<ざっくり言うと>
  • 黒瀬深、「なぜか核を持ってない日本に『核を持つな!』と言うくせに、中国やロシアや北朝鮮の核は絶対に批判しない、不思議の国のパヨク」という謎の生き物を脳内で生産。
  • 当ブログが「そんな生き物見たこともない」と非難すると、とあるネトウヨさんが「立憲民主党も、共産党も、社民党も、朝日新聞も、毎日新聞も、東京新聞も、琉球新報も、沖縄タイムスも、共同通信社も中国やロシアや北朝鮮の核を絶対に非難しない」と黒瀬を援護射撃。
  • 実際には、立憲民主党も、共産党も、社民党も、朝日新聞も、毎日新聞も、東京新聞も、琉球新報も、沖縄タイムスも、共同通信社も北朝鮮の核開発を非難している。
  • ネトウヨさんは妄想世界に住むのをやめるべきである。
2020y08m12d_101753813

(スポンサードリンク)


黒瀬深がこんなことを言っていることを前回紹介しました。

「なぜか核を持ってない日本に『核を持つな!』と言うくせに、中国やロシアや北朝鮮の核は絶対に批判しない、不思議の国のパヨク」とやらが黒瀬の脳内にはいるらしいですが、私はそんな生き物見たことないんですけどね。


こんな妄想に1.8万も「いいね」がついていて、日本の知能の低下が本気で心配になりますが、この黒瀬の発言をとあるネトウヨが援護射撃。

この人の脳内では、立憲民主党も、共産党も、社民党も、朝日新聞も、毎日新聞も、東京新聞も、琉球新報も、沖縄タイムスも、共同通信社「中国やロシアや北朝鮮の核を絶対に非難しない」らしいです。


いかにネトウヨという生き物が妄想世界に住んでいるかわかる発言です。


それぞれの党や新聞社の発言を、談話や社説などから見てみましょう。

↓よければはてなブックマーク&ツイートをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

立憲民主党
北朝鮮の核・ミサイル開発は、我が国にとり極めて深刻な脅威であり、断じて容認できない。 国際社会と緊密に連携し、あらゆる外交力を駆使して、最終的に核・ミサイルを放棄させる。(2018年4月19日
 立憲民主党は、綱領や基本政策において非核三原則の堅持や核兵器廃絶の推進を明記しており、核廃絶をめざす世界の皆さんと連携をとって、核軍縮・不拡散の流れを進めていくことをお誓いします。しかし、INF条約の破棄などの核保有国の動向や北朝鮮の核開発など、核軍縮・不拡散に逆行する動きが多々見られることには、強い懸念を抱かざるを得ません。(2020年8月9日
日本共産党
北朝鮮の核実験を厳しく糾弾する

 北朝鮮の核実験は、今年だけでも13回行った弾道ミサイル発射とともに、世界と地域の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。それは、国際社会が追求している「対話による解決」に逆行する行為であり、核兵器禁止条約の採択など「核兵器のない世界」を求める世界の大勢に逆らうものである。

 日本共産党は、強い憤りをもって、この暴挙を糾弾し、抗議する。
2017年9月3日
社民党
北朝鮮による6度目の核実験に断固抗議する(談話)

北東アジア地域の非核地帯化を実現する努力を一貫して続けてきた社民党は、北朝鮮の核実験を断じて容認できない。社民党は、度重なる核実験を強行する北朝鮮に対し、強く抗議する。
2017年9月3日
朝日新聞
(社説)核実験の強行 国際枠組みの対処急げ

北朝鮮が通算6度目の核実験を強行した。「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験」だったとしている。先週、日本の上空を通過させた弾道ミサイルの発射につづく暴挙である。金正恩(キムジョンウン)政権の愚行に対し、改めて最大限の言葉で非難をしたい。
2017年9月4日
(社説)北朝鮮の暴挙 孤立無援にもどるのか

 北朝鮮はもともと、米大統領選のある年に軍事挑発を強める傾向がある。4年前には核実験を2度強行したほか、弾道ミサイル発射を繰り返した。こうした暴走を防ぐには、国際社会の一致した取り組みが肝要だが、最も影響力を持つ中国と米国はコロナ禍をめぐっても対立を深めている。
2020年6月19日
(社説)北朝鮮の挑発 暴挙の連続が招く孤立

 きのうの早朝、北朝鮮西岸から、4発の弾道ミサイルが日本海に向けて発射された。3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下し、残りの1発もその付近に落ちた。
 予告もない暴挙である。船舶などに被害はなかったが、危険極まりない行為であり、絶対に容認できない。
 国際社会が核・ミサイル開発に強い反対の意を唱えているにもかかわらず、北朝鮮は挑発行動をやめようとしない。北朝鮮メディアは、自衛のための発射は不法ではないなどと身勝手な主張を繰り返したが、今回も国連安保理決議に対する明白な違反である。
2017年3月7日

毎日新聞
社説:北朝鮮核実験 国際包囲網もっと強く

 日本の安全保障を揺るがす重大な事態が、またも北朝鮮によって引き起こされた。
 (略)
 北朝鮮の核ミサイル保有は、周辺国すべての利益に反する。国際社会は結束し、悪夢が現実になることを防がなければならない。
2016年9月10日
社説:北朝鮮ミサイル 暴走止める体制を作れ

 北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」と称して長距離弾道ミサイルの発射実験を強行した。「弾道ミサイル技術を利用したすべての発射」を禁じた国連安全保障理事会決議に明確に違反している。

