<ざっくり言うと>
  • 「韓国併合は韓国側が望んだこと」という主張は事実ではない。。
  • この主張は、1909年12月に、一進会という政治結社が「日韓合邦を要求する声明書」というものを出したという一点しか根拠がない。
  • 一進会は政府組織でもなければ、韓国民の意志を代表する組織でもない、一政治結社である。(公称会員数100万だが、4000名ほどに過ぎないという説もある)
  • 一進会の要求は、既に保護国化され主権をほぼ失っていた状況を脱し、「日本と対等な権利を持つ合邦を望む」というものであり、連邦制のようなものを望んでいた。日本に吸収される併合を求めたものではない。
  • 一進会の声明書より前の1909年7月に、日本政府は日韓併合の方針を閣議決定している。
  • 日本は併合以前に、3次にわたる日韓協約で、韓国の外交権、司法権、人事権、軍事権を既に掌握していた。一進会の声明書は、「保護劣等に置かれている羞恥を解脱し、同等政治の権利を獲得すべき法律上の政合邦を求む」というものであった。
  • ハーグ密使事件を始めとする抵抗運動が起きていた。
  • 一進会の声明書を「韓国の意志」や「韓国民の意志」と呼ぶことは出来ないし、既に独立を保てない状況で「保護劣等ではなく対等な合邦を望む」とした一進会の声明書を根拠に「併合は韓国が望んだこと」と言うことはできない。
【「韓国併合は韓国側から頼んできたことだ」というのはデマである】の続きを読む