<ざっくり言うと>
  • 高須克也、村上春樹の「日本の政治家は最悪」発言に、「日本人が選んだ代表を最悪というのは日本人が最悪と言っているのと同じ」と噛みつく。
  • その理屈なら、愛知県民が選んだ愛知県知事のリコール運動を行った高須は、愛知県民が最悪と言っているのと同じだが、ダブスタ高須からそういう発想は出ない。
2ZyuJzHc_400x400

(スポンサードリンク)

↓よろしければ、はてなブックマーク&ツイートをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

村上春樹氏が、インタビューで以下のように述べました。
ーー今回のコロナ禍では、何があらわになりましたか。

 まず一つ大きいのは、政治の質が問われているということです。(略)日本の政治家が最悪だったと思います。

(略)

 自分の言葉で語ることができなかった。政治家自身のメッセージを発することができなかった。それが最悪だったと思います。

 こんな混乱ですから、人が間違ってしまうのは当然のこと。ならば、「アベノマスクなんて配ったのはばかげたことでした」「Go Toを今やるのは間違っていました」ときちんと言葉で認めればよいのです。国民も「間違うことは仕方がないよ、これからちゃんとやってくれればいいよ」と思うはずです。

 それなのに多くの政治家は、間違いを認めずに言い逃れするじゃないですか。だから余計に政治に対する不信が広がっていくのです。そういう、日本の政治家の根本的な欠陥がコロナではあらわになった気がします。

 (略)

 今の多くの日本の政治家はどう見ても、自分の言葉で語ることが下手です。今の総理大臣だって、紙に書いたことを読んでいるだけではないでしょうか?
この発言について、高須克也がこのようにかみつきました。

>>村上春樹先生は日本人ですか?
>>日本人が選んだ代表を最悪と言うのは日本人が最悪だと言っているのと同じだと思います。
>>残念な発言です。



愛知県知事のリコール運動をやったお前がそれを言うか!?


高須の理屈だと、愛知県民が選んだ代表を最悪と言うのは愛知県民が最悪だと言っているのと同じだということになりますが、高須の頭では、そういう自分に都合の悪い発想は出てこないんですね。


自分に都合のいい奴(安倍・菅・トランプ)が権力の座にいるときは「国民が選んだ代表を否定するのは国民を否定すること」と言い、自分に都合の悪い奴が権力の座にいるときは思いっきり否定する。やっぱり高須みたいなのはこのレベルのダブスタ発想が関の山だってことです。


ついでに言うと、「日本人が選んだ代表」であるというのは、言うまでもなく与党だけでなく野党も同じです。ところが高須は野党批判を繰り返しまくっています。

高須の理屈では、日本人が選んだ代表をあかんと言うのは日本人があかんだと言っているのと同じですが、そういうことは考えないのです。結局、自分に都合のいい奴が権力についているときは、「みんなが選んだ権力者を批判するな」と言い、都合が悪いときにはとことん攻撃する。それが高須克也という男です。


こんな奴が主導するリコール運動が失敗したうえ不正にまみれていたのは当然の帰結と言えましょうね。人間、何があろうと、こういう奴にだけはなってはいけないと思いますね。



追記 


高須、こんなこと言ってた。
>>僕は責任を回避し部下に罪をなすりつけて逃げをうつ上官はクズだと愚考します。


愛知県民が選んだ大村知事をクズと呼ぶのは、愛知県民はクズだと言ってることになるんじゃないのか?


そして何より、是非とも「責任を回避し秘書に罪をなすりつけて逃げをうつ安倍晋三はクズだ」とツイートしていただきたいものですね。まあ、ダブスタ高須は、「桜を見るかいなんてどうでもいい」って言ってるみたいだけど。この男の脳内では、国会で虚偽答弁しても、自分に都合がよければどうでもよいのだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)