<今回の妄想>
  • <妄想>
    1. スエズ運河の座礁船は中国人民解放軍のシミュレーション
    2. 「日本の座礁船」と報道した共同通信は日本を貶めようとしている
  • <妄想主>西村幸祐
  • <事実>
    1. 西村は、座礁した船の運営は香港企業であり、中国は民間でも政府の命令に従わなければならないから、今回の座礁は人民解放軍によるスエズ運河運航不能のシミュレーションだと妄想しているが、実際には船の運営は香港企業ではなく台湾企業。西村の推理は100%外れ。
    2. 日本の個人や会社に影響が及ぶ可能性があるのだから、日本メディアが座礁船が日本の船であることを大きく報道するのは当たり前。事実、読売や産経も「愛媛の会社所有」を見出しにしているし、Newsweek日本版は「日本のコンテナ船」を見出しにしている。
    3. 碌に確かめもせずデマや陰謀論を吐きまくる西村幸祐は一切信頼するに値しない。
2021y04m17d_002152136
↑信じがたいレベルの幼稚な陰謀論デマを堂々と披露する西村幸祐(68歳)。全て何の根拠もない妄想であり、実際間違っている。

(スポンサードリンク)

西村幸祐「スエズ運河での座礁は中国人民解放軍のシミュレーション」と妄想爆発


このブログでも特に多く取り上げているデマゴーグの一人である西村幸祐。私がこの世で最も軽蔑する生き物の一人ですが、先月のスエズ運河での座礁について、こんな恥ずかしい発言してたんですね。

>>今回の事故の本質は、考えられない座礁を起こした船を
>>運用しているのは香港企業だという点だ。(略)
>>スエズ運河が止まれば、
>>日露戦争で我が連合艦隊に撃滅されたバルチック艦隊のように
>>喜望峰を回るしか大西洋からインド洋へ出る海路はない。
>>普通に考えれば人民解放軍のシミュレーションだ。



バカにもほどがあるぞ、西村幸祐!!


なんと、西村幸祐の脳内では、あの座礁は人民解放軍が仕組んだことだったのです! 


西村幸祐は大統領選でもデマを信じまくっていたり、コロナは人工ウイルスだと信じてたり電車のハングル表記はゲリラに利用されると言ったりする、妄想をこじらせた典型的陰謀論者ですが、今回もこれまたすごいですね。さらに「我が連合艦隊」という言葉も衝撃的。いつから連合艦隊がお前の物になったんだ。戦後生まれのくせに。自分と国との区別がつかない精神レベルを見せてくれます。


座礁が人民解放軍のシミュレーションだという妄想を恥ずかしげもなく垂れ流せる68歳児西村幸祐。一体何のシミュレーションだかわかりませんが、西村の主張は疑う余地なく間違いです。なぜなら、座礁した船を運用している長栄海運は、香港の会社ではなく台湾の会社だからです。


だから人民解放軍の命令でわざと座礁してシミュレーションをしたなんてのは西村の妄想以外の何物でもないことは明白です。何にもないところに陰謀を読み取るのが陰謀論者ですが、さすが大統領選でも陰謀論に騙されまくってた西村幸祐ですね。


ちなみに、長栄海運を起こした張栄発氏は、東日本大震災の時に個人で10億円の寄付をしてくれたそうで、2012年には旭日重光章を受章してるとのこと。そんな人の会社を中国人民解放軍の手先扱いしてしまう西村幸祐。


こいつのやってることが愛国活動などではなく、ただいたずらに自分の妄想をまき散らすだけの悪意に満ちたデマ活動以外の何物でもないことがはっきりとわかります。

↓よろしければ、はてなブックマーク&ツイートをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加



日本に影響があるのだから、日本メディアが「日本の船」と報道するのは当たり前


また、西村幸祐は、共同通信が「日本の座礁船、スエズ運河ふさぐ」と見出しを付けたことにご立腹で、まとめサイトを引用し(曲がりなりにもジャーナリスト面してる奴がまとめサイトを引用するなよ)、

>>まるで船を保有する日本企業に責任があるかのような
>>悪質フェイクニュース。
>>一般メディアも共同の記事を精査して使用しないと
>>犯罪に加担する事になる。

と発言。自分が「人民解放軍のシミュレーション」なんて頭の悪すぎる悪質フェイクニュースを垂れ流しながら何言ってんだと思いますけどね。


実際の共同通信の記事はこのようなものだったらしいです。
日本の座礁船、スエズ運河ふさぐ
愛媛県の正栄汽船、物流の要衝

【カイロ共同】エジプトにあるスエズ運河の当局者は24日、コンテナ船が23日に座礁して運河をふさぎ、他の多くの船が通過できなくなっていると明らかにした。愛媛県の正栄汽船は24日、コンテナ船を所有していると認めた。

スエズ運河は地中海と紅海を結ぶ物流の要衝で、懸念が広がっている。当局者によると、座礁したのは中国からオランダ・ロッテルダムに向けて貨物を運んでいた「エバーギブン」(全長400m、幅59m)。タグボートを使った復旧作業には2日以上かかる見込み。

