脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    タグ:石平

    <ざっくり言うと>
    • 百田と石平、沖縄の龍柱を「中華皇帝のシンボル」で、建てられた場所が中国のものであることを示すものだ、とデマを吐き、沖縄が中国に支配されることを「オール沖縄の悲願」であると妄想をまき散らす。
    • 実際には沖縄には、首里城にも国道にも、米軍基地内にさえ龍柱が数多く存在する。中国の属国の象徴などでは全くない。
    • 事実に基づかず、妄想とデマをまき散らす百田尚樹と石平太郎はただのデマゴーグである、言論人などでは決してない。このような人間には決して騙されてはならない。
    【石平、百田「那覇の龍柱は中国の属国の象徴」←いつまでこのバカなデマ言うつもりだ?】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 百田尚樹、日本人の防衛に対する意識の低さを、先の大戦で「戦争に負けても大したことない」と学んだからだと主張。
    • 実際に学んだのは、「戦争に負けても大したことない」ではなく、「戦争をしたら勝敗に関係なく悲惨なおことになる」である。
    • もしも百田の言う通り「戦争に負けても大したことない」と学んだのなら、戦争に消極的になるのではなく、逆に「尖閣守るために戦争しようぜ。勝ったらお得、負けても大したことないから」となるはずであり、百田の主張には論理性がない
    【百田尚樹「日本人は戦後虐殺されなかったから、戦争に負けても大したことないと学んでしまった」←意味不明】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 石平太郎、百田尚樹との共著で「特攻隊の人達の犠牲のおかげで、戦後日本人は米国に虐殺されずに済んだ」と意味不明すぎる謎の歴史観を披露。
    【石平太郎「特攻のおかげで日本人は米国に虐殺されなかった」←意味不明】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安田氏を「迷惑」「頼んでない」「勝手にやっただけ」と批判している人たちは、もしも戦場にいるのが自分で、家族が虐殺されているような状況でも、誰かにそのことを知ってもらいたい、助けてもらいたいとは思わないのだろうか?
    【安田氏を「迷惑」「勝手」と非難する連中を論破できる四コマ漫画】の続きを読む

    ざっくり言うと
    ・依怙贔屓や公私混同など、「違法じゃなくても不適切」なことはいくらでもある
    【「違法じゃないから問題ない」という恥知らずなモリカケ擁護派に騙されるな】の続きを読む

    前回、『ハム速』が森友学園の塚本幼稚園擁護でデマを吐いたという記事を掲載しました。


    園児にオムツを吐くことを禁止して、パンツに漏らしたらそれを洗いもせずに幼稚園のバッグに入れて持ち帰らせる。これは虐待に当たるのではないか、と玉木議員が指摘したのを、卑怯なデマサイト『ハム速』は、全く関係ない、文京区の幼稚園のオムツの処理の記事を持ち出して、「森友学園のやっていることは普通のことだ」という大嘘を吐きました。知性を全く感じさせない2ちゃんねるまとめサイトらしいデマ記事でした。


    今回は、字数の関係で前回書けなかった、『ハム速』のデマの続きです。


      【デマサイト『ハム速』:「森友学園の虐待はデマ」とデマを吐く】の続きを読む

    「日本死ね」が流行語大賞ベスト10入りしたことで、ネット上で愛国カルトさんたちが怒りまくっているようですが、石平太郎氏がこんな発言をしていました。




    いやあ、心底呆れました。まず、各ニュースで取り上げられ、国会前デモに繋がり、政府が待機児童対策強化に乗り出すきっかけの一つになった「保育園落ちた日本死ね」を、「流行った痕跡のない」と言えるだけでも大したものですが、どうせ石平氏は自分が批判している「日本死ね」の全文を読んでもいないのでしょう。よくもまあこんなんでジャーナリストを名乗っているものです。

    【行政批判とヘイトスピーチの区別もつかない石平太郎】の続きを読む

    最近保守派論客としてテレビにもしばしば登場する石平太郎氏。しかし、私はこの人は「愛国カルト」と呼ぶにふさわしい人物だと考えています。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言わんばかりに、自分が「左翼」とみなした相手については、本筋と外れたことでもとにかく批判するという態度が見受けられます(このへんは上念司氏も同じですね)。


    以前はフランスの政党「国民戦線」をメディアが「極右」と呼ぶことについて、「左翼的偏見からの差別用語そのものだ」などと言っていましたが、実際には読売や産経も国民戦線を「極右」と表現していましたし、海外メディアも、仏ル・モンドフィガロ、英BBC、ロイター、米CNN、NYタイムズ、ワシントンポスト台湾国営メディアなど、日本で知られるような主要メディアはどれも「極右」と呼んでいました。さらに、アメリカでもっとも保守強硬的だという評判のFOX NEWSも「極右」と呼んでいました。


    海外メディアも保守系メディアも、国民戦線のことは「極右」と呼んでいるのに、それを「左翼的偏見からの差別用語」と呼ぶ石平氏は、自分のむかつくことは取りあえず「左翼」のせいにするという、「愛国カルト」的思考の持ち主だということが伺えます。(詳しくはこちらの記事参照


    さて、そんな石平氏ですが、今度はこんな頓珍漢なことを言っていました。



    実にあきれました。こんなバカなことを堂々と言えるのかと。
    実に幼稚極まりない外交センスを披露してくれる石平氏ですね。

    【石平氏が相変わらず頓珍漢な発言。幼稚極まりない妄信外交が国を破滅させる】の続きを読む

    石平氏がこんなことを言っていました。

    2015y12m07d_235306945
    本人のツイート
      【石平氏「国民戦線を『極右』と呼ぶのは左翼的偏見による差別」:実際はどのメディアでも「極右」ですが…】の続きを読む

    このページのトップヘ