元産経新聞NY支局長、自称ジャーナリストの山際澄夫が、サッカーと北朝鮮拉致を無理矢理結び付けて、またわけのわからんことを言っています。

2014y03m25d_171728673

本人のツイート
スポンサードリンク

山際澄夫氏は、「北朝鮮とサッカーをしてはいけない」と発言。
私が「スポーツと政治は別だ」と発言すると、
「日本人誘拐を容認するのがスポーツ精神ですか」と発言。

なんと山際氏は、北朝鮮とサッカーの試合をすることは、日本人誘拐を容認することになるからダメだと言うのです。

なんで北朝鮮とサッカーの試合をすると、拉致容認になるのか、全く意味不明です。大体、日本は北朝鮮と親善試合をしたのは70年代の1試合だけ。その後の試合は全てW杯予選などの公式戦です。試合して当たり前。

前回の浦和レッズの件についても思いましたが、彼はサッカーのことなど何にも知らないんでしょうね。だから自分が知っている政治の分野に無理矢理結び付けた解釈しかできないのです。

浦和の話が韓国の話になり、さらに北朝鮮の話になる、一貫性のない山際氏。さらに北朝鮮とサッカーの試合をすることが拉致を容認することになると言う、意味不明な思考回路。これが産経新聞元NY支局長山際澄夫氏です。

==愛国カルトに騙されないための今日の心得==
・スポーツと政治を同一視する人を信じてはいけない。


・スポーツと政治を同一視する山際澄夫を信じてはいけない。
===================================


にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング