脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、新規コメントの受付を停止しております。
    このブログについて(最初にお読みください)
    愛国カルト( ネトウヨ )の デマ と妄言の一覧(内容別)
    愛国カルト(ネトウヨ)のデマと妄言の一覧(発言者別)
    自民党と安倍政権による嘘・デマ・妄言・暴言・虚言・捏造の一覧

    タグ:テキサス親父

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • テキサス親父日本事務局(藤木俊一)、伊藤詩織氏のインタビューの画像を使い、あたかも伊藤氏がレイプ体験を楽しそうに話しているかのように印象操作するセカンドレイプをする。
    • 実際のインタビュー映像を見れば、楽しそうに話してなどいないことはすぐわかる。かなり悪質な切り取りだと言える。
    abcd
    【テキサス親父日本事務局、切り取り画像でセカンドレイプ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • テキサス親父日本事務局、「『ポリティカル•コレクトネス』という言葉を日本に紹介したのはテキサス親父」と嘘を吐く。テキサス親父ごときにそんな影響力があるわけがない。
    • 実際には遅くとも1994年には「ポリティカル・コレクトネス」という言葉が日本に紹介されており、「政治的妥当性」「政治的正しさ」などの訳が当てられている。
    EM3uC5cU0AAABXD
    【テキサス親父日本事務局「ポリティカル・コレクトネスという言葉を日本に紹介したのはテキサス親父」←嘘でした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • テキサス親父とはすみとしこ、琉球政府の存在を知らなかった無知を晒す!
    Establishment_of_Ryukyu_government_stamp
    【テキサス親父&はすみとしこ、琉球政府の存在を知らなかった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今回はデマとかなんとかじゃなくて、テキサス親父日本事務局がどれだけバカかって話です。


    テキサス親父日本事務局が、なんと私についてこんなことを言っていました。



    >>桑原一馬って、ブロックしてその内側で吠えてて何が楽しいんだろう?
    >>伝わらないじゃないかwww
    >>嘘をバラされるのが怖いからブロックして、
    >>ブロックないで嘘吐きまくるんだなw
    >>何の為なんだよw
     

    おいおい、痴呆症か!!??

    私はお前をブロックしていないよ!

    お前が私をブロックしてるんだよ!!
     

    2017y01m12d_221549049
    ↑ジャジャジャジャーン!  【テキサス親父日本事務局、卑怯なうえに物忘れか? 自分がブロックしておいてブロック批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    孫向文という漫画家が、こんなツイートをしていました。

    【テキサス親父「漫画の主人公は女ばかりだ。男女共同参画の悪影響だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    テキサス親父がこんなツイートをしていました。

    2016y01m27d_122059517
    (↑テキサス親父本人のツイート

    このブログの過去記事を読まれている方ならお分かりですね。

    そう、これはコラ画像です。つまり捏造
    本当の画像はこちら

    COSPhPCUcAAPiv4  【テキサス親父、バレバレのデマ画像にあっさり騙される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    大した話ではないのですが、テキサス親父がこんなツイートをしていましたので、デマが広まる前に紹介してみたいと思います。

    2016y01m12d_124300403
    本人のツイート

    【有田芳生はザイニチ? ネット画像に脊髄反射で飛びつくのはやめましょう】の続きを読む

    このページのトップヘ