脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「あ」「ななし」「名無し」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。

    タグ:産経新聞

    本当は自民党の憲法改正草案についての記事を書きたかったのですが、産経新聞にとても面白い記事が載っていたので、紹介したいと思います。

    2016y02m20d_221047750
    2月20日産経新聞

    >>甘利明前経済再生相の事務所不正疑惑に関し、
    >>政府機関が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の妨害工作として
    >>海外諜報組織の関与がなかったどうか極秘に調査を開始した。


    すみません、ちょっと何言ってるかわからないです。
      【産経新聞の意味不明な陰謀論「甘利疑惑は中国の工作活動」!?】の続きを読む

    前回前々回その前と、産経新聞が掲載した卑怯かつ稚拙な安保反対デモ矮小化記事を紹介しましたが、スポーツ欄でも産経新聞が驚くべき記事を掲載していましたのでご紹介します。
    2015y09m25d_002208459
    産経新聞HP

    >>目に余る米国球児のゴーマンぶり!
    >>派手なガッツポーズは五輪に相応しくない 


    先日まで行われていた、18歳以下の野球ワールドカップの米国チームの態度を「目に余るゴーマン振り」だと非難しています。新聞の見出しに「傲慢」ではなく、恐らく小林よしのりの影響であろう「ゴーマン」と書いてしまうあたり、一般紙と言うよりスポーツ新聞か何かのように思えてしまいますが、それはそうとして内容を見てみましょう。 【アメリカンベースボールに武士道を求める産経新聞の「あきれたゴーマンぶり」】の続きを読む

    必死にデモ矮小化に努めている産経新聞ですが(参照1参照2)、こんな記事まで書いていました。
    2015y09m16d_000007313
    産経新聞HP)  【産経新聞の卑怯かつ頭の悪いデモ矮小化:「一般市民」ではなく「特定政党支持層」のデモ?】の続きを読む

    8月30日、全国300か所で大規模な安保反対デモがあり、国会前には主催者発表で12万人が集まり(※この主催者発表についてはこちらの記事参照)国会前の通りを埋め尽くした次の日の一面です。

    【産経・読売、必死のデモ矮小化:8月31日の各紙紙面】の続きを読む

    国会前で連日デモが行われております。そのデモ参加人数が警察関係者の発表と主催者発表で大きく異なるため、安保賛成派は「サヨクの捏造」などと嘲笑しております。以前紹介した百田尚樹なんかもその一人です。

    さて、そんな中、産経新聞がデモ人数を独自に計算したとして発表しました。8月30日のデモは主催者発表で12万だったのですが、警察関係者への取材だと3万3000人でした(※「警察発表」ではない)。このデモについて産経新聞は「国会正門前には多くても3万2400人」と計算。「12万人にはほど遠い」と言い、デモの矮小化を図りました。

    しかし、逆に実際にデモに参加した人間からすると、産経新聞の取材不足ぶりがあらわになり、警察の「3万3000人」という数字より遥かに多い人数が参加したことが証明されたように思えます。実際にデモに行った立場から、この産経記事を検証したいと思います。
    plt1508310051-p1

    【産経のデモ矮小化努力、逆にデモ参加者の多さを証明す:警察の数字は一か所一部分だけもの】の続きを読む

    このページのトップヘ