脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在、スマートフォンからの執拗な荒らし行為の多発により、一部のスマートフォンからの書き込みが制限されています。一人の荒らし行為により、大勢の関係のないユーザーが巻きまれていることをお詫びいたします。書き込み制限に引っかかってしまった場合は、お手数ですがパソコンから書き込んでください。

    このブログのコメント欄では人種・民族・性別等に関する差別発言を一切認めていません。そのような発言をされた場合、ブロック対象とし、IPアドレスを公開しますのでご注意ください。また、記事に関係ない内容を繰り返し書き込むなどの所謂「荒らし」行為に対しても、同様の措置を取ります。

    なお、コメントされる際には、「匿名」「あ」「(空白)」「通りすがり」などの名前は他の人と重複する可能性が高いので使用しないでください。注意されてもやめない場合、「荒らし」行為とみなします。「名無し」「ななし」「通りすがり」は禁止ワード設定になっています。
    このブログについて(最初にお読みください)

    愛国カルト( ネトウヨ )の デマ と妄言の一覧

    自民党と安倍政権による嘘・デマ・妄言・暴言・虚言・捏造の一覧

    タグ:ShareNewsJapan

    <ざっくり言うと>
    • 加藤清隆(自称政治評論家)、沖縄タイムス記者の「逮捕前の実名公表は異例」という発言を曲解し、「どう考えてもおかしい。大量殺人鬼を擁護するのか?」と、どう考えてもおかしい発言をする。
    • 実際には「実名公表は異例」と言っているが、実名公表を批判はしておらず、事件報道と人権との問題に「悩みたい」と述べているだけ。加藤の「大量殺人鬼擁護」などという批判は的外れがすぎる。

    【加藤清隆「沖縄タイムス記者が京アニ放火大量殺人鬼を擁護」とデマを吐く】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • ネットに溢れる「外国語表記だけで日本語がない/見づらい」という主張はデマばかり。
    • この手の話がSNSで流れてきても、まず間違いなくデマなので信じないようにしよう。
    【デマウヨ「看板が外国語表記だけで日本語がないor見づらい! 日本が侵食されている」←日本語看板を意図的に見落とす卑怯技発動】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「サムスン(Samsung)が日本企業に成りすまして、オーストラリアでGalaxyのCMを放送した」というのはデマ。
    • 実際には、サムスンのCMではなく、オーストラリアの通信会社OPTUSのCM。
    • しかし、『アノニマスポスト』『netgeek』『はちま起稿』『もえるあじあ』『Share News Japan』渡邉哲也など、いつものデマメンバーが拡散してしまう。
    • それらのまとめサイトに踊らされた連中がOPTUSのYouTube動画ページにヘイトコメントを多投。OPTUSは動画を削除するはめに。まことにネトウヨというのは日本の評判を下げてくれるものである。
    • 今回取り上げた『アノニマスポスト』『はちま起稿』『もえるあじあ』『Share News Japan』のようなサイトを見ない、信じないというのは、ネットを使う人間の最低限のモラルと考えるべし。

    【「サムスンが日本企業になりしまして豪州でGalaxyのCMを放送」はデマ】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 前回の続き。
    • 丸山穂高が国会で述べた「2015年7月の生活保護受給世帯数は44965世帯」というのは年次調査の数字であり、2015年7月31日の1日だけを調べたもの。一方、2019年1月の外国人生活保護受給世帯数が46475世帯というのは、2019年1月1日~2019年1月31日までの1か月間に保護を受けた世帯の数字。
    • 丸山は、1日だけを調べた調査と、31日間を調べた調査とを比較して、「生活保護受給世帯数が増えている」と言ってしまうという愚を犯していた。統計のトの字からやり直さないといけない。
    【続:維新・丸山ほだかの「日本全体の生活保護受給世帯数は減っているのに外国人の受給世帯数は増えている」はやっぱり嘘】の続きを読む

    このページのトップヘ