脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」は禁止ワード設定になっています。

    タグ:鈴木信行

    <ざっくり言うと>
    • 鈴木信行、全く関係ない最高裁判決と悪質な生活保護申請を並べ、「このままでは悪質な外国人に日本が食いつぶされる」などと煽ることにより、あたかも「外国人生活保護=悪質」という印象操作を行う。
    • 鈴木信行、来日直後に生活保護を申請した46人の中国人の例を挙げ、「たかられ続ける日本」という見出しをつけるが、その46人の生活保護支給はほどなく保留→辞退および申請取り下げ→再発防止のために審査厳格化、という流れをたどったことには一切言及せず、あたかも不正な申請が横行しているかのように見せかける。
    • 鈴木信行のような典型的なヘイトスピーカーを政治家にしてしまったのは日本の恥であり、このような卑怯な嘘つきが二度と政治家にならぬよう、有権者は政治家を厳格に審査せねばならない。
    【葛飾区議・鈴木信行の嘘2:「たかられ続ける日本」「悪質な外国人に日本が食いつぶされる」という嘘】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 葛飾区議・鈴木信之、「生活保護が過去最高を更新。その中でも外国人の生活保護は過去10年で2倍に激増」と言い、あたかも外国人生活保護が急速なペースで増えているかのように見せかける。
    • 実際には、過去10年での増加率は約1.5倍~1.6倍。日本人の生活保護の増加率と外国人の生活保護の増加率にはほとんど差がない。
    • 鈴木信之は、分母を言わずに分子だけを見せるという卑怯者の典型例の手法を用いてミスリードをしている。このように国民を騙すことを何とも思わない卑怯な男を議員にしては絶対にいけない。
    【葛飾区議・鈴木信行の嘘1:「激増する外国人生活保護」という嘘】の続きを読む

    このページのトップヘ