 先月の核実験に続く国際社会への挑戦であり、決して許されない軍事的な威嚇である。
2016年2月8日

東京新聞
社説:北朝鮮が実験強行 核武装は断固許さない

 北朝鮮が五回目の核実験を強行した。相次ぐミサイル発射と併せ、核の脅威が現実になりつつある。暴走を止めるには、国際社会の結束が急務だ。
2016年9月10日
琉球新報
<社説>北朝鮮党大会 核放棄し孤立脱却せよ

 核をはじめとする軍備増強で譲歩を引き出す、あるいは自国の主張を認めさせるという手法が時代遅れであることは論をまたない。(略)
 核開発に伴う経済制裁で孤立する北朝鮮が、諸外国との関係を改善したいのであれば、その前提は核開発の放棄だ。核の脅威をちらつかせる瀬戸際外交の時代は終わっている。(略)
 国際社会が北朝鮮を受け入れるには、核放棄しかないことを金第1書記は知るべきだ。
2016年5月9日
<社説>北朝鮮「水爆」実験 粘り強く軌道修正促せ

 危険な綱渡りにほかならぬ「瀬戸際外交」をいつまで続けるつもりだろうか。北朝鮮が初の「水爆実験」に成功したと発表した。本当に水爆か、それも小型化できたのか、疑問もある。だが核実験であるのは確かだろう。いずれにせよ核廃絶に逆行する無謀な行為だ。強い憤りを禁じ得ない。
2016年1月7日
沖縄タイムス
社説[北朝鮮「水爆実験」]「孤立」を承知でなぜ?

 北朝鮮は6日、初の「水爆実験」を実施したと発表した。前触れのない突然の実験だ。原爆の数百倍のエネルギーを放出する水爆実験成功が事実なら、核の脅威が一段と増すことになる。
 国連安保理決議に反するばかりか、朝鮮半島の緊張を高め、東アジアの安全を脅かす核実験強行に強く抗議する。
2016年1月7日
社説[北朝鮮の党大会]核開発で未来は描けぬ

 「敵対勢力が核で自主権を侵害しない限り、先に核兵器は使用しない」「世界の非核化を実現するために努力する」とも述べた。「核保有国」を誇示しながら「非核化」に言及する。矛盾しており、国際社会では通用しない。
 核を切り札に米国と対等の立場で、直接交渉することを目指しているとみられるが、本気で関係改善する意思があるなら、核・ミサイル開発を直ちにやめるのが筋だ。(略)
 金第1書記は核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」を取っているが、核・ミサイル開発と経済建設は相いれないことを知らなければならない。
2016年5月9日

共同通信
 安保理決議を無視して核実験や弾道ミサイル発射を強行してきた北朝鮮は今年に入り融和姿勢に転じたが、6月の米朝首脳会談で約束した「非核化」を進めていない実態が明確になった。
2018年8月4日
御覧のとおり、ネトウヨさんが「中国やロシアや北朝鮮の核は絶対に非難しない人」として挙げた党や新聞社は、全て北朝鮮の核開発を非難しています。彼らが自分たちの脳内にしか存在しない妄想上の「パヨク」相手に空振りを続けているということがお分かりいただけると思います。


どうしてこの手の人たちは、自分で何にも調べないで発言できるんですかね? 不思議でなりません。


そもそも黒瀬の主張は最初から破綻しています。日本に「核を持つな!」と言っているのは全世界でしょう。「日本は核を持ってもいいよ」なんて言っているのは、日本の頭のおかしいネトウヨだけでしょう。第一、日本は核拡散防止条約批准国なのですから、「核を持つな!」というのはそもそも言うまでもありません。


それに、核禁止条約の目的は核兵器の全面廃止と根絶なのですから、日本に条約批准を求めている人は、当然中国もロシアも北朝鮮もアメリカもイギリスもフランスもイスラエルも含めた全世界の核保有の禁止を願っています。なぜか黒瀬や今回紹介したネトウヨさんのような人たちは、「パヨク」とやらが「日本やアメリカの核は悪い核」「ロシアや中国や北朝鮮の核はいい核」と考えているかのように妄想しているようですが、そんな「パヨク」という生き物はネトウヨの脳内にしか存在しないでしょう。


まあ、デヴィ夫人のように北朝鮮の核保有を肯定する人は実際にいますが、デヴィ夫人は「パヨク」どころか、森友学園の教育を大絶賛するような右翼側の人ですからね。


むしろ、日本の核保有を主張しながら、北朝鮮の核開発を批判する人こそ理解ができません。「日本やアメリカの核はいい核」「ロシアや中国や北朝鮮の核は悪い核」とでも思ってるんですかね? 北朝鮮に核放棄を求めながら、自国の核武装を主張していては全く筋が通りません。


何にせよ、「なぜか核を持ってない日本に『核を持つな!』と言うくせに、中国やロシアや北朝鮮の核は絶対に批判しない、不思議の国のパヨク」などという生き物は、黒瀬深らの脳内以外には存在しないでしょう。いい加減、自分の脳内にしか存在しない想像上の生き物と闘って精神勝利を収めるのは止めにした方がいいと思います。


ちなみに、自民党は選挙での勝利を「北朝鮮のおかげ」と発言したこともあります。「野党がー!」とか妄想垂れてないで、まず与党のこういうところを非難したらどうですかね。






追記

ネトウヨさんから再反論が来ました。多くの読者さんが予想された通りの展開だと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)