脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別・門地等に対する差別的な書き込みを一切認めていません。そのような書き込みをした者は一発レッドカードでブロックし、IPアドレスを公開いたします。

    また、まともに意味が通る日本語が書けない方や、記事やブログの内容と無関係の内容を繰り返し書き込む方も、度が過ぎる場合は「荒し」と見なしてブロック対象となることがありますのでご注意ください。

    タグ:自民党

    前回も紹介した元自民党衆議院議員渡部篤氏がまたすごいことを言っています。

    2015y07m06d_234030552
    本人のツイッター

    【1ビット思考が愛国をカルトにする:渡部篤「護憲は中国に日本侵略してもらうためのもの」】の続きを読む

    自民党関連はもうやめにしたつもりだったのですが、元自民党衆議院議員の渡部篤という人がとても面白いことを言っていたので紹介したいと思います。

    2015y07m06d_174401489
    本人のツイッター
      【元自民党衆議院議員渡部篤「自民党は中国共産党に籠絡されている」】の続きを読む

    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    今回で自民党の憲法改正推進マンガに対する記事は最終回にします(マンガはこちらから読めます)。今回はマンガの第4話「みんなで考えよう」の内容を見てみたいと思います。  【愛国カルト化する自民党:卑怯な憲法改正推進マンガの嘘5】の続きを読む

    第1回
    第2回
    第3回
    これまでの3回に続いて、自民党が発行した憲法改正推進マンガのを見ていきたいと思います(マンガはこちらから読めます)。前回でマンガの第2話まで見ましたので、第3話を見たいと思います。 【愛国カルト化する自民党:卑怯な憲法改正推進マンガの嘘4】の続きを読む

    前々回の記事前回の記事の続きで、自民党が発行した憲法改正推進マンガの内容を見ていきたいと思います。(マンガはこちらから読めます) 

    注意:改めて強調しておきますが、この記事はあくまで自民党が発行した憲法改正推進マンガが事実と異なることを主張していたり、現行憲法を引用もなしに抽象的な形でが批判したりしていることをおかしいと批判するものであり、「改憲意見=おかしい」 と言っているわけでもなければ、護憲を主張しているわけでもありません。 【愛国カルト化する自民党:卑怯な憲法改正推進マンガの嘘3】の続きを読む

    このブログでは基本的に政治的主張はしてきませんでした。デマ、嘘、差別などがない限り、どのような意見であっても自由だというのがこのブログのスタンスだからです。しかし、現在の政権与党の安保法制のやり方は、あまりにも卑怯と嘘で塗り固めたものであるため、この記事を書いています。

    普段と違う雰囲気のないようになっていますが、あくまで自民党の行っている手続きに対する批判であり、集団的自衛権そのものの必要性や是非についての批判ではないことを強調しておきたいと思います。それ自体についての賛否の意見は自由であり、肯定も否定もしません。 【愛国カルト化する自民党:嘘と卑怯とご都合主義の安保法制で日本は人治国家になる】の続きを読む

    前回の記事で自民党が発行した憲法改正推進マンガが卑怯な印象操作をしていることを紹介しました。今回はより詳しく見てみましょう。 (マンガはこちらから読めます)  【愛国カルト化する自民党:卑怯な憲法改正推進マンガの嘘2】の続きを読む

    現在有事法制の議論が活発化しています。これについては次回にでも書きたいと思っていますが、その前に、自民党の憲法改正推進本部が先々月に発表した『ほのぼの一家の憲法改正ってなあに』という漫画について書いておきたいと思います。(これまでこのブログでは特定政党の支持や批判をしたことはありませんでしたが、今回の自民党の行為はデマを振りかざす愛国カルト的行為と断じて良いと判断しました)

    2015y06m19d_153247890
    ↑これが自民党発行のトンデモ冊子『憲法改正ってなあに?』
    こちらから読めます)
     
     自民党の意図としては、「マンガを用いることで憲法改正に対する理解を深めたい、特に子育て中の主婦や学生に読んでもらいたい」と言うことらしいですが(参照)、マンガとしてのレベルの低さはおいておくにしても、この冊子には卑怯なミスリードや印象操作が溢れています。 【愛国カルト化する自民党:卑怯な憲法改正推進マンガの嘘1】の続きを読む

    このページのトップヘ