っているが、「ネットde真実」はいい加減にしよう。
    • 安倍晋三の元秘書の飯塚洋の父親が飯塚幸三だという説がネットで出回っているが、『週刊ポスト』によれば、飯塚洋の父親は飯塚光という別人物。
    • 2年前の東名高速道事故では、容疑者と苗字が同じだというだけで親子扱いされた人物の会社に嫌がらせ電話が殺到し、一時休業に追い込まれている。ネットの噂を根拠に騒ぐのは大変危険である。
    【飯塚幸三氏の暴走事故で「息子が官僚」「息子が総理秘書」「孫の親友が警察幹部」だのデマが飛び交う:「ネットde真実」はいい加減にしろ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 池袋暴走事故の運転手である飯塚氏が逮捕されなかったことについて、「『上級国民』だから逮捕されなかった」と言っている人がいるが、実際には緊急搬送されて入院してしまったから現行犯逮捕されなかっただけである。
    • 逮捕は刑罰ではなく、証拠隠滅や逃走を防ぐために行われるものである。
    • 「逮捕されない」=「無罪」ではない。
    • 飯塚氏が逮捕されなかったことは正常なことであり、おかしいのは長期勾留がまかり通っていることの方である。
    • 「逮捕は社会的制裁の一つ」という認識は間違っている。

    【池袋暴走事故の飯塚幸三氏が逮捕されないことに憤っている人は、そもそも逮捕が何かを勘違いしている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ざっくり言うと
    • 毎日新聞が、朝日新聞が報じたのとは別の文書に、「本件の特殊性」などの文言があることを報道
    • 和田政宗、上念司、高橋洋一、保守速報、アノニマスポスト、netgeek、はちま起稿、KAZUYAなどが、毎日新聞を曲解し、「朝日新聞は別文書を見て『書き換えがあった』と勘違いしたバカだ」と言い出す。
    • 翌日、朝日新聞はその可能性を否定する記事を発表
    • 財務省が書き換えを認める方針を決定する。朝日の捏造と言っていた連中は、果たしてどんな哀れでネトウヨらしい惨めな言い訳をしてくれるのか。
    【保守速、アノニマス、はちま、netgeek、KAZUYA、和田政宗、上念司、高橋洋一…そろいもそろって恥をさらす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日秋葉原で「安倍辞めろ!」「帰れ!」と叫んだ民衆に対し、安倍晋三が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と言ったことを紹介しました(こちらの記事参照)。


    あの抗議活動を「演説を妨害した」と言って批判するのはまだいいですが、一部の愛国カルトたちは、あれが「反日」活動に見えるようで、さらには「外国人」によるものだってことにしてしまうようです。「安倍辞めろ」ってヤジったら「反日」で「外国人」にされてしまうって、彼らの脳みそがどうなっているのか全く理解ができませんが、彼らの脳内ではそうなっているようです。

    【「外国人のデモ参加は違法」「外国人の政治発言は内政干渉」というデマ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    これまでこのブログでは、愛国カルトがいかに一次ソースを確かめずに、SNSやまとめサイトで流れてきたデマ情報を鵜呑みにしているか、その危険性をずっと述べてきました。

    「在日韓国人の生活保護費は2兆3000億円」という、掛け算ができれば騙されないようなデマを吐く人と、それに騙される人。(参照

    「オバマ大統領が日本は単一民族国家で羨ましい」と発言したというまとめサイトのデマを無批判に信じる人(参照

    「日本の民度が世界一と国連が認定」というデマを信じて拡散する井上太郎と井上太郎を盲信する人(参照)。

    記事が配信された日づけさえ確かめない人たち(参照)。
     
    挙げればキリがないです。共通することは、どれもちょっと自分で調べれば騙されずにすんだという点です。 事実を信じるのではなく、自分が信じたいこと、自分に都合のいいことだと、事実確認もしないでまとめサイトやSNS情報なんて信頼性の低いものでも鵜呑みにする、「見たいものを見る」「信じたいことを信じる」という心がデマを生み、人を傷つけます。

    今年の東京大学の入学式での式辞が、まさにこのことに触れた内容だったので紹介したいと思います。  【「愛国カルト」にならないために:東大の式辞に耳を傾けよう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今回は、愛国カルトにかかわらず、嘘つきに騙されないための重要なポイントをご紹介します。「確証バイアス」です。

    確証バイアスとは、個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象wiki)のことです。

    例えば、迷信深い人が、黒猫を見たとします。その日何か不幸なことがあったら、「黒猫を見たせいだ」と思い込んでしまうようなものが確証バイアスです。実際には黒猫を見ても不幸な目に合わなかった日や、黒猫を見てないのに不幸な目にあった日もあるはずなのですが、「黒猫」=「不幸」という概念が頭にあると、それを補強する情報ばかりが心に残ってしまうわけです。

    黒猫程度なら大したことはありませんが、これが人種なんかになると、「偏見」や「差別」と呼ばれるようになります。例えば黒人が逮捕されると、白人も同じように逮捕されていても、「やっぱり黒人は怖い」と思ってしまうようなものですね。

    愛国カルトの確証バイアスで多いものの一つは、外国人に対する確証バイアスです。特に激しいのが在日韓国朝鮮人に対する確証バイアスで、「凶悪犯罪の殆どは在日韓国朝鮮人によるもの」と思い込んでいる人も世の中にはいるのです。

    【確証バイアスに気を付けろ:在日の凶悪犯罪は本当に多いのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    井上太郎があまりにもデタラメばっかり言うので、厳選してツッコミを入れてるとはいえ、あまりの量の多さにうんざりします。今日もバカなことを言っています。日本国憲法第9条がノーベル平和賞の候補になったという話題について。
    2014y04m20d_175300591

    参照
    【愛国カルトは新聞も読まない? 9条ノーベル賞受賞対象はGHQ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今回は愛国カルトの話というより、メディアリテラシーの話です。

    先日、STAP細胞疑惑に関する小保方氏本人の会見がありました。好意的な反応も、否定的な反応も、どっちも数多く出る中、こんな記事がツイッターやfacebookで話題になりました。
    obokataa
    (ハイライト筆者、参照
    iPS細胞でノーベル賞を受賞した中山伸弥教授が、渦中の小保方氏に「彼女を助けてあげたい」「我々の研究所に移ってほしい。大歓迎だ」と言ったとして、大絶賛の嵐でした。よく記事を読みもしない人たちの間で
    【なぜ人は騙されるのか? 記事の日付も確かめない人々】の続きを読む

    このページのトップヘ