原因について、当局者は砂嵐で視界不良に陥っていたとの見方を示した。運航会社は乗員は全員無事だとしている。
座礁した船の所有者は愛媛県今治市にある正栄汽船という会社ですので日本の船であることは事実なのですが、共同通信が「日本の座礁船」と見出しにする一方、AFPとかBBCとかブルームバーグとかの記事には「パナマ船籍」とか「台湾の運営」とか記述はあるものの日本の船であることには言及していません。そのため、それと比較して複数のまとめサイトが「共同通信が事故を日本の仕業に見せかけようとしている」として記事にし、西村幸祐もそれに乗っかっているわけです。


しかし、これははっきり言って単なる言いがかりでしょう。西村やその取り巻きは、「日本の座礁船」と書いただけで日本を貶める反日行為に見えてしまってブチ切れていますが、実際のところ、座礁した船が日本の会社の所有であることを日本メディアが大きく報じるのは当然のことです。日本に影響がある可能性があるのですから。事実、運営していた長栄海運は、「賠償責任は船主の正栄汽船(愛媛県今治市)にある」との見解を示しています



また、エジプトの当局は船主である愛媛の正栄汽船に1000億円の損害賠償を求めているそうです。



賠償金は保険で支払われることになる可能性が高いようですが、このように、事故が誰の責任にせよ、日本の会社が絡んでる以上、日本で影響を受ける人が出るわけですから、日本メディアが座礁船が日本の所有であることを報道するのは当たり前のことです。むしろ報道しない方がおかしい。



産経含め他メディアも日本の会社の所有であることを大きく報道


だから共同通信だけでなく、他のメディアも日本の船であることを大きく報じています。もちろん産経や読売も。


座礁船、スエズ運河ふさぐ 愛媛県の正栄汽船が所有

【カイロ=佐藤貴生】エジプト北東部のスエズ運河で23日、大型のコンテナ船が座礁して運河をふさぎ、多くの船が航行不能になった。強風や砂嵐が原因とみられ、管理当局はタグボートなどを使って復旧作業を試みている。コンテナ船は全長約400メートル、幅約60メートルの「エバーギブン」で、愛媛県今治市の船舶会社「正栄汽船」の所有。中国からオランダ・ロッテルダムに貨物を運搬していた。スエズ運河はアジアと欧州を結ぶ海運の大動脈で、航行の正常化には数日かかるとの見通しもある。(産経新聞3月24日。太字引用者)

愛媛の会社所有の大型コンテナ船、スエズ運河で座礁…他船通れず影響懸念

 【カイロ=酒井圭吾】地中海と紅海を結ぶエジプトのスエズ運河で23日、愛媛県今治市の正栄汽船所有の大型コンテナ船(全長400メートル、幅59メートル)が座礁した。船は運河をふさぐ格好で立ち往生しており、他船が通過できない状況が続いている。世界の輸送網に混乱を来す懸念が出ている。

 23日、エジプトのスエズ運河で、座礁した大型コンテナ船を写す衛星写真(AP)運河の管理当局によると、座礁したのはパナマ船籍で、台湾の会社が運営する「エバー・ギブン」。中国からオランダに向かう途中で、砂嵐による視界不良と強風により、船体が横向きとなった。24日現在、引き船8隻が救助活動を行っている。運河では数十隻のタンカーが通航できない状態となっているという。(読売新聞3月24日。太字引用者)

スエズ運河 愛媛の会社所有のコンテナ船座礁 他船舶航行できず

(略)国土交通省などによりますと、今回座礁した船は愛媛県の正栄汽船が所有し、台湾の会社が運航していたということです。(略)(NHK3月24日。太字引用者)

スエズ運河で日本のコンテナ船が座礁 所有者の正栄汽船と保険会社に数百万ドルの賠償請求も

国際海上輸送の要衝であるエジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船を巡り、業界筋は24日、同船を早期に移動できたとしても、その所有者である日本の会社と保険会社には数百万ドル規模の損害賠償が請求される可能性があると指摘した。(Newsweek日本版3月25日。太字引用者)
このように、産経や読売でさえ「愛媛の会社所有」と見出しにしています。Newsweek日本版は「日本のコンテナ船が座礁」を見出しにしています。損害賠償など影響を受ける日本人や日本の会社がある可能性があるのですから、日本のメディアが今回の事故について「日本の船」とか「愛媛の会社」とかを大きく報道するのは当たり前でしょう。



西村幸祐は愛国ではなく幼稚なだけ


日本に影響があるのだから、座礁したのが日本の船であることを見出しにすることは何もおかしくないだろうに、西村幸祐のような愛国者気取りのやつは、それだけのことが日本を貶める反日行為に見えてしまうのです。しかし、そんなのは愛国でも何でもありません。都合の悪いことは見たくない、聞きたくない、ただひたすらいい子いい子してほしいという、おねしょを隠す幼稚園児にも似た幼稚な精神にすぎません。もともと西村幸祐はデマゴーグなだけでなく、自分の間違いを認めず誤魔化す幼稚な男ですしね。


西村は「共同は害毒だけ」と言っていますが、これまでにも数限りないデマを吐き、今回も運営会社が香港か台湾かさえ間違えたまま、妄想を膨らませ何の根拠もなく「人民解放軍のシミュレーション」だなんて妄想を垂れ流す西村幸祐こそ害毒そのものだと思います。西村幸祐が今どんな雑誌やメディアに出ているのか知りませんが、この男を起用するということは、そこはもう信頼するに値しないと判断するに十分でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)