本日は参院選ですが、ツイッター上でこんな発言を見かけました。



この発言を見て、いやあ、愛国カルトってバカなんだなあ、と改めて感じました。
 

(スポンサードリンク)


このサムライ戦士という人物は、ツイートを見てもらえば、絵にかいたような愛国カルトだとお分かりいただけると思いますが、この選挙違反発言は、これを根拠にしているようです。



公職選挙法に、選挙当日には選挙活動をしてはいけない、と書いてあるので、岸井氏の発言は法律違反だ、と言っているらしいのです(ここ参照)。


なので、この人物、こんなツイートもしています。




安倍政権下で「国境なき記者団」による「報道の自由度ランキング」がガクッと下がったことについてのツイートが、選挙違反で「通報しよう」などと言っています。


はっきり言いましょう。


アホか!!


一般人のこんな発言が、公職選挙法にふれるわけないだろ!


「誰々に入れましょう」とか「○○党に入れましょう」とかならともかく、、こんなのが公職選挙法で禁止されている選挙活動にあたるのなら、選挙運動期間中(参議院選挙の場合は17日間)以外は選挙活動は禁止されているはずなので、普段のこういう発言も選挙活動扱いで禁止になってしまいます。もう政治的意見表明なんて一切できませんね。


しかも、『サンデーモーニング』での岸井氏の発言は、「野党に入れましょう」という趣旨ではなく、「健全な民主主義には強力な野党が必要」という一般論であり、現在の日本で、野党が与党に対抗できる強力な勢力になれていないことを憂う発言なんですよね。このサムライ戦士という人は、二重に間違えてます。


ところが、これで「選挙法違反だ」と言う人がいるんですねえ…。








一番下のツイートなんて、現職総理に向かってヒトラーだと発言したら死刑になっても仕方がないと言わんばかりですね。しかも酷いコメンテーターには「選挙法を改定して対応」しようとも言っています。いったいどういう恐怖政治の国家を目指しているのでしょうか? やはり彼らの理想郷は北朝鮮だとしか思えません。


どうにもこういう人たちには、自分に都合の悪い発言は封殺しよう、という意識が根強いですね。根本的に「民主主義」の意味を理解できていないように思われます。安倍政権では何度もマスコミ懲らしめ発言とか電波停止発言とか、言論を抑え込もうというような発言が飛び出し、事実、報道の自由度ランキングも世界72位まで落ちてしまいましたが、彼らの根底には、自分たちの意見以外は認めない、という意識があるのでしょう。


さて、彼らに従えば、選挙当日に更新しているこのブログも選挙違反のはずです。


選管にだか地検にだか知りませんが、バシバシ通報してください(笑)。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング

(スポンサードリンク)